FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(93) 23.4.16

トンデモ話は奥で繋がる 「第九十三夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪隠された代替エネルギー ①≫
  
 ★ 火力・水力の余力
 
 第二十六夜で、電力会社が盛んに喧伝してきた、
力不足の状態
になるのは、電力消費量がピークである、
真夏のたった20時間であるとお話しました。

 つまり、全国各地が真夏日を記録した「快晴」の日、
昼休み後工場が生産を開始し、家庭ではクーラー
利かせて「高校野球」を観戦
している間だけです。

 これだけであれば、少しの節電さえすれば十分でした
が、福島原発の廃炉により、不足する時期がもう少し
増えると懸念される方がいるかも知れません。

 しかし、この「不足量計算」にはさらにトリックがありま
す。そもそも算出の基礎となっている「火力」や「水力」
の稼働率は目一杯ではない
のです。

 第八十九夜で紹介した『新・知ってはいけない!?』
の中で、船瀬氏は原発のウソについて、次のような事実
を指摘しています。

 下のグラフが示すように、金づるである「原子力発電」
の登場以来、他のエネルギーでの発電力は「火力」
や約5割、「水力」に至っては2割
に落ちています。

縮原発ウソ 
(船越俊介『新・知ってはいけない!?』p201《徳間書店)》より転載  

 つまり、「簡単には止められない原子力」の稼動を
優先させるために、無理やり休止させているのです。
(しかも、深夜は電力が余ってしまいます。)

 実際、2003年の夏、当の東京電力は、原発を1
基も稼動せずに
、停電無しに電力を供給した実績さえ
あるのです。

 また、今回混乱を招いただけの「計画停電」も、夏
にも実施しなくて済むとの見通しが出たとおり、結局
「原発不要論」をかわす手段として喧伝されたことは
明らかです。

 ★ 封印されたエネルギー達

 とは言え、環境保全のためには、「水力」や「火力」に
替わる代替エメルギーの開発が望ましいのは確かで
す。

 ただし、「危険な原子力」が一番手であると思わせ
るために、本来の「安全な有力候補」が次々と封印さ
れているのです。

 まずは地熱発電についてみてみましょう。地中の
マグマからのエネルギーで、発電タービンを回すもの
で、永遠に燃料費はタダです。

 地熱で噴きだす水蒸気で直接タービンを回すものか
ら、熱水を使うもの、注水して地熱で水蒸気を作るも
のなどさまざまな方法があります。

 実はこの分野では、東芝、富士電機、三菱重工
3社が世界シェアの多くを占め、日系企業の独壇場
となっているのです。

 1904年、いち早く導入したイタリアでは、1990年
で既に、1キロワット時当りで3~5円という低コスト
を実現しています。

 原子力では、「廃棄コスト」を度外視した、見せかけ
の公証コストでも1キロワット時当りで9円ですから、
3分の1弱しかかかりません。

 規模としても充分で、福島県にある柳津西山地熱
発電所
などは、太陽光発電パネル90ヘクタール分の
発電能力があり、およそ10万世帯に相当する電力が
まかなえます。

 御存じのとおり、日本は火山国ですので発熱源は豊
富です。環境学者のレスター・ブラウン氏は、平成
20年6月の東京新聞紙面で、「地熱発電だけで日本
のほぼ全電力をまかなえる
」とコメントしています。

縮日本地熱 
(船越俊介『新・知ってはいけない!?』p197《徳間書店)》より転載

 しかし、現実には日本国内にある地熱発電所は18
ヶ所
にとどまり、全発電量の0.2%にとどまってい
ます。この落差は何なのでしょう。

 ★ ネガティブ・プロジェクト 

 実は、この裏には「ネガティブ・プロジェクト」と揶
揄される、「推進実験」の隠れ蓑を着た「普及させな
いための研究開発
」が関係しています。

 つまり、研究はさせるものの、
 ① 探査に手間をかける。
 ② 調査から運転まで20年もの期間を費やす。
 ③ 機械や技術に馬鹿高いコストをかける。

 手法を用いて、既に30年も前に低コストが実証され
た発電システムにも関わらず、容易に普及させない
ようにしているわけです。

 さらに、耳を疑うような話があります。地熱発電が遅
々として進まない言い訳として、政府が上げている理
由は次のようなものです。

 「 地熱資源(熱水層)の8割が、開発が難しい
  立公園
にあり、加えて温泉業者からの強い反
  対もあって計画がとん挫している」

 決して「地形的に難しい」と言っている訳ではなく、
「国立公園」だから開発ができないとのたまっている
のです。

 「原子力発電」では、地元住民の強い反対があろう
と、懐柔策で押し切ってしまうのに、むしろ国の所有
地であれば、部分的利用に何の抵抗もないはずです

 しかもこうした所が全体の8割もあるのなら、国の電
力の大部分が「地熱発電」でまかなえることになります。

 つまり、本当に困るのは「原子力利権者」だけなの
です。そして、まさにこの事実こそが、クリーンエネルギ
ーの推進を妨げている唯一の原因なのです。

 同じように、他の有力な代替エネルギーについても、
こうしたネガティブ・プロジェクトによって一つひとつ妨
害されている
のです。

第九十四夜は、今回の福島原発事故で、救世主的活
躍を見せている「風力発電」から入ります。


( 追伸 )
 
 中曽根君、君にも愛国心があるこ
とを信じている!

目次のペーシへはこちらから
 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧