FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(45) 22.9.1

トンデモ話は奥で繋がる 「第四十五夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪UFO、かくあるべし?≫

 ★ UFOに関するお馴染みのバトル

 さて、皆さんは、UFOについてどんなイメージをお持ちでしょうか。まず大きく
2通りの人達に分かれると思います。いわゆるUFO肯定論者UFO否定論
で、昔からテレビのバトル番組の格好のネタにされてきました。

 否定論者の主張は、概ね次のようなものにまとめられます。

 ① 我々の太陽系には、地球以外に知的生物の存在する惑星は知られておら
  ず、万一別の太陽系のどこかに生命体が居たとしても、物理的に自由に訪
  問できる距離にあるとは思われない


 ② UFO現象の多くは、単なる流星や飛行機等の見間違である場合が多く、
  それ以外についても、他の物理現象によって説明がつくものである。

 ③ UFOの乗組員、もしくは宇宙人との遭遇例には「地球外からの訪問」を示す
  確実な証拠に乏しく、しばしば、地球上にありふれた物品を残す。

 ④ コンタクトの際、遭遇者の理解できる言語で話をするなど、不自然な点が
  多い。 また、大災害などの予言的なメッセージの多くは実現していない

 一方で、いわゆる「ニューエイジ」のスピリチュアリズムの多くは、地球外生命
体の存在を前提
にしています。彼等が肉体を持って「UFOで飛来する」かどうか
はまちまちですが、メッセージの送信者であるシリウス人、プレアデス人、クラリ
オン星人
…等々の存在無くしては成り立ちません。 

 しかしながら、UFOの目撃者や宇宙人とのコンタクトの体験例は次々と増えてゆ
くものの、なかなか目に見えるような形での実証が出来ないのが現状で、肯定論
者のちょっとした体験例の矛盾が出るたびに、否定論者から集中砲火を浴びるの
が常です。

 それでも、肯定論者達の強い味方となっているのが、世界7不思議に代表される
超古代建造物や、世界各地に残されているオーパーツでしょう。それらは、我々の
祖先の技術水準を超える存在の関与無しでは、作成が極めて難しいものばかり
です。

 ウィキペディアの記述では、何世代もの時間をかければ古代人でも作成可能であ
るとか、近代の加工の痕跡があるなど、中立的な記述となっていますが、グラハム・
ハンコックの『神々の指紋』等で指摘されているとおり、現代の我々の技術水準を
しても建造不可能なもの
がいつくも存在するのです。

 無論、それが宇宙人の手によるものではなく、かつての地球人が我々を超える
技術水準を持っていた可能性
もあります。しかしそれならば、彼等自身の科学力
で「第2の地球」へ飛び立ち、「宇宙人」となった可能性もありますし、地球外から
飛来した宇宙人が「地球人」となった可能性もゼロではないわけです。

 ★ UFOとその乗組員のあるべき?姿 

 そんな中で、こうした「否定論者」と「肯定論者」とのバトルを、別の角度から眺め
ている人達
がいます。彼等の主眼は、この議論の決着をつけることではなく、むし
ろ、事実としては「どちらも正しい」が故に、どらちも真実を見誤っていのではな
いかというものです。

 私たちは、一般にUFOと言えば、肯定・否定の別を問わず、我々の知らない未知
の物質
を元に、未知の動力源を推進力とする、我々の科学技術をはるかに超えた
スーパーテクノロジーの塊のような機械であると決め込んでいる人達が大半です。

 また、その乗組員である宇宙人は、継ぎ目のない揃いのボディースーツに身を
包み、我々の抵抗を一瞬で封じ込めてしまうような武器を携えて、淡々と目的を
果たした後、高尚なメッセージを残して去ってゆく姿を想像しています。

 これら「あるべき姿」の多くは、興行的で大衆受けのする、主流のSF映画に描か
れてきたイメージ
に過ぎないのですが、いつの間にか我々の共通のビジョンとして
すり込まれており、それからかけ離れたものに対しては「違和感」を持ちます。

 しかしながら、現実にUFOや宇宙人に遭遇してしまった人達の報告例には、この
ビジョンからかけ離れてしまうもが数多くあります。彼らがその「事実」を真剣に
語れば語る程、一般的な人達はおろか、UFO肯定論者からも白眼視されることに
なります。

 ★ もし、こんな乗組員に遭遇したら

 その辺りの、UFO肯定論者のこだわりについて、UFO研究の第一人者である
ョン・A・キール
は、そうした事態について、動物学者にして超常現象研究家のアイ
ヴァン・T・サンダーソン
が述べた言葉を紹介しています。

  我が地球からの宇宙調査船の乗組員が、
   もし①中年のブッシュマンの女だったり、
     ②黒色に近い肌に純白の民族衣装を着て頭にターバンを巻いたナイジ
      ェリア人
だったり、
     ③プロンドの健康美したたるスウェーデン娘だったり、
     ④豊かな赤い頭髪をもじゃもじゃ伸ばした青黒い肌のメラネシア人
      ったり、
     ⑤日本のかわいい児童だったり、
     ⑥つやのよい黒髪をウェーブさせた、象牙のような肌のナポリ人だったり
  したら、他のどこかの惑星でいったい何が起こるか、想像してみられるとよい。

   その惑星の住民がいささかでも知的であったら、ほとんどヒステリーじみた興
  奮状態に陥り、いままで述べたような連中が宇宙用乗物から降りて、植物や家畜
  などを採取しているところに出会ったなどと主張する連中を、そこの官憲が直ち
  に監禁してしまうだろう
 
   この6つのタイプのうちのわずか1つか2つが、宇宙船に乗り組んでいるとこ
  ろを目撃
されたなら、事態はいよいよもって混乱して来る。

   そして、これらのタイプのただ1つだけでも、同時に異なる場所で異なる人々
  によって目撃されたなら、目撃者たちの間で、誰が真実を語り、誰が妄想を逞し
  くしているのか
という議論が沸騰して、流血を見るに至る可能性も強い。
   
   この状態がとりも直さず、我々(地球人)が現在おかれている状態なのである。
   《ジョン・A・キール著「不思議現象ファイル」ポーダーランド文庫
    p216-217より引用》


 一方で、こうしたタイプの目撃者となり、自分の目で見た筈の事実を誰からも信用
されず、やがてその体験を心理的に封印してしまった不幸な人達の例は、特にこの
100年間で、急激に増えていきました。
 縮濱田
    一体、彼らの体験は何だったのか…。この奇妙な問題にスポット
を当てる人物が日本にもいます。1998年の6月に『彼らはあまり
にも知りすぎた』
と題されたいうハードカバー本が三五館から出版
されました。

 著者は1969年生まれの濱田政彦。当時はまだ31歳の若者でし
た。幼少期からギリシア神話に惹かれ、古代史とキリスト教の関
を解くことをライフワークとしようと、3年間のサラリーマン生活の後、
大学院に進み、古代ギリシア哲学を専攻しつつ、グノーシス思想等
の研究もしているというユニークな哲学者です。 

 当時の小生は、UFO現象は"それそのもの"として、単発的な興味しか持っていな
かったのですが、彼の分析に触れるにつれ、どうもイマイチ納得できなかった、その
他の単発的な疑問
が、ひとつひとつパズルのように繋がってゆくのです。

 次回第四十六夜から、その彼の著書の内容に入ってゆきます。


目次のペーシへはこちらから
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
151位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
46位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧