FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(6) 22.1.28

トンデモ話は奥で繋がる 「第六夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。
≪何故か姿を見せたジブリール≫

★ ユダヤ教徒は再び流浪の民へ


 キリスト教に「三位一体」の教義が定着するまでの間に、ユダヤ属州
は、ローマ帝国との間に2度の戦争を起し、2度にわたってエルサレムの
陥落の憂き目をみます。135年、2度目の戦争の終結痔には、ローマの完
全な植民地となり、以後、ユダヤ人の入市は「死刑」をもって禁止され
ます。以後、1948年「イスラエル共和国」独立までの約1800年間、彼ら
は「ディアスポラ(祖国なき民)」となり、エジプト、小アジア及び南ヨ
ーロッパへと離散していきました。
 追い討ちをかけるように、392年には、キリスト教がローマ国教とされ、
彼らは「異端の徒」として迫害を受けることとなります。そして、皮肉に
も、彼らの「原始ユダヤ教」の精神は「ムハンマド」の出現により、現在
の宿敵「イスラム教」に引き継がれてゆくのです。

 ★ 新たなる預言者「ムハンマド」 

 570年、サウジアラビアのメッカ市、クライッシュ族の名門の子として
生まれた「ムハンマド」は、早くに両親を亡くし、祖父の手で温厚誠実
な若者に育ちます。
 そんな彼も、30代半ばには「人生の意味むに思い悩むようになり、時
折「瞑想」にふけるようになります。
 40歳となったある日、瞑想中の彼を異様な霊的衝撃が襲い、天使『
ブリール
(他の二教における「ガブリエル」)』が忽然と現れ、『神』の
預言者となることを求めます。
 一度目は"悪魔の仕業"であると退けた彼でしたが、2年後に再び霊感
を受け、『神』の啓示を聞きます。それから23年間、『ジブリール』は
ムハンマドの元を度々訪れ、『神』の啓示を全て授けていきます。これ
が全編114章からなる『クルアーン』でした。

 ★ 『ジブリール』とは何者か
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ イスラム教の故郷は、太祖「ア
※ 第Ⅰ天 太祖アブラハム   ※  ブラハム」の『神』との最初の契
※ 第Ⅱ天 モーセ         ※ 約に遡ります。彼らの聖典である
※ 第Ⅲ天 アロン         ※  『クルアーン』には、『旧約聖書』
※ 第Ⅳ天 イドリス(エノク)   ※ 及び『新約聖書』の伝承事項が、
※ 第Ⅴ天 ユースフ       ※ そのまま伝えられている部分が数
※ 第Ⅵ天 イエス・聖ヨハネ   ※ 多くあり、「ムハンマド」以前の
※ 第Ⅶ天 天使          ※ 預言者たちが、彼らの『七つの天』
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※ を司っているとされます。そのうち、
最下層の天を司っているのが「天使たち」で、その最高位に位置するのが
『ジブリール』です。実は、彼(?)が、小生には重要なポイントとではない
かと思っています。

 以前の二教においては、彼らの上に立つ存在は、決して『姿』を見せま
せんでした。イスラム教においても、唯一絶対神の"アッラー"は決して姿
を見せませんが、『ジブリール』については、少なくとも"目に見える"存
在として現れています。

 しかも、初めて見た際には「ムハンマド」は「悪魔」だと思うほどの容
姿だったわけです。ウィキペディアによれば、伝説上の姿も、「緑色の翼
と濃い黄色の髪を持ち、足も黄色で、両目の間には太陽が埋め込まれてい
た」とあります。

 「緑色の翼」…よく天使として描かれる白い羽ではないですね。
 「足も黄色」…あえて述べているところをみると、少なくとも顔の色と
       は違うのでしょう
 「両目の間の太陽」…ひょっとして「第三の目」では?)

総合的にみると「翼竜」のような感じにも見えてきます。「人間とは違う
偉大なもの」として描いているとしても、少々奇怪です。このようなマイ
ナスイメージになるようなことが、あえて伝説として残されているという
ことは、恐らくそのままを形容したものと思われます。(ひょっとすると
『神』の一員かも知れない…などと思うのは小生だけでしょうか。)

 ともかく、こうした姿をした知的存在が、「アブラハム」の『神』の手
助けをしていたことが伝承されているわけです。

 さて、次回第七夜は、「イスラム教」の教えについて書く予定です。
目次のペーシへはこちらから 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
46位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧