トンデモ話は奥で繋がる(97) 23.5.1

トンデモ話は奥で繋がる 「第九十七夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪隠された代替エネルギー ⑤≫
  
 ★ 浮上したパンドラの箱

 さて、再び『プレアデス 銀河の夜明け』に戻ります。
その中で、サティアはウラニウムが地上に現れた原因
について、次のように述べています。 

  「 ウラニウムは『東方の国々』、つまり中東
  配置される必要がありました。この地域はかつ
  て深い大洋の下にあり、海底は地中の高温の
      マントルに近接していました。

   それが紀元前1万800年の地軸逆転に伴い、
  大陸移動と地殻変動によって海底から浮上した
  のです。
  (…中略…)  
  
   アヌは単純に世界を支配したかったのです。
  彼こそニビルの偉大なる『父神』であり、地球
  は彼のために選ばれた3次元の領土でした。

   当然、人間にとって何が最善かを知っている
  つもりでしたから、地球と接触する度、つまり、
  ニビルの軌道が太陽系に入り、ニビルの宇宙
  船が着陸した時や、神殿のテクノロジーを使っ
  て人間を監視する時、彼はただ、あなた方を利
  用
しました。」

   やがて紀元前2000年頃、人間が充分自省
  的になると、感情が目覚めて来ました。アヌは
  当時、感情を持っていませんでした。

   彼は自分の全面的な支配からあなた方が抜
  け出しつつあるのに気付きましたが、ウラニウ
  ム
を使えば、マヤ暦の終わりにアヌが太陽系
  から遠く離れた時でも監視
できるのを知ってい
  ました。」

(バーバラ・ハンド・クロウ『プレアデス 銀河の夜明け』p151
《太陽出版(高橋裕子・邦訳)》より転載)
 

 つまり、もともと地球の奥深くに眠っていたウラニウム
は、前回の地殻変動によって手が届く所へ浮上し、アヌ
はそれに利用価値を見出したわけです。

 第七十六夜で見たようにサティアは、二次元の存在
である「地中の元素」は、全て地中に存在すべきもの
であるとしています。

 つまり、本来我々は、サイキックな能力に目覚めれば、
地表にあるもののみで生活でき、何物も地中から掘り
出す必要はないのです。

 従って、現在は電気エネルギーが頼り切っていますが、
石油やウラニウム等の地中の元素を持ち出さなくても、今
まで述べてきたような地表のエネルギーだけで、現在の
電気エネルギーは十分創り出せるのです。

 サティアの説が正しいとすれば、電力不足を盛んに喧
するのは、全てウラニウムの本当の目的ー我々の
感情を遠隔支配すること-
を隠してきた、世界統制チ
ームの策略
なのです。

 ★ 暴走する手下たち

 さらに、もう一度第九十二夜のアヌの言葉をいくつか抜
粋してみましょう。彼は自分達の間違いを認めて、こう呼
びかけていました。

 「 放射性物質は、金よりさらに高次元の星の周
  波数にアクセスするので、我々は
人間をそその
  かして不安定元素の実験をさせた。

   仕組みを理解したかったのだ。しかし、君達
  が自爆寸前になっているわけだから、あれは過
  ちだったに違いない。

   どう援助すれば、君たちが自分自身にストッ
  プをかける決心をするか
、誰にもわからない。

   放射性物質を変換する方法をみつけるまでは、
  採掘も生産もことごとく中止するべきである

    このアヌにも結果は分からない。結果を創造
  するのは君達である。
私が全てを知っている、
  などという考えは克服すべきだ。
  
   人間は自分でも確信のないまま行動するよう
  に仕向けられて来たので、手のつけられない状
  態になってしまった。

   君達は、そのエネルギーに対する、深い自動
  的な反応に麻痺させられてい
のだ。」

   
(バーバラ・ハンド・クロウ『プレアデス 銀河の夜明け』
《太陽出版(高橋裕子・邦訳)》より転載)


 最初に、我々人間にウラニウムを採掘するよう仕向け
たのは、アヌンナキ達でした。そしてそれを維持させる
ための巧妙なシステム
を作りました。

 しかし、アヌンナキ達は、それによって、感覚を持つ非
金属的な肉体になるという、自分達の望みはかなえ
られないことを知ったのです。

  しかし、アヌンナキの意思の転向にも関わらず、彼
らの生み出した「世界統制チーム」は、今までの支配
体制に浸りきって
しまいました。

 もはや抑制が利かなくなった彼らの暴走を、もはや
アヌンナキでさえ、止めることができなくなってしまって
いるのではないかと小生は感じます。

 ★ STOP世界統制チーム

 そして、それを止められるとすれば、それは我々自身
が、親地球的な意識に目覚め、今までの慣習的な反
応から抜け出す
ことにあると思います。

 それは、自分たちが取るべき行動を「政府が決めて
くれる」「リーダーが決めてくれる」
という他力本願的
な生活様式を改めることです。

 我々が既存の権力に依存する態度を続ける限りは、
世界統制チームは、たとえ自らも破滅の道へ進もうと
も、最後まで今までの甘い生活から抜け出ることは考え
ないでしょう。

 しかし彼等はほんの一握りの存在であり、我々の大
多数が、明確に「NO!」という意思を示して、 言いな
りになることをやめれば何もできません。

 まず、普段我々が当然のように思っていること
少し考え直してみましょう。例えばこんなことです。

 ● 何故我々は「銀行」からの借金に、銀行の言
  うなりの「利子」をつけて返さなくてはならな
  いのか。
 ● 何故、政府自身や自治体が「紙幣」を発行で
  きないのか。
 ● 何故、日本銀行の株主に一部の民間人が匿
  名のまま参加でき、配当まで得られるのか。
 ● 何故、電力会社が送電権を独占しているのか。
  また、何故民間会社なのに利益が保証されて
  いるのか。
 ● 何故、学校では政府の指定した教科書しか使
  用できないのか。
 ● 何故、我々自身に税制度年金制度を検討
  する機会が与えられないのか。
 ● 何故、宗教法人だけが非課税とされるのか。
 ● 何故、日本は高い費用を負担してまで、米軍
  の基地
を維持しなければならないのか。
 ● 民間企業である新聞社報道機関が、本当に
  中立的な報道を貫けるのか。

 
 等々…。よく考えてみれば、そうである必然性はない
のです。

 そして、それらのひとつ一つを、当然のこととして積み
重ねた上に、世界統制チームの楼閣がそびえている
ことが見えてくるはずです。

 「世界統制チームの呪縛から抜け出して宇宙の
意思と繋がること」
こそ、プレアデスのサティアがバ
ーバラを通じて伝えてきた「アセンション」でした。

 それは一部のチャネラーが言うような「世界統制チ
ームの暴走に全く無関心で過ごす」ことではない
と小生は考えます。

 「彼等の計略によって『アセンション』の機会を
失う人達は放って置けばよい」
というのでは、あま
りにも自己中心的な考えのように感じます。

 現に今回の原発事故では、居住地によって放射能
に汚染される程度が左右されてしまいます。世界統
制チームは「子どもも20ミリベクレルまでは耐え
て学校へ行くように」
と言い放ちます。

 それでも「心穏やかにしていれば」、アセンショ
ンの際の身体的な差は全く生じないのでしょうか

それが「運命だ」などというのは残酷過ぎます。

 何故、名だたるアセンション・リーダーの人達が、
そのことに対して異議を申し立てを呼びかけたりし
ないのでしょう


 少なくとも、放射能を受けない方がよいと考えるの
であれば、是非とも異議行動を呼びかけてくださ
い。
それが、大きな影響力を持つアセンション・リ
ーダーとしての義務
ではないかと小生は考えます。

(逆にもし、「放射能など全く心配がない」という
確信があるのなら、皆を安心させるべく、真っ先
現地に出向いて実証するべきです。)

 さて、次回第九十八夜は、もうひとつのアヌの
指摘である、新しい錬金術についての話から始
めます。

( 追伸 )  こんな元素はいらない
 
縮放射  原子番号666 ナカソニウム
 性質 国海中では、特定の属性を持
  たず、性質を変えてあらゆる権力と
  結合する。

    また一度結合すると容易に分解せ
   ず、 結合相手とともに腐り続けて
  ゆく。

  反原発物には激しく反応し、政界表面
     に出て崩壊熱を発し、国家を崩壊させる。
 同族 利権族でショウリキウムに近い性質を持つが、表面
  上は自然保護等の親自然族のような振る舞いをすること
  がある。
 放射線種 自らは引退せんお詫びせん反省せん
 半減期 非常にしぶとく、通常の元素よりかなり長いと推測
  される。

目次のペーシへはこちらから
 

関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
272位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
54位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line