FC2ブログ
   
04
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

梅干を作ってます♪

梅干を漬け込み中です。小ぶりの南高梅を4キロ、中の大の南高梅を4キロ漬けました。
①小ぶりの紀州産の南高梅は買った時にもういい黄色でしたが、参考にした古い-今日の料理-に梅は一晩水につけてあくを抜く、と書かれていたので水につけました...
そうしたら
ちゃいろになっちゃった...げぼぼというわけで、この梅、大丈夫か?という状態になってしまいましたが、
大丈夫にしろそうでないにしろ、梅は高い...捨てるわけにいかないのだ、と思い、漬け込みを続行しました。

ほんとう、一晩梅を水につけるなんて...絶対にやめましょう。ちょっと?な梅干しをつけこむことになってしまいます。

というわけで、うちの梅干し、腐ってないか?心配ですが、その後、紫蘇を2束、約800グラムくらい(葉をとり、洗い乾かした状態で測ったら)買ってきました。
もう一つの本によると、紫蘇は梅1キロあたり500グラム、と書いてあります。今日の料理には梅2キロあたり500グラムです。なーんか本により違っています。
なんにしても4キロで800グラム前後というのはちょっと少なめかな、という訳でその後また、近所のスーパーでラップでぐるぐる巻きにされたちょっと重みのある紫蘇の1束を買いました。

家に帰り、葉っぱだけ切り取り、洗い、水気を切ったら800グラム弱もありました。

紫蘇の葉の約20パーセントの塩をすり込み、もみこむうち、紫の汁が出てきます。それを何度も捨て、ぎゅっと紫蘇の葉を絞って汁を切った中に梅酢をいれると、

さっと、ボールの中が赤くなります。この鮮やかな赤が梅干しの色なのです。容器の中の梅の中ごろと上に紫蘇を散らします。そして、ちょっと重しをし完成です。
縮うめぼしIMG_1450


私は紫蘇が足りなかったので、二回に分けて漬け込みました。その後、7/1にスーパーで買った紫蘇が約790グラムぐらい。先回のと合わせて、1600グラム弱です。これが多いのか少ないのか、本によって違いますがこの辺りでもうよしていうことにします。
まったく、紫蘇を漬けこむのは手間がかかるし、力はいるし...でいつも省略したくなります。でも、やっぱり漬けてしまいます。紫蘇に梅酢を入れたときの鮮やかな赤...あれを見たいばかりに、梅をつけるのだと亡き母が言ってましたが...赤い梅酢の美しさを見ると幸せな気持ちになるとも...わたしはいたってずぼらで、めんどうなだけの紫蘇の梅干しはできればやりたくないのですが、赤い梅酢に一瞬だけ、白いふくやかな母の指先を見るような気がして、今年も赤い梅を漬けているのかもしれません。

②中の大の地元産の南高梅-4キロ-は、
さきの梅-4キロ-を一晩漬けて茶色にしてしまったので、よく水で洗うということを繰り返すだけで、すぐにバケツに漬け込むこととしました。梅400グラム、塩20パーセントです。これは当たり前ですが、洗ってからへたはとります。

バケツが小さいのできっちりときゅうきゅうにつめたらなんとか入りました。重しは1キロのみそパックと小麦粉2袋としました。もう750グラムみそパックを追加しましたが、1.2日でやめたと思います。3日もすれば順調に梅酢が出て、いい感じで梅が漬かっています。しかし、1週間以上たってから、一度全部梅を取り出して底をさらったら、少し塩のつぶがありました。手で何度も混ぜて溶かします。これをしないでいると、塩の比率が少なくなりかびることがあるそうです。
しばらくしたらだいぶ漬かってきたので重しははずしています。
縮うめぼしIMG_1451


重しはこの頃はジップロックに水を入れるスタイルがよい、などと言われたりしています。それもいいですが、味噌もいいですよ。まだ封を開けてない味噌を袋のまま重しにすると、器に合わせて形も多少変えれるし、重量も1キロなどちゃんとわかるし、便利です。
関連記事

theme : 食品・食べ物・食生活
genre : ライフ

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【梅干を作ってます♪】

梅干を漬け込み中です。小ぶりの南高梅を4キロ、中の大の南高梅を4キロ漬けました。①小ぶりの紀州産の南高梅は買った時にもういい黄色でしたが、参考にした古い-今日の料理-に梅

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
56位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧