トンデモ話は奥で繋がる(40) 22.7.27

トンデモ話は奥で繋がる 「第四十夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪アメリカ禁酒法の真の目的≫

 ★ 運転者は禁酒。自動車は飲酒がベスト! 

 さて、石油と言って我々が最も身近に思い浮かべるのは、ガソリンであり、自動
車産業にとって、なくてはならないものと思っている人が大半でしょう。しかし、それ
はどうやら作り上げられた常識のようです。

 そもそも、自動車が道を走り始めた18世紀の終わりには、車の燃料と言えば全
アルコールでした。量産車第一号とされる「T型フォード」も、当初はエタノール
燃料として計画されていたのです。

 このことは、英語版のウィキペディアには「T型フォード」の項目に「ガソリンとエタ
ノールの両方で走ることが出来た」
と載っているそうです。ちなみに日本語版
は、アルコールの表記さえ一切なく、事実を伝えまいとしているように見えます。

 それでは、燃料としてのエタノールがガソリンと比べて劣っていたのでしょうか。

 走行距離は、当時は軽量だったとは言え1ガロン(約4.5ℓ)で34マイル(約54.
4km)。現在の小型ガソリン車は高速で30マイル、一般道で20マイル程度ですの
で、走行性能としては問題ありません。

 エンジンについては、ガソリンと併用して使用するのに必要なものは2つだけです。
ひとつは、アルコールの燃焼温度がガソリンに比べて高めであるため、スパークの
燃焼のタイミング
を早めるためのレバーを用意して切り替える必要があります。

 もうひとつは、アルコール自体に酸素を含んでおり、ガソリンほど酸素を必要とし
ないため、チョーク(昔の車についていたやつです)により、酸素の量を調節してや
ることが必要です。

 以上の2つがあれば、ガソリンとエタノール併用して使用することが可能ですし、
エタノール単独の仕様で製造しても、特に難しい技術がいるわけではありません。

 排気ガスとして排出されるのは、水と酸素と二酸化炭素のみで、ガソリン車のよう
窒素化合物は排出されません。さらにエンジンのノッキングの起こりにくさを示す
オクタン価106と非常に高く(レギュラーガソリンは91程度)、内燃機関の燃料
としてはアルコールの方が優れているのです。

 今では、眉唾物のエコブームによって「バイオエタノール」が燃料として使用される
ようになりましたが、自動車の誕生時には、一般のアルコールを使うことは当たり
のことだったのです。 
 
 ガソリンがアルコールにとって変る裏には、石油王ロックフェラー一族の、大掛か
りな計略がありました。以下第三十八夜からの菊川氏の著書と、広瀬隆の『アメリ
カの経済支配者たち
』(集英社新書)を中心にお話しします。

 ★ 当初、ガソリンは捨てられていた

 1870年、ジョン・デイヴィソン・ロックフェラーは次男のウィリアム、末男のフラン
クリンとともに、オハイオ州にスタンダード石油という精油会社を設立します。
(のちに末男フランクリンは牧場経営へと転身します。)

 創業時には、石油を掘り当てて一躍長者となった同業者が多数いました。ロックフ
ェラー兄弟は、鉄道王ヴァンダービルトと組んで、スタンダード石油だけが鉄道会社
から安い運賃で石油を運ばせてもらい、その利益をリベートとして山分けする戦略を
取ります。

 こうして、競争相手を次々と叩き潰しては、その利権をごっそりと乗っ取る方法で、
彼等兄弟は創業8年目にして、早くも全米の精油額の95%近くを占めることとなり、
5大富豪のひとりに数えられる程となります。

 しかしながら、石油の当初の用途はランプとストーブに限られていました。精製物
の主体は灯油のみで、それを精製した後に残るガソリンは、独特の臭気と引火・爆
発の危険性から産業廃棄物でしかなく、当初は夜陰に乗じて川に流していたのです。

 その後、兄弟は内燃機関の燃料とすることを思い立ちます。アルコールに比べエン
ジン内部の汚れがひどく、廃棄ガスも有害なのですが、「捨てるよりは」と非常に安い
値段
で売ったため、徐々に使う人達が出てきたのです。

 ★ 解体はしたものの…

 1882年には、信託により傘下の企業を支配する、初の企業トラストの形態が編
成されますが、1890年、連邦議会は独占の弊害を防ぐためのシャーマン法を制定
し、1892年にはトラストの解体を命じられます。

 それに対し、ロックフェラーは、規制の緩いニュージャージー州法に基づき、1999年、
持株会社方式による独占体制に切り替えます。しかし、1911年、セオドア・ルーズ
ヴェルト大統領のもと、連邦最高裁から解体命令が出され、スタンダード石油は34の
新会社に分割
されます。

 ところが、解体によってその会社の巨大さを思い知らされたウォール街では、今まで
以上に投資家の関心を集め、新会社の株式は30%も値上がりし、かえってロック
フェラー家の資産を増やすこととなります。

 解体された新会社のうち、特に以下の会社は、その後の6大石油メジャーの一角と
して成長してゆきます。

 ● スタンダード石油ニュージャージー ⇒ ①新会社エクソン
 ● スタンダード石油ニューヨーク    ⇒ ②新会社ソコニー・ヴァキューム
                             ⇒社名モービル
                             ⇒1999年①・②合併しエクソン・
                               モービル
に(子会社エッソ)
 ● スタンダード石油カリフォルニア   ⇒ ③新会社ソーカル
                             ⇒1984年ガルフ石油を買収し社名
                               シェヴロン
 ● スタンダード石油オハイオ      ⇒ ④新会社ソハイオ
                             ⇒1970年BP(ブリティッシュ・
                              ペトロリアムが吸収合併
 ● スタンダード石油インディアナ    ⇒ ⑤アモコを吸収し新会社アモコ
                             ⇒1998年BPと合併しBPアモコ
 ● アトランティック精製           ⇒ ⑥新会社アトランティック・リッチフ
                               ィールド
                             ⇒1999年⑤が⑥を買収BPに                  

 ★ 「クルマは飲むな」の禁酒法

 燃料用エタノールは、サトウキビやとうもろこしが一般的ですが、基本的にはどんな
植物、穀物、豆類からもとれるそうです。

 特にセオドア・ルーズヴェルトが1906年に変性アルコールの課税を廃、ウィスキ
ー等の家庭用の醸造器の取り付け手続きを簡素化したことで、どこの農家でもアルコ
ールを製造しており、燃料用アルコールの入手は極めて容易でした。

 そのためガソリンが安価とは言え、せいぜい街中に行ったついでに買い入れる程度
で、郊外ではあくまでアルコール燃料が主流であり、その消費量には限りがありまし
た。

 そこで、ジョン・D・ロックフェラーが企んだのが、世紀の悪法「禁酒法」の制定でした。

 「ラム酒」を社会の悪の根源としている、キリスト教徒の一派に運動資金を提供し、
憲法改正運動の主導者に仕立ててゆきます。また、1893年オハイオ州に誕生した
反酒場連盟」を始め、禁酒運動を展開する組織の役員に、一家の者を送り込みます。

 ヘンリー・フォード等は、『禁止するのは飲用アルコールのみで、産業用アルコー
ルは除外しよう』
と主張したものの受け入れられず、1919~1933年の間(さらに
長期間の州もあり)、アルコールの製造も販売も禁止してしまいます。

 さらに海外へも波及し、カナダのプリンスエドワードアイランド州(1900~48)、ロシ
(1914~25)、アイスランド(1915~22)、ノルウェー(1916~27)、フィンランド
(1919~32)とあちこちで禁酒法が制定されます。

 こうして、ガソリンは内燃機関の燃料の地位を独占するとともに、禁酒法が解かれた
今も、1960年代にモービル石油が流したCM『クルマはガソリンで動くのです』
いう神話がまかり通っているのです。

 ちなみに、フランスではMDIというベンチャー企業が、インドのタタ社との共同開発
した『圧縮空気で走るクルマ-OneCAT(ワンキャット)』の生産を始めます。さす
がに禁空気法はできませんね。 最高時速100キロ廃棄ガスなし。値段も6人乗
85万円とのことです。

 さて、次回第四十一夜は、この石油と通貨の双方を使ったロックフェラーの支配へ
と話を進めます。



目次のペーシへはこちらから
関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

はじめまして!
ロックフェラーがガソリンの次に目をつけた
医療のビジネス化を調べる過程で参考にさせて頂きました
とっても詳しく書かれていて大変勉強になりました
ありがとうございます!
私も愛知県なので
いつかお目にかかれって
直接お礼を言える日が来ると良いな~と思いました♪
これからも参考にさせてください!

Re: No title

わざわざ、コメントくださりありがとうございます。
愛知県の方なのですね。医療については医療関係者からの情報で知っていることもあるのですが、なかなか書けないこともあります。
今年は十一面観音をめぐる日帰り散策なども計画してます。よかったらどうぞ。
> はじめまして!
> ロックフェラーがガソリンの次に目をつけた
> 医療のビジネス化を調べる過程で参考にさせて頂きました
> とっても詳しく書かれていて大変勉強になりました
> ありがとうございます!
> 私も愛知県なので
> いつかお目にかかれって
> 直接お礼を言える日が来ると良いな~と思いました♪
> これからも参考にさせてください!
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
351位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
68位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line