FC2ブログ
   
08
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

老人、熟年、青年、こどもと放射能と寿命

胎児は一番放射能の感受性が強い。細胞分裂が活発だからです。
以下、幼児、子供、青年...となり、40歳くらいでもまだ影響を受けます。
50歳になると、ぐんと影響を受けにくくなります。

ちょっと前に東京で水の汚染が発表され、ペットボトルの水までもスーパーで買い占められ、水はないという状態がありました。わたしの利用しているスーパーも水が売り切れてました。売り切れる前に、老人夫婦がケース一杯買っているのを見ましたが...東京より離れているこの地で水なんかをあわてて買うのか?しかも、としよりが買わなくてもいだろう..そんなことを思いましたが、放射能をどの食品も浴びているとしたら、食べ物は老人から濃い放射能の食品を食べねばならないのでは?と、思います。

40、50の人は青年より大丈夫だというのであんしんしていたのですが、ふと、昔の原水爆実験のことを考えてみました。原水爆の実験の時、放射能はいっぱいこの日本にも飛んできました。
実験をするたびに、それに合わせるように、日本の男児の小児がんが増えている、という図があります。

それを見るとかつての実験で放射能が飛び、被ばくした子供がいるということです。ということは、たとえその時癌にならなくて、小さい時はなんともなくても、放射能の低線量被爆はおそくなってでてくる...ということを考えると、現在、40、50とあまり放射能の感受性としてはそれほど強くなくても、なにかの病気がでてくる可能性もあるかも?なんていやな想像をしてしまいました。

もともとその時点でとしをとっていた今の老人となっている人と違って、今現在は40,50で放射能には多少強くなっていても、子供のころの被ばくと、今回福島事故での被曝と両方を合わせた被ばく量を考えるととしをとったから大丈夫だとは言い難いです。

そんなことを考えると、1950年代後半から1970年代の生まれの人も放射能には子供より強いから大丈夫だとあまりにものほほんとするのもなんだろうと、思ってしまいます。
関連記事

theme : 知ってほしいこと。
genre :

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧