FC2ブログ
   
08
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

時間は伸びたり縮んだり、止まったりする

時間というものは時計の通りではありません。それを身を持って体験したのは二十代の頃です。

車を運転している時、誤って前の車に追突してしまったことがあります。場所は名古屋の栄。日曜日で人も多く、派手に追突していったので結構人に見られましたが、それよりも他人の車を傷つけてしまったし同乗の家族も足にあざをつけてしまい、自分の不甲斐なさにうなだれていました。そんな事故の衝撃は意外と時が経つにつれ、なくなりました。
しかし、その時の瞬間の感覚は今も忘れられません。

前の車にぶつかる瞬間の時です。一瞬の時間、一秒もないはずなのです。でも、その時、ぶつかったやいなや、自分のヘッドランプが割れ飛び散りました。それが一粒一粒、ゆっくりと弧を描き地面に落下するのがはっきりと見えたのです。スローモーション映像を見ているかのようでした。その時、目の悪い私でも細かいガラスくずがはっきりと見え、反対に音は聞こえませんでした。多分、聞こえていたとは思いますが、まるでプールの中に潜ったように、音があまり聞こえない状態になっていたのです。

一瞬のことでした。しかし、その一瞬はとてもスローリーでした。そのため、周りの人は一瞬動きが止まって見えたと思います。

私は薬缶のお湯を急須に出す時、この世はある一定の時間がいつもかかるのだと感じます。でも、この時間は普通の状態にセットしている自分の感覚が感じているだけであって、時間なんて本当は伸び縮みするのでは❓なんて思ってしまいます。危機の時、止まっているように遅く感じる時間、それはリアルだし、反対に確かにあったのにその時間を過ごしていた自分自身がその時間があったということも自覚できないこともあります。

時間というのは、物質を感じる感覚と同じような当たり前のような気がするけど、この地球だけの人間を錯覚させるような大きな網というか、みんなが感じてないけどすでにはめられているフィルターみたいな気がします。時間感覚と物質の質量感覚はリアルだけど、本当はたくさんあるうちの一つの錯覚しか人は採用してないかも、なんて感じています。
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
34位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧