FC2ブログ
   
08
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(161) 24.6.10

トンデモ話は奥で繋がる 「第161夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪復活と再臨 ②≫
 
 ★ 肉体の神秘

 さて、我々人間が4つの体で出来ているということは、再三再四お話
ししていますが、その中で我々が最も理解していないのが『肉体』
のだと、高橋氏の解説は次のように述べています。

 「 シュタイナーによれば、人間という存在は、自己同一
  性を保った単一の存在では無く
、異質な原理に基づく
     諸要素の複合体であり、
   (…中略…) 

   その4つの中で一番見えにくい一番実感として持
  ちにくいもの
は何かというと、それは自我でもアストラ
  ル体でもエーテル体でも無く、まさに肉体だと言うの
  です。

   人々が互いに認め合っている肉体は肉体では無く、
   肉体とエーテル体とアストラル体と自我が1つになっ
  て現れている
ものなのです。

   ですから目に見えるのですが、純粋な肉体形式は、
  眼に見えない
と言うのです。

   それが『コリント信徒への手紙』による《自然の命の
  体が霊の体となって復活する》と言うときの《霊の体》
  の意味です。

   シュタイナーの宇宙論をお読みになった方はご存知
  だと思いますが、肉体は、土星期、太陽期、月期とい
  う壮大な進化の初めには、既に現れていますから、

   人間の4つの構成体のうちで、一番長い進化を辿っ
  て来たのです。…その、一番発達している肉体が、本
  来、眼に見えない性質のものだと言うのです。

   見えているのは、その肉体に物質素材が入り込み、
  エーテル体、アストラル体、自我と結びついているか
  らで、純粋な肉体形式そのものは、可視的では無い
  
のです。

   眼に見えず、透明に輝いているのです。そういう肉
  体の形が、そもそも宇宙の発端から、神々によって
  与えられ、時代と共に進化発達して来たのです。」
  
  (ルドルフ・シュタイナー『シュタイナーコレクション5(イエスを語る)』
 pp400-401《筑摩書房(高橋巌 解説)》より抜粋転載)


 『肉体は本来見えないものである』という、まさにコペルニクス的
転換とも言うべき説です。言い換えれば、『見えなくなったからとい
って、消滅したのでは無い』
ということにもなります。

 考えてみれば、見える・見えないの基準とは、我々の眼が認知
できるかどうか
の差でしかありません。たとえ存在していても、暗闇
では何も見えませんし、眩しすぎる光は見ることができません。

 従って、常に認知できない環境に存在しているものについては、
存在していても見えない
のです。《触ればわかる》と言っても、気体
のように触覚が効かないものもあります。

 しかし、同じものをネコやコウモリは暗闇で捕らえることができます
し、逆に《動くものしか見えない》眼を持つ動物や昆虫では、《動かな
いものは存在しない》と定義するでしょう。

 ★ 第3次元の怪人    

 しかも、その《肉体》には《物質素材は含まれない》とされていま
す。シュタイナーはそれに《ファントム》という呼称を与え、霊的な解
釈を加えています。

 シュタイナーによれば、物体は《素材》そのもの、それに働きか
けて、物体を構成させる意思をもった《形式》によって実在してい
るとされます。

 例えて言えば、「氷」は「水」と同じ水素と酸素を素材とした分子か
ら出来ていますが、結晶の形を取らせる《形式》によって、水とは
違った物体となっているのと同様なものです。

 この《形式》が、全ての《素材》に働いて、特有の物体を現出して
いるというのです。…これと似たことを、以前どこかでお話ししたの
ですが、覚えていらっしゃるでしょうか。

 実は、スピリチュアリズムの言う多次元の世界のうち、第七十六夜
でお話しした『第6次元』が『第3次元』に働きかけているものこそ、
この《形式》の概念に近いと思います。

小生は、その次元を『何次元』と呼ぼうが、我々の次元より高か
ろうと低かろうと、そんなことは本質とは関係の無いことだと思っ
ていますが、取りあえず以下『第6次元』と呼ぶことにします。)

 物質の本当の《実体》は、この『第6次元』に存在しており、我々が
『第3次元』で見ている物体とは、我々の世界にある《素材》を使って
《実体》のモデルを映し出している
のだという概念です。

 そして、『第3次元』でそのモデルを《組み立てる意思》に当たるも
のとして働いている力を、シュタイナーは《ファントム》と名づけたの
です。

 つまり、死後我々の肉体の《素材》は散逸してしまうものの、それ
を形どらせて来た《意思》の力は、別の次元からの力を受け続け
眼に見えない《新たな体》を保ち続けるのだと、小生は解釈します。 

 ★ 不滅の肉体への道  

 さて、高橋氏の解説の続きによれば、我々はキリストと違って、そ
ファントムが不完全なため、死後直ぐにその《新たな体》として
復活できない
のだと述べています。

 「 ファントムは人間の中のフォルムの力であり、理想的
  な人体形式であり、それを人間は皆担っているのです。

   けれども、その担っているフォルムが次第に崩れて、
  どうしようもないところにまで来てしまいました。
   だから今の我々は、死んでも復活できないのです。
  
   キリストは、

    自分が自分の霊的な力にかけて、ファントム復活
    のために人々に働きかける
から、

    1人ひとりは、それぞれ自分のフォルムを信じて、
    再び人体が復活できるように生きてもらいたい

   と願っているのです。そういうメッセージがキリスト
  教の宣教なのです。

   キリストがゴルゴダの丘で死んだからといって、何十
  億人の全てが、すぐに復活するわけでは無く

   1人ひとりの無数にある細胞の、ごく僅かな部分が霊
  の体に甦る
のです。

   無限の時間をかけて、何度生まれ変わってでも、その
  細胞一つひとつを霊の体に創り変え

   そして最終的に理想的な肉体に甦る時、人間は不滅の
  存在になります、

   今の私達の中には、一片の霊の体だけが存在している
  のですが、それだけではまだ復活への道を成就している
  のでは無く、その出発点が与えられただけなのです。

   出発点が与えられただけの肉体に、霊の体への甦りを
  促す力
のことを、シュタイナーは《キリスト衝動》と呼びま
  した。」

  (ルドルフ・シュタイナー『シュタイナーコレクション5(イエスを語る)』
  pp406-407《筑摩書房(高橋巌 解説)》より抜粋転載)


 つまり、現在我々が《肉体を復活できない》のは、ファントムの理想
の形が崩れている
からであり、《キリスト衝動》はそれを取り戻すた
めの秘蹟
であったというわけです。

 逆に言えば、ここに第159夜で示した疑問の答えがあるのです。我々
完全なファントムを維持できるようになれば眼に見えない《本来
の肉体》については消滅することはない
のです。

 我々は、現世の生活の中で、《キリスト衝動》によってアフラ=マズダの
『光のかけら』を浄化し、自らも滅亡する地球の《素材》ではない、不滅
《本来の肉体》を得て、4つの体のまま存在するのです。

 そしてこれが、小生が第158夜で、我々はアフラ=マズダの《光のか
けら》自身ではなく、一人ひとりがそれを《持っている》
とした理由で
もあります。

 ただし、ファントムを理想の形に戻す作業は、かなりの転生を繰り
返さなければならないようです
。そしてその作業の過程は、個々の魂
の浄化度によってかなりの差があるものと思われます。

 それ故、小生は、それがたった一度のアセンションで一気に達成さ
れる
とはどうしても思えないのです。むしろ、そんな簡単な事ならば、
今までの転生の積み重ねが全く無意味なもの
思えてしまうのです。

 それどころか、我々が自身がファントムの崩れを是正するような生
を送らない限り、《新たな体》として復活することは難しいのです。
 次回第162夜は、その原因についての話です。

( 追伸 )

 中曽根君、君のファントムも相当な
崩れようだね


目次のペーシへはこちらから


関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧