FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(13) 22.2.20

トンデモ話は奥で繋がる 「第十三夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ある新興宗教信者との物語 ③≫ 

★ 純真な信者-H君の夢

 H君自身は、ごく人のよさそうな大学生でした。そんな彼に、自身の
"夢"を聞いたことがあります。彼はちょっと迷って、
 「やっぱり、アフリカ辺りに行って、難民のために働きたいですね。」と答えました。小生が、
 「世界を見る前に、この日本にだって、救うべき人は居るんじゃない?」と問い返すと、
 「それはそうですけど…。日本を離れてみたいし…。」
とボソっと答えました。
 彼に限らず、この教団の底辺の信者さんは、皆純真で、当時の怠け学生達
より、この社会のためを思う心は人一倍あったのだと思います。

 1990年代初頭と言えば、バブル経済が絶頂期を迎えようとしていた頃で、
当時の学生達にとっての『日本』は、ダラダラと遊んで暮らすには最も適して
いたものの、『このままでいいのだろうか』と思い始めた者達にとっては、
容赦ない『堕落感』を突きつけられる環境にありました。

 政治、道徳、教育のどれも「信念」に欠け、その癖"経済力"だけは馬鹿でか
く、次々と捨てて行かなければならぬほど"物"にあふれるこの国…。その裏で、
それとは程遠い暮らしを強いられている他国の人達…。ならば、この国より、
真に困っている人達のために何か始めませんか
 と、第1回ビデオ講座が彼等に訴えかけることになります。

 一方で日本の社会は、"宗教"については、代々"葬儀屋"とセットであるかの
ようにしか考えておらず、親や学校は、それ以上深入りすることは、"疎ましい
こと"
としてしか伝えていません。

 しかし、彼らが「新興宗教」に最初に見せ付けられるのは、一見"人道的ボラ
ンティア"と変わらないような活動
を、自分の身を犠牲にしてまで黙々と続けて
いる底辺の"純真な信者"の姿なのです。そこで「これだ!」と思い込んでしま
えば「教祖」の存在や、辛い毎日に疑問を抱くことすら『堕落者』の考えとし
て退けてしまうのです。

 ★ 宗教の本質

 もう一つ、彼等の得意とする論法が「二元対立」です。「共産主義VS資本
主義」、「資本階級VS無産階級」、「全体主義VS個人主義」…等々と勝手
に結びつけて、「どちらかを倒さなければ、理想の社会とはならない。そのた
めに団結して戦わなくてはならない」と説きます。

 しかし、そのどちらか一方が「絶対に正しい」と判断できるでしょうか。むし
ろ過去の歴史は、どちらかに偏ることこそ"不条理"を生み出す原因となることを
示しています。
 
 「無宗教の共産主義」が「堕落」の原因だと教団は言います。しかし、そもそ
も宗教の本質とは何でしょう?「宗教」など無かった時代を考えてみましょう。
人間が文字通り"自然"のままに生きていた時代です。 彼等は『何故生まれてき
たか』などと考える暇も無く、突然襲ってくる「天変地異」「病」「他の猛獣た
ち」と、それがもたらすところの「死」と向き合っていたはずです。

 彼等にとっては「生きていること」すら「偶然」であって、彼等の「運命」
を司っているもの…「宇宙の法則」そのものが「神」だったと思います。
 それが、例えば日本であれば、古来から「土地神様」「氏神様」といった、
自分達の運命を託す存在としての「神様」となっていったのだと思います。

 そして「宗教」とは、こうした"彼等"と"宇宙"との"つながり"を考える"思考"
そのもの
だと思います。無論、特定の「教祖」などは必要ではありません。たと
え特定の誰かが"真理"を得たとしても、それに達していない凡人も、同じ"真理"
で対等に"宇宙"に繋がっている
はずです。"真理"を得た者は、できるだけ多くの
者にそれを伝えるべき存在ーイスラム教で言う「導師」ーに過ぎません。

 それならば、教団の言うような組織も不必要ですし、むしろ全てが対等の「共
産主義」の方が「宗教」の本質に近いのでは無いでしょうか。(もっとも、未だ
に「純粋な形」での「共産主義」を創り上げた国はありませんが…。)

 "不条理"な教義を信者に押し付ける、教団の仕打ちを思うと、H君の夢が、教
団とは無縁の天地で実現すること
を祈るばかりです。

 ★ 生命の起源
 
 第九夜で、仮に我々の「生命の設計図」がDNAであるにしても、最初のDNA
に「命」を吹き込んだ「何者か」が必要であると言いました。それは、「地球外生
命」かも知れませんが、その彼らもまた「何者か」が創り出したものです。

 突き詰めて考えれば、源はこの"宇宙の営み"が生み出したものに間違いはないで
しょう。その"営み"そのものを「神」と考えるならば、「人間は神が作り出した」
というのは疑いようの無い「真理」です。それならば、そのことについて改めて教
義を作る必要は無い
でしょう。それぞれの「宗教」は、ただその「真理」に「気に
入った名前」をつけているに過ぎないと思います。

 ★ 「肉体」を持った意味

 多くの宗教は「魂」の存在を説きます。その「魂」が不滅で、それ自体で存在で
きるあるのであれば、わざわざ「肉体」という不自由な入れ物に宿らなくてもよい
筈です。現にそういう「魂」もあると思います。しかし、敢えて「肉体」を持って
生まれて来る
からには、それなりの理由がある筈です。

 よく聞く「答え」のひとつに「この世に理想郷を実現するためだ」というものも
あります。しかし、そのために我々が使える能力「五感」と、意思の疎通手段「言
葉」はなはだ不完全なものです。それならば、「理想郷」に辿り着くまでに、我々
が経験しなくてはならないことにも意味がある
かも知れません。

 次回第十四夜は、そんな問いに対する、ひとつの糸口となった「心の道場」と
の出会いについてお話しする予定です。

目次のペーシへはこちらから

 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
34位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧