FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(124) 23.9.12

トンデモ話は奥で繋がる 「第124夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪薔薇十字思想の考察 ②≫
 
 ★ 全宗教の原点 

 さて、改めて第106夜の冒頭のにある、シリウス人の地球への干渉方法
ついての、サティアの言葉を抜書きして見ましょう。

 「 シリウス人が地球で仕事をする時の流儀をよく見ていてください。
  東方の三博士の足跡は地球の古代にまで遡ることができ、ゼロ時
  点後は、キリスト教の歴史にずっと登場し続けます。

   私の媒体(バーバラ)が調べたところ、彼等の影響はグノーシス派、
  中世の神秘家たち、改革派のプロテスタント、クエーカー派、初期
  ニューイングランドにおける様々な心霊主義グループ、そしてモル
  モン教の初期まで辿れます。系譜が一度も途絶えていないので彼
  女は驚嘆しました。」

   (バーバラ・ハンド・クロウ『プレアデス 銀河の夜明け』p209
                        《太陽出版(高橋裕子・邦訳)》より転載)


 106夜では、主にこのパラグラフの後半部分、すなわち『グノーシス主義』か
ら『カタリ派』に至る『異端派』
の流れについてお話ししましたが、前半部分、す
なわち『地球の古代』からの流れについては話していませんでした。

 実際『プレアデス 銀河の夜明け』では、『エジプト文明』以前の宗教について
は、神格化されたアヌンナキの話以外には、あまり詳しく触れられていませんが、
これら『異端派』だけでなく、ほぼ全ての宗教の原点とも言える宗教が存在しま
す。

縮ミトラ  それが『古代ミトラ教』です。日本では、その名すら知らな
い方も見えると思いますが、実は世界中で我々日本人こそ、
最も馴染み深い覚者『弥勒菩薩』に通じる教義なのです。 

 以下、数少ない日本の『ミトラ神学』の研究者の東條真人
氏の『ミトラ神学』 《㈱国書刊行会 発行》より、その歴史と
思想、そしてニューエイジにも繋がる『現代神智学』への流
れについてまとめてみます。

 ★ 「神」のイメージ

 『ミトラ(Mithra)』とは、古代イランで正義と公正の神として誕生し、ローマ帝国
では『宇宙霊』とされた存在です。また、神智学においては『至高存在』に次ぐ霊的
『指導理性』とされています。

 ミトラは「神」(もちろんアヌンナキではありません。)の意志を知り、随時自らの姿
を投影して、衆生を導くとされ、キリスト教やイスラ-ムにも、聖霊アフラ・マフデ
ィー
として伝えられています。

 一方、『仏教』では「神」の代わりに『真理(ダルマ)を説く者』として取り入れられ、釈
迦を悟りに導いた『定光仏』釈迦本人である『大日如来』、釈迦無き後、世の乱れ
を救うとされた『弥勒菩薩』がその役割を持つものとされています。

 以下、東條氏の『ミトラ神学』から、ミトラの役割について述べてみます。

 「 ミトラは宗教が世に送り出される歴史的タイミングを推し量り、どう
  いうタイプの宗教ず必要になるかを見定めて、次の世代に必要とさ
  れる新しいタイプの宗教を用意
し、宗教というものを変えていきます。

   ミトラがこれまでに、どのような宗教を建立したかを見てゆきましょ
  う。

   インドにクリシュナとして現れた時には、ヒンドゥー教を建立し、
  『ブラフマー』なる神のイメージを示しました。

   同様に、仏教の僧侶達を導いて、『阿弥陀仏』『大日如来』といっ
  た形で神のイメージを示し、これを通して『法』すなわち『真理(ダル
  マ)』
を人々に伝えました。

   バレスチナではイエスを導いてキリスト教を建立し、『神(ヤーウェ)』
  なる神のイメージを示し、これを通して『隣人愛』という形で『法』を
  人々に示しました。

   メッカではマホメットを導いてイスラームを建立し、『アッラー』なる
  神のイメージを示しました。

   そして、さらに『アル-マフディー』として現れて、多くの東方神智学
  者達を導き、スーフィー教団を興しました。

   ミトラは、これらの『神のイメージ』を示し、自らはその神の教えを
  最もよく体現した理想的な人間(菩薩)というイメージで人々の心の中
  に現れて
、その時代・地域で必要とされる『神の法』或いは『天の法』
  を人々に示して来たのです。」

   (東條真人『ミトラ神学』p18《㈱国書刊行会 発行》より転載)

 何だか、全ての宗教の『いいトコ取り』をしているかのように捉えられるかも知れ
ませんが、むしろ過去の『宗教的対立』こそが無用な争いの源になっていたの
です。東條氏はさらにこう続けます。

 「 世界が本当にひとつになりつつある今日、人々の間に新しい意識
  が広がりつつあります。それは『全ての宗教は、表面的には異なる
  ことを説いているように見えるけれども、実は同一の普遍的真理
  様々な形式で語っているに過ぎない』という認識です。

   こういう意識が人々の間に広がり始める時、ミトラは個別の宗教
  の枠組みを解き放ち
、分断されていた自らのイメージをひとつに再
  統合します。

   そして、本来の姿である、普遍的『弥勒』、すなわち『ミトラ』に戻
  って、世界の人々を『新たな法』へと導こうとするのです。」

  (東條真人『ミトラ神学』pp21-22《㈱国書刊行会 発行》より転載)

 ★ ミトラ教とは

 それでは『ミトラ教』自身の歴史を簡単に説明してゆきます。ミトラ教は、古代ペ
ルシア神話を母体とし、宇宙の守護神コスモクラトールと呼ばれる宇宙的知
者ミトラを中心とした宗教で、前期・中期・後期の3期に分けられています。

 ● 前期 『原始ミトラ教』(?~紀元前3世紀)
   現在のバビロニアを中心としたメディア王国(紀元前728年~紀元前550
   年)、アケメネス朝ペルシア王国(紀元前550年~紀元前330年)の国教
   
であった時期

 ● 中期 『西方ミトラ教』(紀元前3世紀~紀元4世紀)
    セレウコス朝ペルシア帝国(紀元前312年~紀元前63年)、古代ロー
   マ帝国
(紀元前27年~紀元395年)を中心とした時期

 ● 後期 『東方ミトラ教』(紀元3世紀~17世紀)
    ササン朝ペルシア帝国(226年~551年)、ウィグル-トルコ王国(74
   4年~840年の国教であった時から中国・明代(1368年~1644年)で、
   バビロニア、イラン、中央アジア、中国などの全ユーラシアに広がった時
   期


 特に後期は、その伝道者の名をとった『マニ教』、教義のイメージからとった
『明教』至高神の名である『ズルワン教』などとも呼ばれています。また、12
世紀以降はバグダッドに本部を置く『ミクラス派』サマルカンドに本部を置く
『ミトラ派』に分かれ、中国には後者が伝えられています。

 これらに共通する『ミトラ』の特徴として、以下の6点があげられています。

  ① 神に最も近い存在であること。或いは、神の法を最もよく知って
   いる存在であること。
  ② 普段は天上に居て目には見えないけれど、そこで天使或いは
   天人といった存在を導いていること。
  ③ 天上に居て、自分に会いに来た者に教えを下し会いたいと願
   う者には、霊感(霊的息吹)を送る
こと。
  ④ 天上的存在であったり、人間であったりすること。

 上記4つについては、今まで述べてきたとおりです。ちなみに『アヌンナキ』は、自
分達こそこの『ミトラ』であると信じさせる
ことによって、人類を宗教的に支配してき
たということになります。

 さて、小生から見て誤解を生む元となっていると思われるのが、残りの2つです。

  ⑤ 黙示録神話に登場すること。
  ⑥ 時が来たら、地上に降りてきて、新たな法を説き、地上に新しい
   正義と秩序をもたらすこと。

 これらについては、一般に『ハルマゲドン』として知られている、『善なるもの』と『悪
なるもの』の最終戦争の思想を持つものです。
次回第125夜は、その元となる『ミトラ神話』について見てゆきましょう。

( 追伸 )

 中曽根君、偽キリストとして現れるには、
ちょっと早かったね。

目次のペーシへはこちらから
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
34位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧