FC2ブログ
   
08
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(163) 24.6.24

トンデモ話は奥で繋がる 「第163夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪復活と再臨 ④≫
 
 ★ 未来を語る危険

 さて、これから先のシュタイナーの話は、小生にとっても少し冒険的
な領域に入って行きます。何故なら、過去に起こった事の解説では
無く、現在そして将来に起こることに言及しているからです。

 エドガー・ケーシーを始め、過去の数々の有能な霊能力者が、批判
者の餌食とされる場合、決まって、未来に関する予言めいた話が、
その後の事実と食い違う点が拠り所の一つとされます。

 その点を考えれば、シュタイナー自身も、また、小生のように、彼を
紹介しようとする人も、敢えてその分野には足を踏み入れないのが、
賢明な判断かも知れません。

 しかし、シュタイナーの人智学の目的は、まさに未来の人類の目
指すべき目標
を示すことであり、その部分を避けて通る訳にはいか
なかったと言えます。

 それは取りも直さず、本来シュタイナーの思想を紹介しようとする
者としては、やはりその部分に言及することをためらってはなら
ない
ことを意味すると思うのです。

 と、あれこれ前置きを入れてしまいましたが、何せこれからお話し
してゆくキーワードは、知る人ぞ知る、トンデモ話ではお馴染みの
シャンバラ》なのです。

(全く、シュタイナーは、次々とトンデモないものを、彼の《科学
的説明
》の中に組み入れてくれますので、その都度、読者に
見放されるのでは無いかと心配になりますが、仕方の無いこ
とです。)

 第四十九夜でもお話しした通り、地球上には《異次元》と繋がる
い くつかのポイント
があって、地上の人間が迷い込んだり、そこか
別次元の住人が出入りするという、トンデモ話の定番があります。

 恐らくその一つに、地球内部に存在する異次元郷《シャンバラ》が
あり、ヒトラーがその入口を捜し求めたとか、地球は空洞で、両極
にそこに通ずる巨大な穴がある、という説とからんだりもします。

 そして、そんな諸説の中の一つに中に、復活後のイエスはシャン
バラに行った
いうものがあります。と言っても、あまりの唐突さに、
大方のこれらの説は《マユツバ》物とのレッテルを貼られています。

 と言うことで、今夜はあえてその《マユツバ物》の一つ、『光シャン
バラから誕生する超人類の謎』
(海野光彦著 徳間書店5次元文庫)
から入ってゆこうと思います。

(本来小生は、先入観を持たないよう話を進めてきましたが、こ
の書籍に関しては、敢えて《マユツバ物》という認識から出発して、
自分がどこまで許容できるか考える方が賢明と思います。)

 ★ 7つのシャンバラ
 
縮シャンバラ  この書は、筆者の海野氏が、古神道の家柄を継
ぐ一方、科学ジャーナリストとして身を立てる傍ら、
某大学の非常勤講師もしているという『A氏』から
伝えられた話を元に書かれたとされます。

 A氏によれば、世界には以下の7つの某地点に、
地下の大空間都市シャンバラが存在するとされ
ます。

 ○ チベット・シャンバラ…チベットの主都ラッサにあり、
    某大寺院の内部から真下に向かう反重力エレベータ
    ーがある。約4k㎡で『人工太陽』に照らされた
    『エデンの園』となっている。

 ○ カリフォルニア・シャスタ山…山頂付近に光線屈曲装
    置で視覚防御されたの寺院等があり、山頂の巨岩が
    くり抜かれ、その地下に長さ33㎞×幅34㎞×高さ3.2
    ㎞の地下都市がある。

 ○ 中米ユカタン半島…某山脈にトンネルがあり、かつて
    火口であった円形の谷間に光線湾曲機械に保護され
    た特殊金属の入口がある。

 ○ 北方シャンバラ…カナダ・磁北極付近にあり、太陽の
    特殊なエネルギーを、地球内部にあって重要なバラ
    ンス調整をしているエネルギーピラミッドへ送る通
    路となっている

 ○ ゴビ砂漠…かつて都市であった砂漠の中に、想念力で
    上下する1600㎡の四角い金属製の塔状のエレベータ
    ーが、半分埋まった形で存在する。

 ○ アフリカ・アトラス山脈…光線湾曲装置により、外界
    からは見えない。地球上のあらゆる古代記録・過去 
    の文明の発明・発見を集積保管している。

 ○ ドイツ・ハルツ山脈…地下に作られ、ヨーロッパの霊
    的指導を行うとともに、アトランティス、ドルイド、
    ギリシャに関する記録と発明・発見が保管される。

 そして、19世紀末に、その中の一つであるチベット・シャンバラの
『光の超生命体』に遭遇したという、アメリカの某探検に関する体
験記を見せられます。
 ………………………………………………………………………

 晩餐の席で、その生命体は、体の元素をバラバラの霧状に変化
させ、再び瞬間的に統合して元の肉体を創り出したり、一切れのパ
ンから、同じ大きさのパン
を次々と出現させたと言います。

 つまり、キリストの奇蹟と同じことを現実に見せたと言うのです。
また、また、皆が若々しい体を保ち、地上で数百年を生きた後、その
百年間もシャンバラと地上を行き来している者さえいます。

 ★ イエスの秘密の人生?

 また『A氏』は、20世紀初頭にアメリカの霊能者M・ドリール氏が
『イエスの秘密の人生』と称する論文を書いており、それに書かれ
たイエスの出来事を年譜にすると、次のようになると言います。

 ○ 紀元前6~7年頃 誕生

 ○ 11歳 第一イルミネーション(最初の魂の輝き)を得る

 ○ 13歳 父ヨセフ、母マリアと一緒にエジプト旅行、
       ギゼ-ピラミッドの内で最初の秘伝を体験
 ○ エジプトではアトランティス人の子孫の受戒聖者より、
   教えを授けられる

 ○ 16歳 イエスは単身でエジプトに残り、修行を積み重
       ねる
 ―◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆―
  ◆ エジプトの白魔術により、チベット・シャンバラにテ ◆
  ◆  レポートし、そこで大聖に学ぶ            ◆
  ◆ 20歳 第二イルミネーションに到達、その後、カシ  ◆
  ◆  ミール地方を遊行                    ◆
  ◆ 25歳 第三イルミネーションに到達           ◆
 ―◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆―

 ○ すぐにエジプトに帰り、1年間、ピラミッド内で研究を
   続ける

 ○ 26歳 ナザレに帰り、洗礼者ヨハネの弟子とコンタク
       トし、3年間さらに準備を重ねる

 ○ 29歳 キリストの教えの宣布を始める

 ○ 33歳 磔刑後、3日後に復活
 ………………………………………………………………………
 ○ その後11年間にわたり、グノーシスの秘儀を弟子に伝
   授する

 ○ ローマの秘院で6ヶ月、エジプトの秘院で2年間、秘儀
   の指導を行い、この後中国へ向かう

 ○ 中国北部のユダヤ人に1年間指導を行う。中国全土を
        旅行した後、チベットに向かう

 ○ チベットの某秘所で5ヶ月間滞在。超人が住む『エデン
   の園』
で、1日2回ずつ教えを説く
  ● ドリール氏は、2千年前の前世でイエスの銀鈴に似た
    声を聞いたとされる 
  
 ―◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆―
  ◆ この後、チベット・シャンバラに行き、4年半滞在し、◆
  ◆  人類の精神的向上を目指し、様々な試みを行っ ◆
  ◆  た後、シャンバラ144人の超人大師の首長となる
  ◆ この後、南太平洋地下のレムリア大陸へ行き、そ ◆
  ◆  こに幽閉されている暗黒霊魂を指導し、解放す  ◆
  ◆  る。                             ◆
  ◆ 次いで地球中心核に入り、同じく幽閉された最暗  ◆
  ◆  黒の霊魂を、3ヶ月間指導する。                    ◆ 
 ―◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆―
  
 ○ 地表に戻り、ギリシア、パレスチナ、スカンジナビアの
   秘院で教えを説いた後、南北アメリカ大陸に入り、9年
   間、各地で教えを説く

 ―◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆―  
  ◆ この後、北方シャンバラへ行き、35年間、地球第 ◆
  ◆  7黄金サイクルの秘密準備を行う           ◆
  ◆ 満100歳の日から10日目に、全世界の弟子の  ◆
  ◆  面前で、アストラル体脱出による最後の教えを  ◆
  ◆  を説く                          ◆
  ◆ その後、頭部から火炎冷火を発し、全身を燃焼し ◆
  ◆  尽くすと、大きな輝くダイヤモンドの塊のような  
  ◆  ようなものが残り
、これが北方シャンバラの塔  ◆
  ◆  今も保管されているとされる             ◆
  ◆ 地球離脱後、宇宙聖白色同砲団の大聖に復帰  ◆
 ―◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆――◆―

 これらの経歴のうち、◆で囲んだ時期、つまり33歳で磔刑を受け
る以前に1度、復活後は2度に渡って、イエスはシャンバラとの
間を行き来した
ということになっています。

 これらをそのまま、全て事実として受け止めようと言うもので
はありません
これらはあくまで、ドーリル氏自身の霊能力が感じ
取った内容に過ぎないからです。

 シャンバラについては以前にも、ブラヴァツキー夫人の創設した
神智学的な地球史観(第129夜として紹介しましたが、それと比
較 しても、完全に一致している訳ではありません。

 つまり、霊的なビジョンについては、たとえ同じものを霊視してい
たとしても、霊媒者の感応性と思考性向によって、如何様にも違
ったイエスの人生
が出来てしまうのだと、小生は思います。

 ただし、だからと言って全て《マユツバ》と決め付けてしまったので
は、現代の偏狭な科学の世界に閉じこもったままで、我々の持つ
共感の力を自ら捨ててしまうことになります。

 従って、それらの矛盾点を整理しつつ、共通する部分を一つひとつ
拾っていき、それが我々全ての深層意識に潜む《原型》に通ずる部
を確かめていくのです。

 それでは次回第164夜では、そんな作業に入って行きましょう。

( 追伸 )

 中曽根君、しかし、君の考えとは共通点を
探せそうも無いね

目次のペーシへはこちらから


関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧