FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(98) 23.5.4

 トンデモ話は奥で繋がる 「第九十八夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪隠された代替エネルギー ⑥≫  

 ★ 恒星のエネルギーは夢か

 さて、第九十二夜でお話しした、バーバラのチャネ
リングによるアヌの言葉は、このように締めくくられて
いました。

  今、彼等が発見しつつある内容は、君達を驚
  愕させるだろう。科学者の多くは、今まで騙さ
  れていた
ことを知っている。
  (…中略…)

   科学者達の覚醒は決定的な意味を持つ。
    人間社会の構成員で、政府に対して何らかの
  力を持つのは科学者だけである。

   彼等は現在の権力構造を支える立場にあり、
  しかも世界が破壊される寸前なのを知ってい
  る。
  
   支配勢力をサポートするのはやめなさい。

   自分が操り人形であることを認識しているし、
  不安定元素をもてあそび、世界が大混乱に陥
  る可能性もかいま見た。

   今こそ銀河系全体に呼びかけ、信号を送る
  時だ。地球人は錬金術師になる用意ができた、
  科学者達が喜んで教師役を務める、と。」

 そしてここで、現在の誤った原子力エネルギーとは
違う新しい形の錬金術を、既に一部の科学者が発見
しているのだと言っています。

 同書にはこれ以上の説明はないのですが、この交信
が行われた1992年~1995年の直近の時期には、
小生が直感的に思い浮かべるある物理現象が発見さ
れています。

 1989年にはイギリス・サウサンプトン大学のマーテ
ィン・フライシュマン
教授とアメリカ・ユタ大学のスタン
レー・ポンズ
教授は「常温核融合」を発見したと主張し
ました。

 今まで「核融合」と言えば「太陽」のような超高温状
を必要し、核分裂より遥かに難しく、瞬間的にしか作
り出せないものされて来ました。

 ところが彼らは、重水を満たし、パラジウムプラチ
の電極を入れた試験管の中で、「核融合」を作り出し
たと主張したのです。

 その装置を暫らく放置した後電流を流すと、電解熱
以上の発熱
と、核融合の結果出来たトリチウム、中
性子、ガンマ線
を検出したとされています。

 しかし、その後の追試験で彼等の測定ミスが明るみ
に出て、それらの反応は単なる電気分解の反応の一
形態に過ぎないことが明らかになります。

 そのため、低温での核融合と言えば全て「トンデモ
」とされ、世間からは、一律に白眼視されることにな
ってしまいました。

 当然日本の「原子力村」でも、「やはり核といえば原
発しかない
」という誤った常識を推進する、格好の笑い
話として利用されています。

 中でも、当時の東京大学学長で原子核物理学者でも
ある有馬朗人が「もし常温核融合が真の科学的現
象ならば坊主になる
」と発言したとされます。

(ちなみに彼こそは、『ゆとり教育』なる学力低下
策を持ち込んで、日本の学生の将来を危ういもの
にさせた張本人です。)

 ★ 超新星・荒田吉明

 しかし、1989年の時点で既に、真っ先に彼等の誤り
を指摘するだけでなく、独自の「固体核融合」理論を完
成させていた人物がいます。

 大阪大学名誉教授の荒田吉明氏は、既に50年も前
ソリッド・フュージョンと名付けられた核融合装置を
開発していたのです。

 特殊加工されたパラジウムの格子状超微細金属粒
子内に、重水素ガスを取り込んで凝集し、レーザー照
射で、通常の空気中の10万倍のヘリウムが発生する
のです。(詳細は下記マンガを見てください。
クリックすると拡大できます。)

縮荒田1 縮荒田2 縮荒田3
縮荒田4 縮荒田5 縮荒田6
縮荒田7 縮荒田8 縮荒田9
縮荒田10 縮荒田11 縮荒田12 

 この現象の発見は、2002年12月7日の毎日新
等で報じられ、、2007年には仏・伊・露の各大
学の実験で追認
されています。

 さらに進んで2008年5月22日の公開実験では、
レーザー、電気、熱等も使わず、同金属粒子内に
重水素ガスを吹き込むことだけで、大気中の10万
倍のヘリウムと30kJの熱が検出され、日経産業新
聞および日刊工業新聞で報道
されています。

  この発電方式は、原子力発電の欠点
とは対照的な数々の長所を持ちます。


 ① 原料の重水は「海水」中に無尽蔵にあり、
  ほぼ永久に枯渇しない。

 ② 反応前後で放射能は全く発生しない

 ③ 生成物のヘリウムは自然界のものと全く変
   わらず、爆発性も有害性もなく、さまざまな
   利用ができる。
 
 ④ 反応を自由にコントロール・停止できる。

 ⑤ 簡単な装置で家庭単位で発電ができ、送電
  線も全く不要
で、重水さえ確保していれば、山
  奥でも、災害現場でも発電できる


 ⑥ 重水を取り出す以外には、外部的なエネル
  ギーも全く不要
で、発生装置もそのまま繰り返
  し利用が可能
である。

 ⑦ 発電機と同じなので、現行の電源法の縛りと
  は全く無縁のまま、電力利権の抵抗とは無関
  係
にスパッと縁を切ることができる。

 もはや、問題は実用化のための手続きと資金だけ
なのですが、これこそ最大の「不都合なエネルギー
のため、マユツバのレッテルや、大手の後援が封じ
られています。
 
 ★ 今こそ庶民力が融合すべき

 そんな荒田先生を応援するため、独自のサイトで
資金援助を呼び掛けているのが、陰謀論者のレッテ
ルを貼られて久しい
K氏です。

 本来なら、今こそこのプロジェクトに最重点を置い
て欲しいのですが、K氏を含め、今回の地震・放射能
被害
に関しては反勢力者の足並みはバラバラにな
ってしまっています。

 それぞれの最重点項目にこだわるがゆえに、それ以
外の部分での些細な食い違いについて、過度に攻
し合ってしまっているように小生は感じます。

 K氏は、「2012年アセンションはやって来ない」と
宣言して、かたくなに全てのアセンションを敵対視してき
ました。

 無論、K氏が言ってきた意味でのアセンションの
シナリオ
は、明らかに世界統制チームの罠であると、
小生も思っています。

 ただし、チャネラーの中には、アセンションの本当の
意味を、K氏とほぼ同じような意味合いで述べてい
る人
もいることも心に置いてください。

 少なくとも、バーバラやドランヴァロの受け取ったメ
ッセージは、世界統制チームの罠を抜けて、荒田先
生のような科学者が前面に出ることを呼びかけてい
ます。

 今こそ、ひとつ一つの庶民の力が「恒星のエネル
ギー方式
」すなわち、ひとつに「融合」すべき時なのだ
と小生は強く思います。

 さて、次回第九十九夜からは、そうした我々の
「融合」を阻害しているものの話へと進みます。


( 追伸 )

 中曽根君、先見性ある核推進派
なら荒田博士を後援してくれ 
 

目次のペーシへはこちらから
 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧