FC2ブログ
   
08
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

欧米帰りの感染者に対する声❓

 このごろ、欧米から帰った日本人からコロナ感染者が多く出ています。ネットで検索すると、それらの人々について呆れたり、非難している声が多く挙げられています。つい最近は、沖縄の感染者が実は成田で待機せよと言われていたのに、沖縄に帰ってしまっていたとか。最近はもうすでにコロナの脅威は日本でも間近に感じられていますので、勝手に沖縄に帰ってしまって発病とは、とんでもないと思うことも妥当でしょう。

が、これらの人々についてみんなが言っていることで、なんとなく違和感を感じることがあります。
ー今時、外国旅行だなんて、軽率だとか、そんなところに行くなんて呆れるーなどとの声についてちょっと考えさせられるのです。

なぜなら、実は私も3/9から3/16までスペイン旅行を計画していて、代金も全て昨年の十一月に支払っていたのです。その頃、コロナウイルスだなんて日本では誰も言ってませんでした。その後、十二月になり、中国の武漢のウイルスのことは少しネットで出ていたと思います。しかし、誰も話題にしてなかったと思います。その後、一月に入り、武漢ウイルスのことが報道されましたが、マスコミも、周りの人々も全く危機感はなく、そのときに私はこれは疫病として流行するのでは❓と思い、スペイン旅行のキャンセルも考えつつ、情報に目を光らせました。一月の武漢封鎖前に私はこれはまずいと感じ、スペイン旅行のキャンセルを真剣に考え始めました。しかし、その後春節に入っても全くコロナウイルスへのみんなの警戒感はまるでなく、マスクも安売りしていてしかも余っていたし、トイレットペーパーなんかはそこら中にあったのです。

そんな状態でしたが、私はこの疫病は大流行するだろう。そして時期は前後するかもしれないが、スペインに行ってから日本に帰れなくなったり、スペインで東洋人ヘイトにあったりするかもしれないと思ったのです。そして、キャンセル無料の期間はツアーは出発日から三十日前まで。飛行機だけの予約の場合は四十日前までなのです。3/9の三十日前は二月の初旬です。キャンセル規定の都合上とにかく一月の末には行くか行かないか決定を下さないといけなかったので、一月の末には取り止めを決めたのです。

でも、そのとき、日本はおろか、スペイン、イタリアなどは全くコロナの影響はなくまだマスクもトイレットペーパーもそれほど騒ぎになる状態ではなかったのです。私は外国でスーパーの打ち壊しや外国人差別も受けたので、早々に危険を察知し、キャンセルを決めることができたのですが、あのときの状態でヨーロッパ旅行をキャンセルすべきと判断できる人はそんなにいなかったのではと思うのです。まぁ、今のコロナ蔓延状態のところで欧州旅行から帰ってきてコロナに感染していたなんて、非難されるのも仕方ありませんが、少しは同情の余地があるのでは❓と思います。

今、外国旅行から帰ってきている人は去年の秋に予約した人で、キャンセル可能期間にはまだその蔓延がそれほどなく誰もこうなるとあまりわかってなかった期間が長く、キャンセルも悩ましく出発したのでしょう。出発直前に感染が爆発してきたのだと思います。

もう少し早く渡航禁止を政府が大きな声で言ってくれていたら、こんなに欧州からの帰国感染者も出なかっただろうし、キャンセルだって容易だったと思います。個人の注意などが手ぬるいと言えばそれまでですが、海外旅行というのは随分前から予約するものだし、キャンセルも1ヶ月以上前でないとできないということがあると、なかなか中止の判断はできないのが実情かと思います。伝染病の蔓延地帯を行ったことがあったり、外国人ヘイトを経験するなんて、普通の日本人は経験してないので、余計危険を察知するのは遅くなるのでしょう。コロナの蔓延は非常に早いので、今回、海外旅行に行ってしまった人を迂闊だと強く責めるのも少しかわいそうな気がします。
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧