FC2ブログ
   
08
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(43) 22.8.14

 トンデモ話は奥で繋がる 「第四十三夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪聖書のユダヤとその仮面をつけた者たち≫

 ★ 敵か味方か 

 ロスチャイルドロックフェラーが、「対立」する勢力なのか「共謀」する仲間
なのかについては、色々な説がありますが、本当のところは"当人のみぞ知る"
のでしょう。いや、ひょっとすると、当人達も互いの本心が掴み切れないのかも知
りません。
縮宇野正美  よく、ロスチャイルド財閥は英国の「ユダヤ・シオニスト系
で、対するロックフェラーはアメリカの保守層を代表する「キリ
スト教・アングロ・サクソン系
」なので、両陣営のそれぞれに
組する企業同志が、相対する陣営を作っているとされています。

 しかしこの色分け自体、問題の本質を隠ために利用さ
れている感があります。
 以下、宇野正美氏の『ユダヤと闘って世界が見えた』(光文
社)から、ユダヤ人の成り立ちをみて行きましょう。

 ★ スファラディ・ユダヤ人の二重構造

 そもそも、ユダヤ教徒そのものが、大きく2つに分かれています。ひとつは、第六
でお話ししたディアスポラによって各地へ散っていった、オリジナルなユダヤ人で、
通常『スファラディ』と呼ばれている人たちです。

 彼等はまずエジプトのアレキサンドリアへ逃れ、そこにユダヤ地下政府を組織し
 ます。そして小アジア、バグダッドへと移動し、その間に、かの『タルムード』が編纂
されています。

 その後、『ユダヤ地下政府』はヨーロッパに潜入しますが、彼等のネットワークの
中核
となったのがロスチャイルド家等の一部のスファラデイです。彼等は第三十
一夜
以降でお話ししたとおり、金融の世界から身を起こし、その支配をアメリカまで
広げてゆきます。

 しかし、その他の大多数の庶民は「キリスト教」による弾圧や、ナチスによる差別
政策により、貧民的生活を余儀なくされており、スファラデイは「ごく少数の富裕層
と「大多数の庶民層」という極端な2つの層に分かれてゆきます。

 ★ もうひとつのディアスポラ

 しかし、オリジナルではないもう1つのユダヤ教徒のグループがあります。7世
紀から10世紀にかけて、カスピ海と黒海にまたがる地域に住んでいたハザール
いう遊牧民族は、9世紀にその支配層が全てユダヤ教に改宗し、世界史上まれな
ユダヤ人以外のユダヤ教国家となります。

 この、ハザール帝国のユダヤ教徒は、通常『アシュケナージ』と呼ばれている人
たちです。しかし、ハザール帝国は、9世紀にキエフ大公国の攻撃を受けた頃から
衰退に向かいます。さらに、その首都イティルは、カスピ海の水位上昇により海中
に沈んでしまったと推測され、その後はその所在さえ不明となっていました。

 祖国を失ったハザール人たちは、ロシア、ドイツ、ポーランドなどに移住します。
その意味では、彼らもディアスポラとして彷徨った、もうひとつのユダヤ教徒なので
す。彼らもまた、自分たちの祖国を持つことが念願となっていました。

 ちなみに、前世紀も終わりに近い1992年に、カスピ海上の小島に、首都イティ
ルの跡と思われる防壁や古墳群が発見されています。しかし、この時彼等は、既に
そこを祖国として騒ぎ立てることはしなかったのです。

 ★ イスラエル建国の主体はアシュケナージ

 1894年、フランスのドレフェス事件の取材にあたった、ユダヤ人作家テーオド
ール・ヘルツル
は、その冤罪性にショックを受け、ユダヤ人の平安のため、失われ
た祖国イスラエルを取り戻すシオニズム運動を起こします。

 1897年には、ヘルツェルの呼びかけで、スイスのバーゼルにおいて第1回の
オニスト会議
が開かれ、『パレスチナにユダヤ人のための、国際法によって守
られたふるさとを作る
』ことが目標に掲げられます。

 イスラエルの初代大統領として、ロスチャイルドを念頭に置いていたヘルツルは、
建国のための支援を申し入れます。しかし、パリ家、ウィーン家、ロンドン家のいず
れも、当初はシオニズムに何の関心も示しませでした。

 二重構造の頂点に立ち、上流階級の仲間入りを果たしていた当家にとっては、
民層と一緒にされること自体が迷惑
だったのです。今やヨーロッパ全土に拠点を
持つ彼等が、表立って『イスラエル建国』を言えば、これ幸いとイスラエルに押し込
められる危険性
があったからです。

 しかし、ドレフェス事件の後を追うように、ヨーロッパ中に「反ユダヤ主義」が高まる
のを目の当たりにし、ドレフェスの属する一族であるパリ家が重い腰を上げ、資金援
に乗り出します。

 この絶好の機会を利用したのが、アシュケナージ・ユダヤ人でした。彼等の一部
ロスチャイルドの元で手足となって活動し、イスラエル建国以前から、ロスチャ
イルドから提供された資金を元に、密かにパレスチナ人からその土地を買ってい
のです。

 彼等は、「自分の国」を持ちたいという念願のため、あえて本来の故国の経歴を隠
、聖書の記述であるユダヤ教徒の故国イスラエルへの帰還を訴え続けます。一方で、
本来のスファラディ・ユダヤ人はあまり積極的ではなかったと言われます。

 ★ イスラエルの二重構造

 第一次世界大戦中の1917年にはイギリス外相が「パレスチナにおけるユダヤ人
居住地の建設とその支援」を約束したバルフォア宣言が出され、1947年の国連に
よるパレスチナ分割決議を経て、翌年にイスラエルが建国されます。

 建国を宣言したベン=グリオンを始め、建国にたずさわったのは全てアシュケナー
ジ・ユダヤ人
でした。もちろん、建国とともにスファラディ・ユダヤ人もやって来ます。
しかし、待ち望んでやって来た人達はほとんどいなかったのです。

 スファラディ・ユダヤ人は、キリスト教徒による迫害によって追放されて以来、宗
教的には寛容であったアラブ社会へと逃ました。もともと、アブラハムを共通の先
祖とする彼等は、約450年もの間、文化や生活をアラブ人と共有しながらイラクの
地で平和な生活を送っていたのです。

 一方、シオニズムを標榜するアシュケナージ・ユダヤ人は、アラブとの同化を徹底
的に嫌い
、アラブ的な習慣を身につけた彼等を「教育のない、より下等な民族」として
見下していたのです。

 しかし、アラブの中で四面楚歌の状態にあるイスラエルを守るためには、彼等は格
好の存在だったのです。戦争状態になれば、彼等スファラディ・ユダヤ人を、真っ先
前線に送ればよいという考えでした。

 同じアラブの血を引く彼等であれば、攻撃の際、多少の躊躇を与えるだろうし、攻撃
の危険がともなう国境近くや占領地を開拓するのにも都合がよいとの人身御供的な
発想でした。

 そこで彼等アシュケナージ・シオニストは、スファラディ・ユダヤ人が集まるシナゴー
等でテロ騒を起こします。彼等の操るマスコミは「イラクで反ユダヤ運動」が
起きている」と書き立てます。

 (皮肉なことに、自作自演のこの行為は、ある意味でまさしく「反ユダヤ運動」だっ
たと言えます。彼等アシュケナージ・シオニストは、オリジナルな意味でユダヤ人で
はなく
、何よりもオリジナルなユダヤ人を疎ましく思っていたのですから。)

 そのため、イラクにいたスファラディ・ユダヤ人は止む無くイスラエルへとやって来ま
した。しかし、彼等をまた受けていたのは、アシュケナージ・ユダヤ人による、差別的冷
でした。

 例えば、初代イスラエル大統領のヴァイツマンは、第二次大戦中に飢餓状態にあっ
たスファラディ・ユダヤ人に対し、食糧援助と引き換に、彼等が宗教学校での教義
から、宗教色を失くすことを条件にしたのです。そのため、多くのスファラディ・ユダヤ
人達はこれを拒否して餓死しています。

 ★ ユダヤ陰謀論・反ユダヤ陰謀論の誤り

 こうした面を表面的に捉え、「ユダヤ人は必ずしも一枚岩ではなく、シオニズムに
異を唱えるユダヤ人もおり、ユダヤ陰謀論は妄想である。」
という「反ユダヤ陰謀
論者
」もいますが、これまでの経緯を見れば至極当たり前のことです。

 もともと、オリジナルなユダヤ人のほとんどは、シオニストではなのです。スフ
ァラディ・ユダヤ人の中には「シオニズムはナチズムと同じものだ」と叫ぶユダヤ人
もいるのです。

 シオニズムは、もともとユダヤ人でもなく、エルサレムが故郷でもない者達が、ス
ファラディ・ユダヤ人の一握りの特権階層の資金援助をバックに推し進めてきたもの
のです。

 また、三十夜以降で述べてきたような、数々の政治・経済的な工作を進めてきた
のも彼等です。彼等がそれを、世界統一のために「善意」でやっていと主張したと
しても、一般的に通用する言い訳にはなりません。

 しかし、その活動を「ユダヤ陰謀論」などと呼んでしまうのは、事の中心者を見えに
くくするだけ
ですし、何より多くのスファラディ・ユダヤ人にとって迷惑千万な話なの
です。

 ★ キリスト教シオニズム

 もうひとつの対立軸である、ユダヤ教VSキリスト教というのも一概には言えません。
キリスト教徒の中にもシオニズムを強く擁護する宗派があり、むしろ政治的には強い
勢力
となっているのです。

 世界的なシオニズム勃興は、1985年にスイスのバーゼルで行われた、第1回国際
クリスチャン・シオニスト会議
からと言われています。この会議の宣言文には次のよ
うな内容が盛り込まれています。

 ① 我々キリスト教徒は、公にも、陰にも、ユダヤ人に対する優越心や、反ユダヤ
  的な思いを放棄
しよう。
 ② 神の民と神との契約を述べた聖書の教えに照らして、心からの愛を持ってユダ
  ヤ民族を支援
しよう。
 ③ イスラエルの国民は、聖書に予言されているとおり、その地を再建し、流浪の
  民を集めたのは、神の手によるものだと公に認めていただきたい。
 ④ 当会議は、言葉にせよ行いにせよ、あらゆる形の反ユダヤ主義を非難する。ま
  たそのような出来事を法的手段を持って暴露し、処罰するよう、全ての個人、政
  府、非政府団体に要求する。

 アシュケナージ・シオニストが無理やり作り上げたイスラエルは、キリスト教シオニズ
によっても、聖書の言うイスラエルと同一視され、それに異を唱える者に対しては、
共通の敵として対処するよう、他のキリスト教徒にも呼び掛けているのです。

 ★ ユダヤ人≠ユダヤ金融資本

 さて、ロックフェラーは、WASP(アングロサクソン系の白人・プロテスタント)ということ
になっていますので、表向きには、ユダヤ人グループとは対立する立場にあることに
なっています。

 実は、その出生にも異を唱える人達がいます。『ロックフェラー帝国の陰謀』の著者の
ゲイリー・アレンは、戦前はユダヤ人と称されていとしていますし、金持ち研究家
スティーヴン・バーミンガムスファラディ・ユダヤ人の貴族の出であるとしてい
ます。
 
 しかし、彼がユダヤ人かどうかは重要なことではありません。問題は彼等がどんな
利害関係のもとに行動しているのかです
。その際、宗教の違いや、敵対資本系列に
よる市場の奪い合いなどは「見せかけの対立」でしかないのです。

縮地球のゆくえ 
 ロックフェラー一族についても、かつてはロシアのバクー油田を巡って
ロスチャイルド一族と闘いました。
 しかし、広瀬隆氏は、その著書『地球のゆくえ』(集英社文庫)で、また
も明快な系図を広げて見せてくれます。



縮ロックロス ジョン・D・ロックフェラーから2代下った孫の世代には、
ロスチャイルド一族のグラッツ家と姻戚関係になってい
るのです。そして、ユダヤ嫌いで名高いアメリカの金融王
モルガン家
も、その孫の世代でしっかりと姻戚関係を築
いています。
《クリック、虫眼鏡+で拡大表示されます。》
(集英社文庫『地球のゆくえ』P74 -75 より転載)

 そもそも、ロスチャイルド一族の巨大な財閥も、先行するキリスト財閥-ロイズ銀
行、バークレーズ銀行、ベアリングス・ブラザーズ、ギネス財閥、シュローダー銀行等
が、利害関係の一致から彼等と姻戚関係を結んだ結果の産物です。

 根源的には「ユダヤ金融資本」とは、ユダヤ教徒とキリスト教徒の合併した金融
資本なのです。そして、彼等がユダヤ人かどうかとは無関係に、彼等の目指す「世界
統一政府
」の樹立に組する金融機関全てを総称するものと考えるべきなのです。

 さて次回第四十四夜は、今まで述べてきたことの本当の意味についてお話しする予
定です。



目次のペーシへはこちらから
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧