FC2ブログ
   
08
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(4) 22.1.23

トンデモ話は奥で繋がる 「第四夜 」
ー弟子のクッテネルがお送りします。
≪イエスの『神』VS アブラハムの『神』≫

★ 「イエス」の説いた『神』 

 「イエス」の布教活動については、主要な4つの
福音書(マタイ、マルコ、
ルカ、ヨハネによる各福音書)や外伝的なものがいくつかあるが、どれも
完全には一致していない。従って、伝道者の意図が加わっている可能性も
否めないが、とりあえず広く一般に知られている伝承等から、彼の説いた
『神』と「アブラハム」の『神』の違いについて見てみますと…

 ① 絶対服従の形をとっていない。

  「イエス」は洗礼を受けたあと、自らの中に『聖霊』の宿ったのを感
 じ、その導きによって荒野へと赴き、『悪魔』との対峙の末、これを退
 けます。『神』に試されている感じは残りますが、選択の自由はあり、
 アブラハム」の時のような「服従」と引き換えの「契約」ではありませ
 ん。(むしろ、『悪魔』の誘惑の方がギフ&テイク的ですよね。)

② 現世での地位や富を約束するものでない。

   ルカの福音書の第6章は「イエス」の言葉としてこう記しています。

  「貧しい人たちは、幸いだ。 神の国はあなたがたのものである。
   飢えている人たちは、幸いだ。飽き足りるようになるからである。
  泣いている人たちは、幸いだ。笑うようになるからである。
  (…中略…)
   富んでいる人たちは、災いだ。慰めを受けてしまっているからである。
   満腹している人たちは、災いだ。飢えるようになるからである。
   笑っている人たちは、災いだ。悲しみ泣くようになるからである。」


これを、「第二夜」の『創世記』の神の言葉と比べてみてください。彼の
 説く『神』は、現世での物量的な幸せではなく、幸せを感じられる心を持
 つことを祝福しています。

 ③ 命を懸けた試練を、そのままの形で受けさせている。
  
  「アブラハム」の『神』は彼の信仰心を試そうと、彼の子であるイサク
 を『神』への生贄とするよう命じます。アブラハムがイサクを屠ろうとす
 るのを見届けた上で、『神』はそれを制止しています。
  しかし、「イエス」の十字架刑については、そのまま売れさせています。
 もっとも、次に述べるように「復活」するものとわかっていたのかも知れ
 ませんが、少なくともそれを見た民衆は、その違いを目の当たりにします。

 以上のように、この二つの『神』は、信仰する者達への、現世での処し方
がかなり違っており、「別々のやり方で接した」と言うには少々無理がある
ように思えます。

 ★ 「イエス」自身も、違う『神』だと感じていたのではないか

 それならば、「イエス」自身はどうだったのでしょう。確かに彼は、過去
の預言者の言葉を用いて、『律法』の『神』の意思を語っていました。しか
しその『神』を意識していたならば、「第三夜」で述べたような、「自身を
『特別な者』扱いしているという口実を与える」ような説き方を、あえて選
ぶ必要性はなかったのではないかと思います。
 「イエス」は、直接的には言えないものの、「自分の説いている神は、別
の存在であり、それは自分の言葉に従わない限り見えてこないのだ」と悟る
ことを望んでいたのだとすれば、この行動の必要性が見えてきます。

 ★ 『復活』のインパクト

 さて、「イエス」に付き従っていた使徒たちも、結局は彼の十字架刑を、
見て見ぬふりでバラバラになってしまいます。そんな弱気な彼らに、殉教
者として命を賭す意志を起こさせたものこそ、「イエス」の『復活』です。
 まさに新約聖書の「トンデモ度第一位」と言うべき軌跡ですが、数々の
トンデモ話は頑として受け入れなくても、「これだけは真実だ」と言うキ
リスト教信者が数多く(いや、教義的には全員信ずべきかもしれません!)
存在するわけです。
 日本にも、かの安部清明が泰山府君の術で生き返ったという話もありま
すが、自ら復活したとすればそれを超えるものです。
 (俗説には「イエスには、瓜二つの弟がいて、彼が身代わりとなった」と
いうものもありますが、最後にこんなトリックを使ったとは、考えたくない
ところですが…。)
しかし、使徒達の豹変ぶりを考えると、やはり何らかの形で、「イエス」
が彼らの前に再来したことは確かではないかと思います。例えば、かなり
はっきりとした「霊」であった可能性もあります。そうでなければ、彼ら
がこれほど熱心に「キリスト教」を広めていくことはなかったと思います。

 さて、第五夜は、「三位一体」とその後のキリスト教から入ってゆこう
と思います。

目次のペーシへはこちらから 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧