FC2ブログ
   
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

帽子を作っていて、思ったこと

帽子を先週作りました。作ってみて感じたことがあります。それはものの見方ということです。私はこのような立体のものをあんまり作ったことがなかったので今まで気づかなかったのです。でも、帽子を作ると立体というものを正確に自分は見ていたのか❓見ていたとしても全てを見ていたか❓なんてミシンを動かしながら思ったのです。

帽子はおでこがわと後頭部側、左右の側と四面があり、それを上から見た形と下から見た形があります。どれも形は違います。その上、それは帽子の外見とも言える外側でその内側があります。それが裏側となるのですが、そのまた表地の裏側に裏地がつき、その裏地にも裏があります。しかし、全てをいっぺんに見ることはできません。前からみると前面の表地の形が見え、裏返すとてっぺんに向かって裏地が見えます。後ろから見ると前側は見えないし、普通はひっくり返しても表地と裏地のくっついている両方の裏側は見えません。でもあるのです。

私は帽子の表裏前後左右、上下、をみて、帽子は全体で帽子である。横から帽子らしい姿を見て帽子だと我々は認識するが、例えばそれをひっくり返しウラ生地の後頭部側だけみて帽子だと思えるだろうか❓ただの薄い布が縫い合わされたチンケなものだと思う人もいるかもしれない。

やや、待てよ。もしかして、私もこのような見方をしていたかもしれないぞ。帽子なのに、目立たないその一部分だけ見て「何これ。何にも役に立たない」と思っていなかったか❓
現実世界で存在している帽子みたいなありふれたものでも、見方によっては帽子と見ることができないことがよくあるのでは❓なんて思ったのです。本当はちゃんとした人なのに、みんなの見やすいところではその能力を出してなかった人が軽んじられ、軽く扱われるなんてこと、あるのでは❓なんて帽子を見ていて思いました。

かつての自分や友達もそうですが、もしかしたら、先生たちも自分たちもが決まりきった一定の見方しかしてなかったから、劣等生だったかもしれないなんて思ったりしました。いろんな角度から物事は見ることができるのに、私たち人間はその一部しか見てないのかもしれません。それよりも本当は人間はどんな角度からもいっぺんに物事を見ることができるかもしれないけど、物質的な観念に囚われ、帽子ひとつ、子供一人、まともに見えてないのが現状なのでしょう。
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
18位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
12位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト