トンデモ話は奥で繋がる(114) 23.7.11

 トンデモ話は奥で繋がる 「第114夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪フリーメーソンの考察 ①≫  

 ★ はじめに

 始めに、フリーメーソンの発生の経緯等について書いておこうと思います。
と言っても、秘密結社のうちでフリーメーソンほど様々な解説本が書かれてい
るものは無く、とても全てを参照することは不可能でしょう。 

 その取り上げ方も、文化的サロンの一種とする好意的なものから「悪の根
源」
とするものまで多種多様です。小生も、その双方のいくつかを読んでみた
一人ですが、読めば読むほどその正体が曖昧になっていくような気がします。

 日本では、第106夜で紹介した、澁澤龍彦の『秘密結社の手帳』(河出文庫)
縮フリー  が著名ですが、フリーメーソンの結成の経緯等に
ついては、やや簡略化されているような気がします。

 その点、小生が読んだ中では名大大学院の吉村
正和
教授の『フリーメーソン~西欧神秘主義の
変容』
(
講談社現代新書)が、比較的コンパクトにま
とまっていると思いますので、以下同書を中心にま
とめてみます。

 ★ 様々な起源説

 さて、フリーメーソンの起源については、第108夜でウィキペディアには5つ
の説が掲載されていると書きましたが、同書ではさらに多数の説を紹介してい
ます。

 これらは、以下の小生の考察、強いてはこれを読まれている方の考え方に関
わってくると思いますので、少々長くなりますが、取り上げられている説について、
要約して掲載してみます。

 ① 人類の始祖アダムとイヴに遡るという説
   彼等の誕生とともに、人間社会の成立に欠かせない、相互扶助の精
  神
が発生し、それはフリーメーソン精神に繋がるというもの。
   ただし、キリスト教・ユダヤ教に限定するものではなく、全ての民族の神
  話
にみられ、現代も残る未開民族の秘密儀礼は、フリーメーソンの参入
  儀礼
に通ずるものがあるとする。

 ② 「ソロモンの神殿」起源説《=ウィキペディアの③》
   ソロモン神殿は、当時の最高建設職人のヒラム・アビブが中心となって
  建設されたが、その際「親方」と「職人」からなる小集団を結成し、様々な
  「符丁」で仕事を進め、この集団が原型となったとされる。
   特に、ヒラムの死を巡っては「ヒラム伝説」が存在し、その経緯が、組織
  の重要な象徴となっている。

 ③ 古代密儀宗教起源説
   オシリス=イシス密儀、ディオニュソス密儀、エレウシス密儀、カビリ密儀、
  オルペウス密儀、ドルイド密議等、「死と再生」の主題を持つ古代世界の
  密儀宗教を起源とするもの。
   「ヒラム伝説」との相関性、部外者の遮断性、「小密儀」から「大密儀」へと
  進む位階制度との関連も指摘される。

 ④ ピュタゴラス起源説
   幾何学と建築術は、古代からほぼ同義であり、ピュタゴラス自身も、広く東
  西世界を旅し、全ての秘儀に通じていたと信じられ、その教団が前身であ
  るとされる。

 ⑤ 「コレギウム」起源説
   ローマ王ヌマ・ポンピリウスは、ローマの職人を「コレギウム」と呼ばれる
  集団に分け、軍隊に編入した。石工職人のものもあり、「親方」以下3人
  構成し、相互扶助の精神や秘密集会を持つ点で類似する。

 ⑥ エッセネ派起源説
   イエスは、サドカイ派、パリサイ派を厳しく批判する一方、エッセネ派の批
  判は避けているため、イエスもそれに属していたという考えがある。
   同派は厳格な宗教集団で、参入の際に要する儀礼という点で関連がある
  とされる。

 ⑦ コマキニ建築集団起源説
   ローマ帝国滅亡時、建設職人達がコマキニ島に逃れ、代々建築技術を
  維持しており、中世の大石造建築の際、彼等の秘伝の技術が使用された
  とされる。「親方」と「徒弟」の身分があった他、集会所を「ロギア」と称し
  ていた。

 ⑧ 中世石工職人組合(ギルド)説《≒ウィキペディアの①》
   中世のキリスト教の大聖堂、修道院、宮殿などの建築・増築・修復など、
  施工に数十年、百年を超える作業を行った、中世の石工職人組合を起
  源とするもの。集会所は「ロッジ」と呼ばれ、職業上の秘密の伝授にも
  使用された。
    集会の起源を926年にイングランドのヨークで開かれたものに特定す
  る説もある。なお「ロッジ」の名称は13世紀頃、「フリーメーソン」の名称
  は14世紀頃から使用されている。

 ⑨ 聖堂騎士団起源説《=ウィキペディアの②》
   1120年、聖地エルサレムへの巡礼者を保護する目的で結成された
  堂騎士団
は、その後ヨーロッパ全土に普及し、貴族を始め様々な階層か
  らなる巨大な組織に発展した。しかし、その資産を巡る外部からの嫌疑に
  より1314年解体させられたが、その残党が迫害の手を逃れ、再編され
  たものがフリーメーソンであるとされる。

 ⑩ 薔薇十字団起源説
   17世紀初頭、ルネサンス時代の代表的な神秘主義結社として発生し
  た薔薇十字団がフリーメーソンに移行したというものである。記録上は、
  薔薇十字思想家とも交流のあったエリアス・アシュモールが、1646年
  の日記に、フリーメーソンに加入したことを記しており、彼が実践的な「石
  工」ではない、最初の「思索的フリーメーソン」としている。

 ⑪ フランシス・ベイコン起源説
   『ニュー・アトランティス』で、実験と観察に基づく学問のあり方を唱え
  た経験論哲学の祖ベイコンは、1662年に「王立協会」を発足させるが、
  その傍ら、錬金術・占星術を通して真理を探究する『占星術師の結社
  も結成されている(前述のアシュモールもここに加入している。)
   さらに薔薇十字団の影の演出者も彼であるとされ、ベイコンこそその
  思想の原点であるとする。
  
 ⑫ 「クラブ」起源説
   17世紀の後半から18世紀の初頭、ロンドンではコーヒーハウス
  ラブ
が栄え、ニュースセンターの役割を果たしていた。その中のひとつに
  「ボックス・クラブ」があり、「ボックス」に会員が会費を入れ、その中から、
  病気や事故に遭った会員や家族に生活費として渡すという相互扶助的な
  制度
が生まれており、フリーメーソン精神の起源とされる。

 以上が同書に紹介されている、フリーメーソンの起源の主なものです。

 多くの説の中でも、特に説⑧は、「実践的フリーメーソン」の起源として、多く
のフリーメーソン史家から支持され、実証のための様々な調査が進められた
としています。

 しかし、その⑧についても、18世紀以降のフリーメーソンと同じ意味で
使用されていたという訳ではなく
これが現在のフリーメーソンの直接の
起源であるとは証明されていない」
と述べられています。

 ★ 単一的に見るべきでない   
  
 一方、⑨以降の説については、フリーメーソンを「石工職人」を中心とする
践的な組織とは結び付けない考え方
です。どちらが正しいのか(或いは双
方とも正しい、間違っているか)は、小生にも判断することはできません。

 しかし、少なくとも⑨と⑫の説以外については、実質的にせよ、形式的にせよ、
人間の秘められた能力に対する、何らかの知識、或いは神秘学的な真
がその精神に取り入れられていることは間違いありません。

 つまり、フリーメーソンが取り上げた"本質的なもの"の中には、(その意味
が忘れ去られたり、形式化してしまっている可能性があるにせよ、)
古代
の人類にとっては非常に意味があり、後世に伝えるべきものがあった可能性
が高いと思います。

 そしてもう一つ重要なことは、彼等が当時のキリスト教会とは完全に敵対
する関係にあったことです。つまり、彼等の思想が、当時のローマカトリック
の教義からは非常に都合の悪いものであった
可能性も、また高いのです。

 さらに一歩進めれば、第106夜でお話した、キリスト教の『異端派』の流れ
を引き継ぐものを持っていた可能性も高まってきます。サティアの話に登場す
るフリーメーソンこそ、本来の目的を引き継ぐものかも知れません。

 以上の推論がもし正しければ、真のフリーメーソンは、アヌンナキ、ひいて
『世界統制チーム』にとっては、潰しておかなければならない存在であ
るはずです。彼等を代表する教会はどう対処したでしょうか。

 ウィキペディアの記載を見ても、フランス大東社系を中心に、ローマカト
リックとの長い対立関係
が述べられています。1738年にはローマ教皇は
フリーメイソンの破門を教書で宣告し、フランスでは公立学校から聖職者
が追放
される事態も起こっています。また、現代でもカトリックは公的にフリ
ーメイソンを危険視
する姿勢を崩していないとされています。

 しかし、対してイギリスやアメリカのフリーメーソンとは、そこそこ上手
くやっている
感じがあります。この差は何なのか。同じ会名を称しているもの
の、どこか違うのではないか。そんな気がしてきませんか。

 第106夜で見たように、かつて、ローマカトリックは『キリスト意思』を封じ
込めるため
聖体拝領を横取りして、全く骨抜きの『キリスト教』を創り上げま
した。それと同じことがフリーメーソンにも行われているかも知れません

 現に、かつてフリーメーソンに対する批判の多くは、元フリーメーソンの
重鎮と称される人物の暴露
から始まっています。彼等は、一般大衆のフリー
メ ーソンに対する本質観を、あらぬ方向へ転化させるための内的間者かも知
れないとさえ思えてきます。

 もしそうであれば、単にフリーメーソンという言葉ひとつで、それに属した
人物の言動の全てを結論付けることはできません
。ましてや様々な分派的
秘密結社についても、全て繋げて考えてしまうのは正しくありません。

 何故なら、それがフリーメーソンの本質を覆い隠してしまう、最も効率的な
手段
であり、『世界統制チーム』の思うツボだからです。彼等の間者が次々
と社会的な疑惑問題を起こすだけで、フリーメーソンのイメージは簡単に悪化
してゆきます。
 
( トンデモ話は繋がるとしている小生ですが、陰謀論の単純な繋げ方、例
えば、ユダヤ金融資本=フリーメーソン=イリュミナティ…という繋ぎ方につ
いては、
「全てそうである」とは言えないと思っています。

 無論、その図式に当てはまるような特定の人物は大勢いるのですが、そ
れをフリーメーソンの構成員全てに適用てしまうと、その中にあるかも知れ
ない、反『世界統制チーム』手かがりまで否定してしまうことになります。

 かと言って、小生はフリーメーソンの全てを丸ごと擁護するつもりは全くあ
りません。
『世界統制チーム』に加担する輩も大勢います。要は、彼等の中
から「本質」を正しく伝えている者を見極める必要があると思うのです。)

 それでは、次回第115夜から、その辺りをポイントに彼等の歴史を見て行
きましょう。

( 追伸 )

 中曽根君、そういえば君もアメリカの「核間者」だっ
たねえ。


目次のペーシへはこちらから




続いてやってます。超能力開発ESPシリーズです。


勘で当ててください。-男の人の中の女の人を見分けてください。

縮歴史人物1IMG_0966



人物カードが4枚あります。歴史上の有名な人物が書かれたカードです。このカードのうち、一枚は女の人です。あとは全部男性です。たった一人の女の人は左から何番目にいるでしょう。勘を働かせて、女の人はどのカードかあててください。
下の投票用紙の、1から4までの数字をクリックして投票完了です。ぜひ挑戦してみてください。
ついでにどんな人かわかったら、コメントに書いてね。
結果発表は8月上旬です。
関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
68位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line