fc2ブログ
   
02
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
19
20
22
23
24
25
27
28
29
   

すぴイベントの思い出 続き

その絵描きの先生に絵を書いてもらっている人がいました。たまたま、私はその人と面識があったので、その絵を見せてもらう機会がありました。すると、その絵にー愛溢れる人、愛がある人ーなんて言葉が書いてありました。

その人は何度もその先生に絵を書いてもらっているそうで、その内容には満足至極のようでした。

でも、私は違和感を感じました。その人は犬、猫、その他の命を自分の都合で処分してもいいと言っていた人なのです。自分が「その命と交信してOKを得たからいいのだ」と言っていました。うーん。私はこれはどうにも納得できませんでした。そんな都合のいいことがあるのか❓その生命体と超能力で交信して「いい」と言ってもらえたからいいのだなんて。
このことは命に関することなので考えるのも嫌でやめたのですが、私はその人について、「信用できないなぁ」と思ったと同時に、その人をー愛に満ちた人ーと絵に書いたあの先生もどうなのかと疑問に思ったのです。

犬や猫でも飼えなくなる事情はあります。でも、私なら、絶対にそんなことはしないし、そのようなことになったとしても命を奪い去ることをしたら、たとえ本人が納得していると言っても、ずっと苦しい思いを抱えていて、死んでもそれはならないだろうと思います。それなのに、命を取ることを平気で肯定している人を 愛ある人 とは‼️

これはあの霊能者の人には命を自分の都合で奪う人も愛の人に見えるということなのであろうと思いました。別に嘘をついているわけではないような気もします。そしてこの私にはその愛は「欲」に見えてしまい、おぞましい黒々としたものに感じるのではないかと思います。

ということは、スピリチュアリストの人が光に満ちているという神社が、私には黒黒と煙にまみれ、気持ち悪く感じるということと似たようなことかもしれません。ただ、多数が、有名な先生や有名な神社を支持しているし、私はみんなのように見えたりするわけではないのでそんなに強く言えないのですが、いろんなセッションで愛があるとか言われている人って、何も見えないわしからするとただのわがまま女に見えたりするので、困るのです。
関連記事
Secret

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
220位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
54位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト