トンデモ話は奥で繋がる(17) 22.3.11

トンデモ話は奥で繋がる 「第十七夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪スピリチュアリズムの「正統性」とは④≫

★ 小生の基本はいつも2つの観点から

 さて、彼らが正統とする霊的真理の説明の部分である「第二部」に入
ってゆくのですが、そもそも「そんなこと信じられない」方々にとって
は立派な「トンデモ話」ですので、まずは、第八夜で提言した、2つの
観点から、彼らの霊的真理をみてゆくことにします。
(実際に、小生が出会った際にも、まずその確認から入ったわけです。)

 一つ目は「死後も自分の意識が存在するかどうか」でした。これにつ
いては「第一章」の冒頭で「霊体の永遠性」として説明されています。
 
 私達は地上界においては<「肉体」「霊体」を持って生活しており、

(この中間の"体"として「幽体」を加える場合もありますが、これについ
ては「霊体」のうち、"密度"が粗い状態であり、基本的には「霊体」と
同じだとしています。)

 「肉体」には「本能の欲求」に支配された"顕在意識"としての心
 「霊体」には普段は意識できない"潜在意識"としての"霊の心"

という、二つの心を持っているとされます。うち、肉体とともに消滅する
のは、地上での"顕在意識"としての心であり、死の瞬間から、いままで
"潜在意識"として隠れていた"霊の心"が"顕在意識"にとってかわるという
ものです。
 つまりは、「今までとは違った意識」が「それまでの意識」にとって
変わる形で、意識が無くなるどころか、本来の自分の意識を取り戻す
ということで、霊の意識としては、意識は永遠に存在するということです。

 ★ 「脳死」は人の死か

 ここで、小生が問題としてきた「脳死」を人の死としてよいかという医
学上の問題は、どう結論されるのでしょうか。
 スピリチュアリズム的には極めて明確な定義がされています。

 臨死の状態で「幽体離脱」状態となる場合、「肉体」から「霊体」が抜
けてゆくのですが、その二つの"体"をつないでいる銀色の紐のようなもの
(シルバー・コード)が存在するとされます。この紐はいくらでも長く伸び
ることができるのですが、このつながりが切れてしまうと、「霊体」は二
度と「肉体」には戻れなくなる。まさにその瞬間が「死」とされます。

 アメリカの霊能者ハドソン・タトルは、トランス状態で他者の死を観察
し、『大自然の秘密』の中でその過程を説明しています。
 
  肉体とほぼ重なっている霊体が、その重なりから縮むように抜けて頭
 部に集結する。やがて頭頂から後光が現れ、それが次第に鮮明に、肉体
 と同じ形に変わってゆく。その形はゆっくりと上昇し、肉体の少し上で
 浮かんだまま横たわり、一本の細いコードが両者をつないでいる。
  しばらくすると、その霊形はゆっくりと直立し、つないでいたコードは
 次第に細くなり、その霊体の中へ吸い込まれ、霊魂は肉体と縁を絶つ。


 つまり、霊体の見える者であれば、その「肉体的な死」を正確に判断す
ることができるわけです。

 一方、「脳」は"霊の心"を受け取る受信器であり、「肉体」の機能のコ
ントローラーとして機能しています。従って「脳」が障害を受けた場合に
は、"霊の心"が正確に伝わらない状況が起こりえます。時には「脳波」
波形を刻まなくなるかも知れません。しかし、これだけでは「霊体」が
「肉体」と縁を切ったかどうかの正確な判定はできないのではないかと思
います。
 最善の方法は、やはり「霊体の見える者」が立ち会うしかありません。
あるいは、そうした事例をもとに、正確にそれと結びつく「肉体的兆候」
を見つける必要があります。それまでは「霊体の見える者」以外は「脳死」
の判定をすることは差し控えるべきです。

 ★ 他の宗教の「死生観」と相容れるのか
 
 さて、こうした「霊的な死生観」をもとに、冊子ではキリスト教及び仏
教を厳しく批判しています。

 まず、キリスト教に対しては「心霊現象を全て悪魔の仕業として退けて
いる」教会の態度を改めない限り、「いずれこの世から姿を消す」と言い
切っています。
 さらに「イエスの復活」についても、第十五夜で述べたような、エクト
プラズムによる"幽霊現象"
であって、「再臨」によって人類を救うことな
どと考えるのは間違いだと言っています。

 小生も、「正統派キリスト教」に対しての批判としては、"この世から姿
を消す"かどうかは別として概ね同意見ですが、第五夜でお話したように、
キリスト教には「正統派」によって「異端」のレッテルを貼られたものが
いくつか存在し、それらの中には「心霊現象」を否定しないものも存在しま
すので、その点は考慮されるべきです。
(これについてはいずれ述べる機会があると思います。)
 
★ 「シッダルタ」の説くものは?


 難しいのは「仏教」です。これについては、さすがに大上段からバッサリ
とは斬りつけていません。
 まずは「キリスト教会のように露骨な反対をしない」点はよいとしながら
も、根本的な誤りとして、
 ① 「霊魂」という実体を明確に否定していること。
 ② 「永遠の命」を求めることを「錯覚」だとしていること。
をあげています。
 
 さて、これについては小生も明確な判断ができません。と言うのは、仏教
を知ろうとすればするほど、

 『シッダルタ自身が悟り、伝えようとした"本当の教え"が何なのか』

 がわからなくなるからです。

 ①や②について、"このとおりの解釈"であれば、小生もご批判の点につい
て全く同意見です。しかし、「シッダルタ」がいっているのは、そういう意
味ではない
ような気がします。

 次回十八夜は、このあたりを述べてゆく予定です。
目次のペーシへはこちらから

 
関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
317位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
60位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line