FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

正絹の着物を洗ってみた 1

10年ほど前、スーパーの呉服売り場の古着市で着物を買いました。
青い着物で、表地は汚れがなかったのですが、裏地は黄ばんでいました。その当時、着物の着付けをならったばかりで、着付けの練習にもいいし、裏はひとには見えないから良いと、買いましたが...
裏地のきばみはひどく、黄色でところどころ茶色になっていると言ったほうがよいぐらいでした。

きにしないからと、買いましたが、

やっぱり気になる。茶色い裏の着物は外には着ていけません。そして、着付けの練習も、そんなきものでは気分が悪いし、手持ちの自分のものでやったほうがいいとなり、全く活用してませんでした。

後から気付いたのですが、スーパーの呉服屋などでたまにやる古着市...じつにふっかけているのがわかりました。大須の米兵、その他大須の古着屋さんに行ったら、裏も真っ白、表地ももちろんきれいなものが、1000円以内から売っているのです。
わたしが買った黒く、黄色く変色した裏地の着物は、1万円でした。

米兵ではそんなものはとても1万円なんてとんでもない...という感じでした。

古着にも着物にも疎いときの失敗でしたが、着物はそのまま残り、1万円出した手前、捨てるのもできませんでした。

あまりにも裏地が汚いと着る事はできません。しかし、表地を生かそうとすると、洗い張りをすることになりますが、これをするにも1万弱はかかります。こんなものに金ばかりかけてもしょうがないと、ものはためし、だめもとで、自分で水洗いをすることにしたのです。

裏地はもとより黄ばんで洗ってもどうにもなりません。裏は捨てることとし、着物を解いてばらばらにし、洗うこととしました。

糸切りバサミで着物を解いたら、糸がこれだけ出ました。
縮着物洗いIMG_1047
丁寧に縫われており、解くのに一時間もかかりましたが、糸の量はそれほどでもないです。これだけの糸でただの布を着物という形にたもっているというのはすごいことです。


この着物、見た目、触った感触はちりめんです。
着物-染めの着物ですが、金の染料も花の輪郭などに使われています。
縮着物洗いIMG_1046

萩、菊などのが描かれています。
縮着物洗いIMG_1045


うすぐもりの日を選んで、洗面台に普通の洗剤をすこし入れ、まず袖を手洗いしました。ちりめんは、ものにより洗うと1/2に縮んでしまうともいいます。さて、どうなるでしょうか。どうせ、だめもと、袋などに作り直せればいいと腹をくくり、洗いました。

普通の洗剤を洗面台の水に溶かしいれ、手で洗います。
縮着物洗いIMG_1048

ちょっと水が黄ばんだ気がする程度です。もともとそんなに汚れていないのかもしれません。
しかし、ここで思わぬ事態が...

臭い、臭すぎる、あぁ...息をするとまずいかも...
てぶくろだぁ。手袋をしなければ...


水に生地を入れた途端、強烈なベンジン臭が...むせかえるような激しい化学物質系の匂いが立ち込めたのです。
うわぁ。保存していたときはなにも感じなかったのに、なんだこの匂いは...ペイント薄め液を家の中にぶちまけたようではないか...
本能的にこれは素手で洗ってはいけないと思い、手袋をしたのです。

その後何度も水ですすぎましたが、最後まで匂いました。それにしても着物を洗ってこんなペンキ屋の匂いみたいになってしまうとは...多分、着物の丸洗いを何度かしたのでしょうか。においのすごさに、丸洗い、ドライクリーニング、古着の恐ろしさを感じました。

続いて、見ごろその他をまとめて洗います。
袖は普通洗剤を使ったのですが、こんどはなんとシャンプーを使うことにしました。

本当は毛糸洗い、お洒落着洗いを使いたかったのですがきらしてなかったのです。乱暴ですが、普通洗剤と、一応、生き物の毛?で共通ということでシャンプーを使いました。
洗剤とシャンプーで収縮率が違うか?比較もしたかったのです。

その後、軽く脱水し、外に出し干しました。縮着物洗いIMG_1050

続きはまたね。
関連記事

theme : ハンドメイド
genre : 趣味・実用

Secret


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自分で着物が着られたらいいのに・・

着付け教室に行かなくても初心者が自宅でわずか1週間もあれば着付けを 習得してしまう門外不出の着付け法をお教えします。

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧