FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(12) 22.2.16

トンデモ話は奥で繋がる 「第十二夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ある新興宗教信者との物語 ②≫

★ 第一回接近遭遇-勧誘体験開始!

 さて、H君に連れられて入っていったのは、開店間もない某百貨店
の隣のビルの2階。入口にカウンターがあり、奥には円形のテーブルが
10脚ほど置かれていて、一見喫茶店にしか見えません。違いはと言え
ば、片隅にパーテーションで区切られたビデオ・ルームが幾つかあり、
現代の『ネットカフェ』を先取りしたような感じになっていました。
『これは、落ち着いて話すにはもってこいの空間だ』と妙に関心したも
のです。

 やがて、(場所にぴったりの?)コーヒーが運ばれてきて(もちろん
タダで!)、H君と、大学生活のあれこれについて雑談をしていました。
 しばらくすると、もうひとりの女性が現れました。年齢は小生と同じ
位で、どうやらこの支部の"サブ・リーダー"の一人のようでした。

 アンケート結果による「性格診断」をもとに雑談をした後、「10回の
ビデオ講座と、週一回の講義」
を受けるようにと勧めてきました。講座
の中で、現在の人類が何故「不条理な世界」に苦しんでいるのかを、
『聖書』に基づいて学ぶのだとのことです。その受講料が10万円!。決
して金儲けのためではなく、現世の正しい知識を持って欲しいからだと
いいます。

 「それならば何故、もっと安価な本として出版して、より多くの人に
 知らせようとしないのか」


 と、小生は率直な質問をしたのですが、満足な答えが得られないまま、
1日目の長い(PM2:00~7:00)接近遭遇は終わりました。

★ 第二回接近遭遇-タダでここまで?
 
 それから2週間後、H君から電話があり、「もう少し具体的な話を」
ということで、同じ場所へ2回目の訪問をすることとなりました。
 今度は、前回説明のあったビデオ講座の「第1回」分をタダで見せて
くれました。

 その内容は、聖書の「復活の日」の予言に関するもので、大筋は

  人類の「悪」へ向かう「堕落の心」が、現世の「貧困と戦争」を生
  み出しており、キリストの復活の日が来るかどうかは我々の「改心」
  にかかっている

 
というものでした。幸いにして『聖書』について、多少の知識を仕入れて
いた小生にとっては、それ程目新しいものではありませんでした。
(今にして思えば、無意識にこの時のための『予習』をしていたのです!)

 感想を求められた小生は、こう答えました。

 「確かに言いたい事はわかるが、これならいくつかある聖書の、ひとつの
 解説と変わらないのではないか。あなた方が独自に目指していることは何
 なのですか」


 しかし、前回の"サブ・リーダー"は

「それは"講義"で明らかにしてゆく」

 と言うので、

「それじゃあ、内容の分からないものに"前金"を払わせるのですか」

 と反論しました。結局、この後の話は平行線のまま。
 すると、ついに業を煮やしたのか、"サブ・リーダー"が

 「これは、本来は入会前にはお見せしないのですが…。」

 と前置きして、一冊の本を貸してくれました。これが「統逸教会と蚊鮮明」
を讃える書物だったのですが、当時の小生には全くの「初物」だったため、
何の先入観もないまま、とにかく読んでみました。

★ 第三回接近遭遇-ここまで言うと怒られます?

 さて、本の内容はと言うと、

 『この世界に"不条理"を招いた者は、『無神論者』ーとりわけ共産主義者
 たちの誤った思想によるものだ』


 という、徹底的な"反共思想"と、信者を騙していると言う批判に対して、

 『一部の"理解の無い"人々が"息子や娘を教団に取られた"と言っているが、
 当人達は心から満足している』


 という、教団の正当化に終始していた。

 1週間後、本を返しに行った小生は、こう感想を述べました。

 「確かに朝鮮半島の人々にとっては、反共闘争と南北統一は悲願かもしれ
 ないが、日本人である我々が、同じように実感することは困難ではないか。
  それに、共産圏の人々全てが、根っからの"無神論者"とは限らないし、
 資本主義社会にだって"不条理"なことがあるのではないか」


 結局、この日も議論は平行線のままで、最後には"サブ・リーダー"は怒った
ように席を立った。

★ 第四回接近遭遇-今度は「健康セミナー」

 それから1週間後、H君から「僕の母親が参加している"健康セミナー"に
出席しませんかとの話があったので行ってみた。
 講師は岐阜薬科大学出身の栄養士で、今の"薬漬け医療"を批判し、"朝鮮人参"
による「体質改善」を説くものでした。H君自身も、初めて会った時から、その
朝鮮人参茶入りの水筒を常に携帯して、その他の飲料の代わりとしていました。

 講演の最後に、

「本当は、広く多くの方にお分けしたいのですが、朝鮮人参の育成には十数
年かかるので手に入りにくい。ここに集まった方は幸運です。」


と言うと、その後は購買会となりました。"人参茶"用の粉末が100gでなんと8
万円!


 一方で"薬漬け医療"で重症となった患者さんを哀れみながら、一部の
"購買力"のある人を狙って、こんな特定した方法で売るなんて、どう考えても
催眠商法的です。会場の係員は、この後も時間まで残るよう、しきりに引きと
めますが、振り切るようにさっさと退散しました。

 その後、"見込みなし"と思われたのか、H君からの音信はプッツリと途切れま
した。ホッとしたと言うより、小生自身は、H君とはその後も話がしたいと思っ
ていましたので、大変残念でした。

 次回第十三夜は、かつてH君が語ってくれた"夢"から、新興宗教のツケ入る構
造についての小生の見方をお話します。

目次のペーシへはこちらから

もっとさきを読みたい人...おもしろいなぁと思われた方、下のブログランキング、FC2らんきんぐ、ぶろぐ村をクリックしてくれればうれしいなぁ 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
34位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧