FC2ブログ
   
08
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(15) 22.3.2

トンデモ話は奥で繋がる 「第十五夜」

-弟子のクッテネルがお送りします。

≪スピリチュアリズムの「正統性」とは②≫

★ はじめに

 さて、「スピリチュアリズム入門」は大きく二部に別れています。
 第一部では、スピリチュアリズムの起源となった事件から、現代
までの著名な霊媒者と、彼らが受け取ったメッセージの歴史につい
てが、そして、第二部ではメッセージからうかがうことのできる、
現世と死後の世界の本質について語っています。

 現在、さまざまな思考と行動様式をもったスピリチュアリズムが
その有為性を世に問いかけていますが、第一部では、その原点とな
るべき事項
について、実にコンパクトにまとめられています。
 ここでは、過去の一読者として、そのポイントになる点だけを拾
い上げてみようと思います。

(掲載HPへは「リンクフリー」となっていますが、小生の本稿の姿勢
上、あえて直接リンクはしません。ただし、第一部については、「心
の道場」への賛同の如何にかかわらず、全てのスピリチュアリズムの
基礎として非常に有意義な内容
だと思いますので、興味のある方は下
記アドレスから実際の掲載内容を読んでみることをお奨めします。)

(http://www5a.biglobe.ne.jp/~spk/sp_library/sp-books/nyumon1.htm) 

★ スピリチュアリズムの発祥 

 1948年3月31日、ニューヨークのフォックス家でしばらく前から起
こっていた奇妙な「ノック音」の"主"に対して、娘のひとりが自分の
指を鳴らして、「お化けさん、同じようにしてごらん」と声をかけた
ところ、指鳴らしの回数に応じて同じ回数の「ノック音」が返ってく
る。ならば、質問に対し「イエス」なら2回ノックするように語りかけ
たところ、質問に対し的確に返信音が返ってきた。これが「客観的な
現象」に基づく"霊との交信"の最初の例
とされています。
 
 この事件をきっかけに、以後フォックス家の娘のような"霊媒体質者"
を仲立ちとし、その反応が客観的な「物理現象」として現れるものを
対象とした「心霊研究」が始まり、4年後にはイギリスへと伝承されて
いきます。

 ★ さまざまな物理的心霊現象

 次に、こうした物理的心霊現象の代表例について紹介しています。こ
れらは「聞いた」だけではにわかに信じられない現象ですが、実際にそ
の場に居合わせた複数の目撃者のある事例です。

 (1) 空中浮遊

  ヨガや密教の行者には複数の報告例がありますが、最も有名な人物
 として、アメリカのダニエル・ダングラス・ホーム(1833-1886)の例を
 あげています。物体を浮遊させるなど、数々のサイキック能力を持っ
 た霊媒者で、極めつけはトランス状態で、ビルの3階の窓から出て、
 そのまま浮遊した後、窓から帰って来るという、文字通りの"離れ技"
を見せています。

 (2) エクトプラズムによる物体移動・幽霊現象

  「エクトプラズム」とは、霊媒者の鼻や口などから出てくる、白又
 は半透明のスライム状の物質
とされ、1913年にノーベル生理学・医学
 賞を受賞したシャルル・ロベール・リシェが発見したものです。

  リシェ自身、当初はこうした現象を否定する立場をとっていたので
 すが、1892年のイタリアでの心霊実験会での驚異的な体験により、そ
 の主張を180度転換したひとりです。
  エクトプラズムは体外で凝縮されることにより、様々な形・固さを
 持った物質に変化し、時には人間の全身の姿をかたどることもあり
 ます。
  特にクロフォード博士による実験では、霊媒者であるゴライヤー家
 の協力のもとに、20㎏のテーブルをエクトプラズムを利用して持ち上
 げることに成功しています。

  このエクトプラズムを、未浄化のまま彷徨っている"霊魂"が、自分
 の身体として取り込むと、いわゆる"幽霊現象"
となって現れます。
  クルックス博士の実験による『ケーティ・キング霊』は特に有名で、
 "彼女"は通常の人間と見分けがつかないほど完璧な姿をとりました。
 心臓の鼓動も呼吸もあり、参加者の一人ひとりと話をしています。
 
  こうした事実を考えれば、第四夜で述べたイエスの"復活"について
 も、エクトプラズムを利用したとすれば可能な現象なのです。
 (ただし、純粋なキリスト教信者は"あくまで本物"と主張すると思いま
 す。しかし、それがイエス本人の魂に違いないのであれば、たいした
 差異ではないと思います。)


(3) 物品引き寄せ(アポーツ)

遠くにある物品を、瞬間的に手元又は指定の場所に移動させる現象
 です。これについては、超能力番組でよく実演されていますが、結果"
がマジックと非常に似通っている
ことから、そのとおりのことが起きた
 にせよ、懐疑的な参加者を納得させるのはなかなか困難です。
  遠くにある物品が、いったん分解・分子化して移動し、特定の場所で
 もとの状態に再現されるのという説が有力ですが、スピリチュアリズム
 の分野でも、その原理を完全に特定するまでには至っていません

★ 心霊治療について

 「心霊治療」と聞くと、昭和40年代にテレビ放映されたフィリピンの
「トニーの心霊手術」を思い浮かべる方が多いと思います。術者であるト
ニーが手刀で肉体から患部を取り出すのですが、その跡は全く残らないと
いうもので、その真偽について両論相見え、小生の愛読していた"少年雑
誌"まで、「トリック」としての方法を解説していました。

 現に、一度彼が不調であった時に「腫瘍」に見せかけた「豚の肉片」を
使っていたのが発覚し、それ以降はインチキとのレッテルが貼られました
が、この入門書では、「彼の全盛期の手術については"本物"である」とし
ています。
 小生自身はというと、"彼自身の真偽"はともかく、例えば(3)のアポー
ツが可能であれば、その延長上
で考えればあり得ると思っています。

  (惜しむらくは、一度なりとも「テレビ局」の罠に陥ってしまったこと
 です。権力者に"不都合な真実"の体現者を潰す手段として、ワザとクロ
 ーズアップして賛否の渦中
に引き込んだ後、反証となるようなヤラセの
 手法で一気に貶める
のが彼らの常套手段です。現に、この手段で幾人も
 の"霊能者"が偽者のレッテル付きで消されています。)


さて、スピリチュアリズムの対象となる「心霊治療」とは「心霊手術」
のような直接的な施術だけではなく、もう少し広い範囲の行為が含まれる
とともに、霊界の治療者が、治療行為の源となるものが、本来の心霊治療
であるとして、以下の例をあげています。

 (1) 霊体手術 
 
  霊界の治療者が、地上者の肉体を借りて、患者の「肉体的」な疾患を、
 同じ部位の「幽体」を治療することで快方に向かわせる施術のことをい
 います。
  イギリスの心霊治療士チャップマンは、トランス状態に入ることで、
 自らの施術霊である「ラング霊医」に自らの肉体を預けて数多くの施術
 を行いました。しかし、本人にはその間の記憶はないのです。

 (2) 心霊手術

  これについては、先に述べたとおりです。

 (3) 心霊治療(ヒーリング)

  霊界の治療者が、地上者の肉体を媒介として、患者の「肉体」に霊的
 なエネルギーを注ぎ込み
、肉体的疾患を治療するものです。(1)と違い、
 地上者には意識があり、主として患者のチャクラに対し、手をかざした
 り触れたりして施術します。
  現在では、さまざまな形態でのヒーリングが名乗りをあげていますが、
 当冊子では、「術者自らは媒介的な役割に過ぎず、霊界の医師団からの
 エネルギーを受け取り、患者に注ぎ込む」もののみを本物のヒーリング
 としてします。また、『気功』のような、術者自身の生体的なエネルギ
 ーを送リ込むものとは区別
しています。

 (4) 除霊

  霊の憑依によって精神に支障をきたしている患者に対し、他の霊媒者
 に乗り移らせ、憑依霊に浄化を説く
ことで、患者を治療するものです。
  「除霊」というと、新興宗教の集客手段のひとつになってしまってい
 ますが、霊界の援助を受けていないものについては、再度同じ又は別の
 霊に憑依される場合が多いとしています。

 (5) 霊界アドバイス(リーディング)

 霊媒者がトランス状態に入り、霊界の医療者が彼の意識を支配して、
 患者の治療方法のアドバイスを受けるもので、アメリカのエドガー・ケ
 イシー
が最も有名です。

 今回分はここで切り上げます。次回第十六夜は、最も核心の部分となっ
ている「霊界通信」から始めようと思います。

目次のペーシへはこちらから

 

関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧