FC2ブログ
   
08
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(59) 20.11.21

トンデモ話は奥で繋がる 「第五十九夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪12人の不仲な神々≫

 ★ 天と地の間の神々
 
 シッチンは、シュメールの神々「天に属する神々」「地(球)に属する
神々」
及び「天と地の神々」
の3つの種別に分けられると言います。

 「天に属する神々」は、地球が創られる前に存在した神々で、この種の神々
は地球上に現れてはしません。彼は、これらの神々は我々の太陽系を構成す
天体のことを指していると推定しています。

 「地に属する神々」は、大部分が特定の地方の都市で崇拝された神々で、
例えば「ビールの淑女」と呼ばれる女神ニン・シカは、飲物を管理するという制
限された責任を持った神々です。

 そして「天と地の神々」は両者の中間に位置し、シュメール人の信ずるとこ
ろでは、天から地へ降りてきた「古代の神々」であり、局地的ではなく、 全地
球的な神々
です。

 シュメールの神話の中では、彼等は人間の能力や理解をを超えた、並外れ
た力をもって描かれ、これらの神々による計画的、創造的な企の結果に
より、人類が発生したものとしています。

 また彼等は、容姿が人間に似ているだけでなく、飲食をし、恋に落ち、憎しみ
合い、忠実と不貞を繰り返すといった、あらゆる人間的な感情を持っていまし
た。

 彼等は特定の役割と階層的な地位を持ちながら、地上での優れた位置と、
尊敬を集めました。ただ、彼等はお互いに一つの家系(?)から生まれた親
族でありながら、互いの仲は悪く、しばしば紛争を起こしています。

 ★ 神々の階位

 「天と地の神々」の頭首「アン」(バビロニア、アッシリアの文書では「アヌ」)
で、その住まいと王座は天にあったとされます。他の神々は、彼に忠告や頼み
ごとをするために、しばしば彼の元へ参上しています。

 最高位の神々は12人で、シュメールの文書では5の倍数による数字で地位
を表していました。頭首「アン」は「60」で、以下男神は末尾が「0」、女神は末尾
が「5」で表されています。

 60(男)…「アン(アヌ)」   神々の王。天神。
 55(女)…「アンツ」     アンの配偶者

 50(男)…エンリル」     アンの息子。地神。
 45(女)…「ニンニル」     エンリルの公式の配偶者

 40(男)…「エンキ(エア)」   アンの息子。水神。知恵の神。
 35(女)…「ニンキ(ダムキア)」 エンキの配偶者。

 30(男)…ナンナル(シン)」   エンリルの息子。月神。
 25(女)…「ニンガル」       ナンナルの配偶者。 

 20(男)…ウツ(シャマシュ)」   ナンナルの息子。太陽神。
 
 15(女)…イナンナ(イシュタル)」 ナンナルの娘。金星神。愛の神。

 10(男)…「イシュクル(アダト)」 エンリルの息子。

  5(女)…ニンフルサグ」   アンの娘。看護・医療の神。
縮神系図

(徳間書店『人類を創成した宇宙人』 口絵より転載)

 ★ 王位の継承争い

 男神の階層的な順位は「初男子継承」のような形になっていました「アン」
には「エンリル」「エンキ」の二人の息子がおり、形の上では「エンリル」が
初子
なのですが、どうもすっきりとはしていないようです。

 「エンキ」の自叙伝によれば「自分が初男子であるのに、くじ引きのような形
でエンリルの後にされ、エンリルに地の支配権をとられた」と言っているようなの
です。或いは彼は妾の女神の子であったのかも知れません。

 「エンキ」は順位的には3番目ですが「エンリル」に初男子「ナンナル」が誕
生した時点で王位の継承はできなくなりました。当初は、何とか順位を覆そうとし
た彼でしたが、目標を彼の息子の王位継承に切り替えます。

 そのためにはアンの娘である「ニンフルサグ」の血が必要でした。順位からわ
かるように、彼女は明らかにアンの正妻アンツの子ではありません。一方で「エ
ンリル」
の正妻「ニンニル」は、婚姻前は奴隷的身分の娘だったのです。

 つまり「エンキ」が「アンの娘」との子を設ければ、順位は「ナンナル」より上と
なるのです。 しかし、結果的に生まれたのは「女神」でした。その後「エンキ」
自分の娘や孫娘との子も設けますが、全て女神となります。
(ウィキペディアの「ニンフルサグ」の項目も参照してください。)

 しかし、その間にライバルの「エンリル」「ニンフルサグ」との間に男神「ニ
ンウルタ」
を設けます。この時点で、「エンキ」の暴走的な努力は無意味となり
ました。つまり、

 50継承者(男)…「ニンウルタ」   エンリルの息子。

 となった訳です。ところが、彼の継承を力づくで奪うものが現れます。

 ★ 邪悪なるズウの正体

 その出来事の記述は、正体不明の「ズウ」が「エンリル」の神殿に現れるとこ
ろから唐突に始まっています。しかし相当な身分の者らしく「エンリル」は歓
迎するばかりか、沐浴中の廟の入口の警護を彼に一任します。

 「エンリル」はその権力の所有の根源である「運命の平板」を含む一切のも
のを手放していました「ズウ」はすばやくその一式を奪うと、彼の隠れ家へ持
ち去ってしまいます。

 急遽、対策の検討のため神々が集められます。「運命の平板」を手にした「ズ
ウ」
「エンリル」の持っていた能力を身につけており、うかつに近づけば粘
土のようにされてしまうのです。

 その際「エンキ」「ニンウルタ」にこの戦いを引き受けてもらうよう提案しま
す。神々は「エンキ」の策略を見抜いて躊躇します「ニンウルタ」がもし倒され
れは、その利益を得るのは「エンキ」の子だからです。

 しかし母である「ニンフルサグ」「ズウ」「ニンウルタ」の王位継承権を
脅かす者とみなし、妙策を与えて「ニンウルタ」を戦いの場に送り出します。そ
の結果「ニンウルタ」は勝利し、「運命の平板」を取り戻しています。

 シッチンは、さまざまな経緯から「ズウ」は「エンリル」の初子「ナンナル」
ったのではないかと推定しています。彼こそ異母兄弟に「エンリル」の正式な
位継承権を失った当人
であるからです。

 そうであれば「エンリル」が油断していたのも当然でしょうし「ニンフルサグ」
が敢えて危険な戦いに息子を送り出した理由も「ニンウルタ」の継承のライバ
ルである「ナンナル」が相手であれば、納得がゆきます。

 お互いの階位を巡った争いや策略…まるで古代日本の天皇家の皇位争いを
見ているようです。また、現代の権力層の人間のレベルとちっとも変わらず、その
意味ではきわめて現実味を帯びています。

 次回第六十夜は、彼等が地球にやって来た様子についての話へと続きます。


目次のペーシへはこちらから
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧