FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

きつね、むじな

狐やむじなが化けてでたという話は、昔の人にとってはおなじみだったようです。
現代では野生の狐そのものがいないですから、狐がばけるだなんて、考えられないことと思えます。

昔の人の想像だろうと、考えるのが普通です。

しかし、柳田國男の-遠野物語-を読んでみると、きつね、むじななどに化かされたりすることが多くでています。

ある村では、家の主人が死んでから、その霊らしきものが毎晩女房のところに出てくる。窓の外で、女房に、
「一緒に行こう」と言う。あまりにそれが続いたので、家族が怪しく思い、そっと家の裏に廻り、見てみると、大きな狐が、窓にぴたっと身をよせている。ふいにそいつを斧で叩き殺したら、それからは亡くなった主人は来なくなった。

死んだ人に狐が化けていたのでしょうか?狐は、けだもののきつねだったのでしょうか?それとも、なにかのエネルギー体がきつねの格好に見えたのでしょうか?

動物園にいる-狐-は特別の変化の才能をもっているような感じはしません。
狐ににたような何者かがいたのでしょうか。

昔話を見ると、リアルな化け狐の話が多くあります。
今の時代からは考えられないですが、本当にあったのだろうと、思ってしまいます。

関連記事

theme : つぶやき。
genre :

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
46位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧