FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ミディアムシップワーク...はっときづく、そうだったのか...

ミディアムシップワークはごく少人数でした。
人数の少なさに驚きましたが、そのおかげでほとんど個人授業のようなワークとなり、濃密なものとなりました。

始めにオームをとなえたり、軽い瞑想をし、すぐにカードを何枚か先生より示され、どれかをひきます。ワークは二人で一組になりします。私が即座に一枚ひき、相手の方仮にAさんといたします。Aさんがまた一枚、ひくと、私は海と空、Aさんは空のカードでした。

ここでカードから相手を読むということをします。

Aさんがいろいろと語りだします。私も実はこのときのことは頭に入っているような入ってないようなで、よく覚えてませんが、このかたのリーディング...本当にぴったしです。
なんか書くのも恥ずかしいですが、
-人に親切。でもそれをみせるのが好きでない。遠くで知られないよう、気づかないよう、みえないように親切をする-など、いろいろとおっしゃっています。

私はと言えば、
カードをみてそのひとのことを詳しく言うというのは、初めてだったと思います。
なので、-休みたいと思っている-とか、これでいいのだろうか?などと思いながら言っていました。

その後、オーラを読む。色を言う実習となります。
私はこのような場に出ると肉眼で白い背景の人のオーラらしき人が見えたりします。自分の意思とは別です。今回はこの会場に入り、中村講師をぷわっと紫が囲んでいるような気がしました。

しかし...さぁ、見よう、となると、そのようには感じません。
しかし、紫、白などなどそうかなぁ?と思う程度ですが、答えます。さて、相手の方は私を見てどう答えたか...
紫、と何色か、です。
む、紫...このお調子者が紫。

本当か?ちょっとなぁ...でも、本当かも。

これで何度かのリーディングを終えた後、いよいよミディアム実習んとおもいきや、ガイドに会う瞑想をします。
目を閉じて、ガイドに会います。
私はいろんなところでこのガイドに会う瞑想をしているのですが、本当に瞑想状態か?また、ガイドは自分の作り上げた妄想なのか?それを完全に見分けているか?どうも何パーセントかは信じきれない思いがあり、
暗黒の疑い心がむくむくとまたは、ちょっろっと出てきたりします。

そうだろうと思うのですが、100パーセントは思えない。みんなが、すばらしい宗教指導者の人が出てきたと言っても、-?-と思っちゃったりして...
まぁ、アイイスの瞑想でもうきゃきゃきゃ、と猿が出てくるような私です。
何か、腑に落ちる、そんな体験をしたいものだ、と思っていたのです。

ガイドの瞑想...すぐはビジョンが出ず、ふっと出ます。
原始人のような白い袈裟懸けに衣を着ている人。

うわっ、原始人ぽい。思ったとたん、これ本当?なんだ、原人はいやだなぁと瞬間的に思ったとたん、同じ人だと思います。白い衣が大国主命のような白い服に見え、頭も右左、黒く見えます。
海岸に座っています。
なだらかな砂浜。波打ち際にすわり、海を見ています。海はしろくしぶきをあげているところ以外は水色で美しく波がぼこぼこと太陽に照らされて光を反射しています。

大国主さんみたいな人だ。その大国主みたいな人は私にほらよと、砂金の袋を渡してくれました。私は海岸線の一方を見て、よくここまできたものよと、感慨にうたれ、そして、ガイドに、-よくここまで来た、-と言ってもらい、ガイドは反対方向の海岸線を指示し、ここまで来たのだから、こんどはこの先だと、言ったような言わないような...

中村講師が
私にどんな人かを聞きます。
-白い...-と言いかけた途端、

中村講師が
るんるうんさんのガイドさんは
-白い服を着た道教のひとみたいな人ですね-などとおっしっやたのです。その後〇△★...ほにゃららと先生がおっしゃいます。

うおぅそうなのです。
先生のいう人、私のビジョンの人と同じだ。

中村先生は生徒のビジョンが生徒がどうかなぁと思っていると、それを裏打ちするようなことを言ってくださるのです。

私はこれでもう、本当に唸り声がでるような(実際はおならもでてません)これだ。この感覚なんだ。と深い感慨を味わったのです。これはもう、最初から自分の感覚が正しいと感じれる人、また、師が手を取り足をとりモニターのように指導してくれる人についた場合は当たり前のことでしょう。

しかし、私は違った。
まず、なんにも感じない。おばけも見ない。ただの一般人です。

そして、いままでワーク学習会にでましたが、自分のビジョンを精査してもらったことはありません。あるワークでも-いいですよ、見えてますよ-と言われましたが、そう言われても-本当か-そうだとしても正確か-などとの疑いがつきまとい、なかなか先が見えませんでした。

遠藤周作の-沈黙-では、フェレイラが神に
-神ょなぜ沈黙したまうのですか-などと嘆く場面があったと思います。

スピリチュアルな人々の中には、高次の存在から身近な霊まで、すぐに現れいろいろとアドバイスをもらう人も多いです。また、自分で求めなくてもすばらしい指導者との出会いがあり、その人の-合点がいく-、ポイントというものを苦労せずに身につける人も多いです。

でも、私は違う。凡たる大衆の凡たる人間に過ぎない。しかし、どのひとも霊性を発達させると同時に超感覚も普通に発揮できるのが本当ではないか?そんなことを思ってきました。特別な人でなくても-やれるのではないか-そんなことを思ってきました。
つづく




絵カードが4枚あります。お日さま、月、星、雨と雲の四つのカードです。このカードのうち、一枚を任意の人物がひきました。ひいたカードは裏返したままで誰も見てません。さて、どのカードがひかれたのでしょうか?直感で当ててみてください。1から4までの数字をクリックして投票完了です。ぜひ挑戦してみてください。

太陽、星、月、雲と雨カードです。縮かーどIMG_1024

↓このカードは何か?当ててください。縮かーどIMG_1025


よけいなお世話かもしれませんが、最初にふっと思ったのがいいですよ。あれこれ考えると直感が鈍ります。また、投票結果をみてから考えるのは直感が働きにくくなります。みんなの投票結果を見ずに自信を持ってご自分の答えを投票してみてください。みんなはどうしたかはそのあとみることにしましょう。



結果発表は9月上旬です
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧