FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ガイガー旅行記(1) 東京官庁(1)

 10月7日、仕事のため、原発事故後初めて東京に行くことに
なりました。全く気乗りはしないのですが、仕方ありません。
 しかし、転んでもタダで起きるのももったいないので、
愛用のガイガーカウンターを持って、都内を測ってみることにし
ました。
 
 取りあえず、事故後初めて乗ることになる新幹線です。
名古屋駅の放射線量は、場所によりまちまちで、これまでの市内
での計測どおり、0.11~0.18μsvを示していました。

 まず、新幹線待合室が0.11~0.12μsv。恐れていた程ではなく、
割合低い値です。

 10時30分発の「のぞみ8号」の「指定席」に座り、ナップ
サック内の上部において測定開始。
 出だしはやはり0.11~0.12μsv。ところが、蒲原トンネルを抜
けた瞬間0.15μsvを示し、一時緊張。富士山の雄姿を眺める間、
しばしその値が続き、ひょっとしてトンネルを越えるごとに上が
るのではと心配になったが、しばらくすると元の0.11~0.12μsv
に戻り、以後ほぼそのままの値で安定。
 途中停車の「横浜」「品川」の停車中も0.11~0.12μsvでした。

 東京駅もホームは同値。少し高めの値を示したのは、「地下鉄
丸の内駅」への北側連絡通路で0.15~0.18μsvでした。

 さて、今回のポイントの一つが、移動に関して「地下鉄」を選
んだ方がよいのか、地上を歩いた方がよいのかでした。
 「地下」は直接、放射物質が入りにくい反面、雨水や、通勤・
通学者の靴について入り込み、そのまま溜まっているかもという
心配もありました。それならば、いっそのこと地上を歩いた方が
ましということになります。

 そこで今回は、官庁街までの往路は「地下鉄」、復路は「地上」
と使い分けてみました。結果が下図です。

縮東京

 地下鉄は割合低めで、地下鉄構内、車内ともほぼ0.11~0.12μsv
の値でした。(最も全ての区間がそうとは限りませんが…)

 土壌汚染度が高かったと噂されている「経済産業省」の植え込み
については、高さを約1mに保って、その周囲を歩いて測ってみま
した。特に北側の植え込みがやや高いようです。
 幸い、「原発全廃を訴えて座り込んでいるテント」付近は低い値
です。

 「日比谷公園」は場所によってかなりバラツキがありました。
南側の「大きな木」の付近では、一瞬今回の最高値0.24μsvを示し、
ドキリとしましたが、以後はやや落ち着きました。ただし、0.15~
0.18μsvと結構高めです。東側も、特に「ドクダミ」で覆われた、
駐車場入口付近の植込みが高い数値を示しました。千代田線の「日
比谷駅」でも時折0.18μsvを示しています。

 その後お堀沿いを北上、都営三田線の「日比谷駅」以北と、和田
倉門から東新して駅前までは常に0.15~0.18μsvを示しました。
 ただし、駅前は植込みもないせいか0.11~0.12μsvと意外に低い
数値でした。

 こうしてみると、東京駅~官庁街までに限ってみると、「地上」
より「地下」の方が低い感じです。やはり、草木の土があるかない
かが関係するように思われます。また、東京駅については、タクシ
ー利用者以外は、駅から外へ出る人の流れが少ないことを考えると、
「駅構内」の方が高いのもわかる気がします。

 帰りの新幹線については、「銀の鈴」の待合場を測ってみました
が、地下にあるせいか0.11~0.12μsvと低い値です。
 帰路は「自由席」で東京から満席でした。「東京発」の方が高い
とも聞いていましたが、一度0.18μsvを示したのみで、それ以外は
ほぼ0.12μsvの数値が続きました。ちなみに「横浜」では0.11~
0.15μsvでした。

 総じて見ると、「空中放射線量」のみをみると、東京~官庁街は
「名古屋周辺」とほとんど変わらず、出張程度では、それ程意識し
なくてもよさそうです。ただし、原発事故以前は、関東地方は、名
古屋地方より低かったことを考えると、やはり放射性物質が余計に
落ちたことは間違いないと思われます。

(気をつけるとすれば「飲食」と「土」でしょう。ちなみに今回は、
「昼食」は行きの車内で済ませ、お茶は持参しました。また、丁度
履き潰す予定の靴があったので、それを履いていって、玄関先で履
き替えて処分しています。)

 12月にも、また上京の予定がありますので、もう一度測ってみ
る予定でおります。
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧