トンデモ話は奥で繋がる(108) 23.6.17

 トンデモ話は奥で繋がる 「第108夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪秘密結社の考察 ①≫  

 ★ フリーメーソンの起源

 第106夜でサティアは、シリウス人『キリスト意識』にかかる足跡
を、異端とされるキリスト教の歴史に残し、フリーメーソンモルモン教
徒が、そのパワー・オブジェを利用していると述べていました。

 実は『プレアデス 銀河の夜明け』の中で、フリーメーソンの名が出
てくるのはこの一度きりです。それも、この表現だけでは、彼等がその遺
産を善意で利用しているのかどうかがはっきりしません。

 従って、彼等の組織が、アヌが語っている『留守中も地球を管理する
ための秘密結社』
かどうかについて断言しておらず、その解釈につい
ては、読者ひとり一人の感性に任せられている状態です。

 無論、大多数の『陰謀論者』に言わせれば、「彼等の全てが『世界統
制チーム』の一員に決まっている」
ということになっています。確かに小
生も、その一員の多くが支配の構造に組していることは否定しません。

 しかしそのことを持って、ひとつの組織として、その構成員の全て
『支配構造』を完成させるための行動に加担していると考えてよいのかに
ついては、少々疑問があります。

 ウィキペディアの説明にもあるとおり、彼等の組織の母体には、概ね
次の5種類の説があります。
 <詳しくはウィキペディアを参照してください。>

 ① 1360年のウィンザー宮殿の建造に関わった中世イギリスの
  石工職人のロッジ説
 ② 1118年の聖地エルサレムへの巡礼者保護のため結成された
  テンプル騎士団の残党であるとの説
 ③ フリーメイソンリーの自称であるソロモン神殿建築家説 
 ④ 起源は問わず、1717年ロンドンのグランド・ロッジの結成に
  よってその内容が変わったとする近代設立説
 ⑤ ピラミッド建設の際の石工集団
 
 つまり、④以外の説に拠れば、少なくとも当初は『陰謀』以外の目的
を持って設立された組織であって、しばしば問題視される『階級を上げ
てゆくための儀式』
の伝授内容に、何らかの意味がある可能性があり
ます。

 ★ 石工達の技術伝承

 特に①、③、⑤の説に立てば、その名本来の意味の示すとおり石工集
の組織としてスタートしたことになります。世界7不思議の一つとされ
るピラミッドを始め、古代の建造技術については、今なお解明されていな
い部分が数多くあります。

 それらの建築上の秘儀が、第104夜でお話ししたように、シリウス人
的な多次元的能力を利用したもの、つまり『キリスト意識』の覚醒によ
り、隠されたパワーを引き出す方法である可能性もあります。

(  アーサー王伝説の中には、有名な『ストーン・ヘンジ』に関して、
 彼のお抱えの魔術師である
マ-リン
が、不思議な力を使って『巨
 石を羽のように宙に浮かせ』
アイルランドから現在の場所まで運
 んだとされています。

  さらにその巨石は、もともとアフリカにあったもので、かつてアイ
 ルランドに住んでいた
巨人族が、その魔力を使用してそこまで運
 んだものとされており、
第八十二夜でお話した移動手段を想起さ
 せます。)

 ちなみに、彼等がそのシンボルマークの一つとして用いている『コンパ
スと定規』
について、ウィキペディアでは、

  コンパスと定規き三角形(直角定規)の結合はダビデの星
 形成し、男と女、陽と陰、天と地、精神と物質など世界の二元
 性
の融和を表現している。中央の「G」は至高存在を意味し、
 神(GOD)と幾何学(GEOMETRY)を意味する。

 としていますが、今までお話ししてきたとおり、シリウスは6次元の存在
であり、3次元物質の元である『光の幾何学形態』を司っていることと
相通じるものがあります。

 その意味では、フリーメーソンは、その当初においては『キリスト意
識』
の覚醒の方法を、後世に伝えるべき組織であった可能性があります。
もしそうであれば、『世界統制チーム』とは相対する勢力です。

 もしそうなら、アヌ側はどう対応するでしょうか。恐らくルネッサンス同様、
『異端的な思想』を持つ組織として潰しにかかるはずです。そして、その
方法が『キリスト教』のそれと同じであるとしたら…。

 小生は、そんな視点に立って、その背景を辿ってみたいと思います。
 
 ★ フランス革命の考察

縮本  フリーメーソンの設立についてお話しする前に、イギ
リスの社会史・文化史研究者のロイ・ポーターの書
『啓蒙主義』から、ルネッサンス以後ヨーロッパに隆
興した『啓蒙主義』について見てゆきたいと思います。

 「フリーメーソンが画策した」とされる数々の社会
的影響において、その筆頭にあげられるのが「フラン
ス革命」
でしょう。 


     多くの陰謀論の中で、革命にかかわった人民を影で操っていた
「黒幕」 が彼等であるとされます。

 後ほど述べることになるように、その当時、急激に拡大・流行していった
フリーメーソンの会員の中に、多くの『啓蒙主義者』が参入していった
ことが知られています。

 そして、一般には「フランス革命」の精神的規範となった思想が『啓蒙主
義』で、彼等がリーダー役となって人民を扇動したようなイメージを持たれ
ているため、前述のような「黒幕」説の根拠となっています。

 しかし、多くの歴史学者が、事実はそうではなかったと検証しています。
ロイ・ポーターもそのひとりで、『啓蒙主義者』はむしろ、旧体制を維持し
つつ、その君主に『善政』を促したに過ぎないと述べています。

 ★ 啓蒙主義者たちの虚無感

 無論、『啓蒙主義者』=『フリーメーソン』というわけではありません
しかし、小生が敢えてここで取り上げる理由の一つは、『フランス革命の
直前』の時代
が、原子力についての現在の我々の状況に似ているから
です。

 小生が、第二十八夜以降でお話しをした広瀬隆氏を始めとして、先日
の参議院政策監視委員会で発言をした、中部大学の武田邦彦氏や京都
大学原子力研究所の小出裕章氏ら、CS朝日ニュースター『パック・イン
・ジャーナル』
の司会の愛川欽也氏や準レギュラー・ジャーナリストの
木理氏、
『噂の真相』の元副編集長の川端幹人や元キャスターの
杉隆氏
、『未来バンク事業組合理事長』の田中優氏…等々が、今回の福
島原発事故以前から『原子力と電力利権』について、啓蒙活動を続けて
来られた方々です。

 しかし、いくつかの原発事故の度に、世論は一時期『反原発』に傾くもの
の、叫べども叫べども急速に冷めてゆく一般大衆の愚鈍さに、一様の
虚無感を味わってきたのです。

 『フランス革命』以前の『啓蒙主義者』はなおさらでした。啓蒙しようにも、
『下からの力』は「一般大衆」以前の状態だったのです。そのため、彼等
『上からの改革』に期待せざるを得なかったのです。

 しかし、『フランス革命』は起こりました。どうやら『下からの力』は彼等が
思っても見ないような形
で、一気に沸き起こったのです。小生はそこに、
第103夜でお話しした「集合的無意識」を感じます。

 今回の福島原発事故に対する、6月11日の100万人行動に際し、広
瀬隆氏は、『福井県知事等、今までにない手ごたえを感じる。今回は
全ての原発が止まるかもしれない。』
と発言されていました。

 現在の我々には、かなり洗脳されているとは言え『一般大衆』と呼べる
階層
があります。また、『下からの力』を繋げるインターネット網もあり、
ひとり一人が立ち上がる基盤は格段に違います。

 小生のような『無名人』には、一般大衆への影響力には限界があります。
『下からの力』をリードできる、少し有名な『啓蒙者』の方々は、今までの
虚無感に諦めることなく、今こそ、その力を全力で放出してください。

 今回のアクションが革命的な動きとなるかどうかは、少しでも多くの大衆
に、今までの事実を気付かせられるかどうかにかかっているのです。

 それでは、次回第108夜からは、ロイ・ポーターの書の内容に入り
ます。


( 追伸 )

 それにしても、今回の浜岡原発に対する「水素爆発に対応するドリル
の準備
」には呆れてしまいます。まるで、我々が幼少の頃聞かされた
『イソップ物語』の『ネコに鈴をつけるネズミの話』ではないですか。

 中曽根君、えらい! 緊急時に原発建屋の天井
にドリルで穴をあけるのは君だね?

目次のペーシへはこちらから
  
関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
54位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line