FC2ブログ
   
09
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

オペラ座の怪人

劇団四季の舞台は、派手でした。

マスカレードという場面でしたか?仮面の人が螺旋階段に出てくるところなど、後ろに象もあったかな?
非常にデコラティブで、バタ臭い感じがしました。

最初にオークションの場面で感じたのですが、この雰囲気...見たような気がする。あっ...長野オリンピックだ。
長野オリンピックの虹色の選手のマント、舞台のつくり。選手の手の振る角度も時々でてくるバレーを踊りながら去っていく踊り子の手の感じに似ています。

長野オリンピックは浅利慶太氏が演出を頼まれたと記憶しています。

四季の舞台は、文学座の舞台とも、松竹新喜劇とも違います。
とにかく、踊りがきれいで上手です。踊り1 舞台の演出2、歌3、ストーリー4...だなんて勝手に思ってしまいました。
シャンデリアが落ちるのも迫力があり、かなり速い速度で落ちてました。

非常に視覚的です。

私としては、時に、役者のしゃべりが少なく感じちょっと物足りない気がしましたが、全体的には、面白く、楽しませてもらいました。

2時間半もの長い時間、役者さんは踊って歌っています。つくづく感心するのは、よくずっと体が持つなぁと、いうことです。演劇や、音楽をやる人は体育会系ですね。すごい体力です、おそれいりました。
関連記事

theme : 劇団四季
genre : 学問・文化・芸術

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
50位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧