fc2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
26
27
28
29
   

ブドウの瓶詰め覚書 1ブドウジュース

ブドウがいっぱい実り、消費が追いつきません。
1 ブドウジュース
2 ブドウソース
3 ブドウジャム
4 ブドウコンフィチュール
5 ブドウの水煮。{薄いシロップ漬け}

以上を作りました。

1ブドウジュースは8/10前後に作りました。
二つの作業方法でやりました。
一つは、農協のやり方を参考に、生のブドウジュースを搾り、そのまま瓶詰めし、きつく瓶の蓋を閉め、水から45分煮つづけると言うものでしたが、ジューサーで葡萄を搾ったら、泡がすごく出るし、ジューサーのカスとりも何度でもで大変です。
その後苦労してなんとか泡をある程度とって鍋に瓶を転がして煮ました、すると瓶の中でまたも泡がいっぱい出ます。
おまけに一つ瓶の蓋が緩くなっていて、水が入ってしまったと思います。これは労多くして、得るところ微小だと言う感じで、疲れました。

その後、今度は手で葡萄を搾り、その汁を沸騰させたあと、煮沸消毒した瓶に入れ、何分か煮ました。こんどは前よりマシでしたが、どうしても泡のようなものが、ジュースに入りました。
こんなに泡があっては失敗です。飲めないかもしれません
IMG_0000 15

このやり方はだめだ。ということで、煮た手絞りジュースを瓶詰めすることとしました。
瓶の殺菌処理
IMG_0002 7

手で葡萄を潰し搾ります。詰める前に、何分か煮ます。その際出た泡や粕は漉しとります。
IMG_0004 5IMG_0000 14

瓶に詰めて、熱湯でまたも殺菌、滅菌
IMG_0001 10IMG_0003 6

なんとか保存できそうです。
しかしこんなことでは山のようなぶどう全ては一向に減りません。
次は、ジャムです。

関連記事
Secret

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
48位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト