fc2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
27
28
29
   

ヘンリーカミングさんのミディアムシップワーク

4/3に浜松でヘンリーカミングさんのワークがありました。
この一年ほど、ミディアムシップに興味があり、大阪、神戸のアクア(旧中村)講師のワーク、その他に出席しています。何度も書いてますが、ミディアムシップ...
ただ、その不思議さに興味がわいたのと、全くそのこと自体がわからず、得体が知れないものだったので、少しはなんなのか知りたいと思ったのです。

ずぶのしろうと、とうしろう...そんな状態から、いろんな感覚をつかめるようになったか←なーんて、思っていたのもつかのま。

今回のワークでは、もとに戻ってしまったような...

そういえば、前のクラスでのときはこんな感じだったよ...と、
オートリバース、どしろうと再生...といった具合で、今回はあまり、つかめませんでした。ぐほほほ。

ということで、このブログに体験談として書くことはあまり...ないのですが、

今回は3時間のうち、最初の1時間がヘンリーさんの、自己紹介-人生と、ミディアムについて、といったようなお話でした。ヘンリーさんはご自分の人生、幼少時から青年時代、その後の人生、いろんなエピソードを語り、船に乗っていて死にそうになりながらも、助かった話、幼少時にも見えない世界に対する感覚があったということを話されました。成人してから、あるジプシーに自分の人生、自分自身について、事前情報なしに語られ、そのジプシーから、-あなたもミディアムだ-といわれて、ミディアムという存在を知り、現在は世界的なミディアムになったのだ、ということ。
なかなか興味深い話でしたが...
途中で、へんりーさんの足元を見ると、
足が...でかい。
大きい。おまけに靴が、とんがっている...

まじめにみんなが、お話を聞いている中、靴をみて、
こびとくつimageCAT8AI7R

小人のくつ、ガリバーの足を連想し、笑いが...それでもなんとかとめていましたが、どうもこんなことに気をちらしているから、いけないのでしょう。←本物は黒い普通の靴でしたが...

そのお話の中で、コレは!、とおもったことは、

◎ミディアムシップは誰でも出来る分野ではない。
これは厳しい言葉でした。サイキックでも、ミディアムと、言えないともおっしゃっており、霊界、見えない世界の住民とのコンタクトは、しろうとには難しのか...とふーむと思いました。

そして、
霊界とコンタクトするに当たって、光の世界の人は波動をこちらに合わせてを落としてくるから、地上の肉体の制限のある私達は、できる限り、波動をあげないといけないのだ。霊界の霊が波動を下げ、こちらが波動をあげ、その途中で出会う....そんなことをおっしゃってました。

これは確かにそうだと、思いました。

波動...確かに...靴をみて面白がっていてはだめなのです。

今回のワークは、このお話の後、アイイスのクラスやワークでよくやる、カードを使ったリーディングと、その場で二人組んでミディアム実習をしました。

しかし...今回は、だめだったなぁ。撃沈でした。というわけで、自分のあいてへのリーディングなどは書くことはないのですが、今回は、カードリーディングがすばらしかったです。

今回は久しぶりに会ったYさんにリーディングをしてもらいました。私が無意識に選んだカードを見て、リーディングしてくださったのですが、
これが、圧巻、すばらしかったのひとことにつきました。

いろいろと人も思い悩むことがあると思います。お金、人間関係、職業...世の占い師は恋愛問題を抱えている客の相談が一番多いといいます。そんな普通のこの世に生きている生身の人間としての悩み...そんなことがスピリチュアル相談でも多いと思います...

そんな時、-あなたは、人間関係に悩んでいるとか、健康に注意せよ-とか、いえば、遠からずもあたるので、そんなことをいわれればそんなものかなぁと思うのですが、Yさんのリーディングは全くそうではなく、
私の悩みといえば悩み、を言い当て、その原因、解決策みたいなことを言ってくれました。

悩みというのは、いわば、創作する人が、いかにいいものを作るか、作りたいが、なかなかつくれない、でもなんとかしたいが、思えば思うほどなにも出なくなる。また、どういう方向でなにをつくればいいのか?などとあでもない、こうでもない、とぐるぐるぐる状態、とでも言ったらよいでしょうか?
まぁ、贅沢な、生活に関わる問題ではないのですが、自分には大きい問題で、でも、他人にはたいしたことではない...

そんなわけで、思っているだけだったのが...
Yさんの口をついて出てきた最初の言葉が、
-自分のユニークな感性を...-でした。
でた、感性この感性という言葉は、私がある先生について芸術的なことを学んでいたときに先生がよく言っていた言葉なのです。
おぅ...感性、

Yさんは、私の状態を、感性を活かし、なにかを作ろうとしているが、難しい、とか、壁を感じている。
しかし、この壁や難しさというものは、実は自分で作り出しているものである
と、雲の写真を見ながら言ってくれました。

自分でつくりだしている?

言われて見て、本当だと思い、
では、その壁を乗り越えればいいのか?なんて聞くと、

そうじゃない、自分で作り、自分で思い込んでいるもので、こういうことはだれにでもあるかもしれないと言います。

私としては、その悩みは深く、高い壁を必死の思いでよじ登るとか、
ねこぱんちP1020872

打ち負かす、とか、そんなイメージがあったのですが、
そうではない?

Yさんがうーんと言いながら次の言葉を言いました。
中から自然に出てくるものを次々に出せばよい...

はっ。
なにか、心の奥底で合点がいくものがありました。見えない霧や、もやを自分で作り出し、自然に出てくる何かを信じてなかったかもしれない...格闘しているつもりが、幻影にすぎなかったような...

今までのミディアムワークなどで、先生に言われたこと、それから、はるか昔にある芸術の先生に言われたこと、そんなことを思い出し、
なにはともあれ、やれるんじゃあないかと、思えてきました。

ヘンリーさんのミディアムシップワーク、自分の実習はさんざんでしたが、Yさんのリーディング...そのためだけにいったような...しかし、収穫でした。
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

Secret

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
54位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト