目をみつめるヒーリング体験

今回の話は、非常にあやしい話かもしれません。

不思議話、スピリチュアルな話題は-よた話、たわごとだと思われる方...適当に読んでくださいね。

ヒーリングというものがあります。有名なのは、聖書です。イエス様が病人にふれるだけで病気がなおったとかなんとか...そのようなものがヒーリングです。

手をかざして、なにやらエネルギーを送り、人を癒すとか...世の中には、そういうことをやられる人は意外とおります。目に見えないエネルギーもこの世には存在していると私は思っています。ですので、手をかざしてエネルギーがでるとか、そんなことも証明はできないが、あると思います。

ところで、このごろ、目でヒーリングするという人がいるということを聞き、面白そうだと思い、行ってきました。ブラッツオというクロアチアの人で見つめるだけでヒーリング《人を癒し、病気が治った人もいるそう》するという人です。
目で見つめるだけというのが、なんとも理解できかねましたが、面白好きの血が騒ぎ、行ってきました。

見つめるだけというからには、こちらがみられるのだろうか?見つめあう?...しらない外人のおやじと?
あやしい...あやしいを通り越して、気色悪いかも。
なんて思いましたが、チケットを購入した後だったので、深く考えることはやめにし、友人と二人、出かけました。

会場について、早めに入場したのですが、席は前、中、後ろと大きく分けると、後ろの一番前です。
こんなんで、目なんか見えるのだろうか?近視の私はちょっと考えました。でも、目でヒーリングということは、客が順番に前に出て行くのだろう。と、考えているうち、いよいよ始まりました。

最初にヒーリングミュージックの演奏です。
そうだなぁ。なんか音楽をやると聞いていたぞ。
音楽が終わったら、次は磐笛の演奏です。
ふむふむ。磐笛、息のつなぎ方がうまいなぁ。音も太い。これは、ミキサーでうまく音をよく聞かせているかもしれない。しかし、よく長く吹いているなぁ...なんて、聞いている間はよかったのですが、
始まって30分経過してもブラッツオ氏はあらわれません。

この次は、主催者さんの挨拶です。これが長い...時計を見ると40分をまわっています。いかに彼がすばらしいか、おっしゃっておられるのですが、だんだん時間が気になってきます。

実は私たちは遠くから会場まできたので、帰りの切符の乗車時間までにヒーリングが開始するのだろうか、非常に気になってきたのです。
そのうち、主催者さんのあいさつがおわり、これでブラッツオさん登場か?とおもいきや、今度は外人さんが彼の説明をすると言い、登場してきました。

こんども彼がいかにすばらしいかという゜話がえんえんと長ーい。
もう、本当に時間が心配です。

それほど真剣にきたわけではないですが、話だけ聞いて、帰るなんていかにも間抜けです。

いったいいつ始まるんだ。そんなことを思い始めたころ、丁度開始から1時間が過ぎていました。
そうしたら、ようやく彼の登場となりました。

なんと、ヒーリングは6分といいます。
6分。目を見つめるというのはどうやるのか?会場には500人はいたでしょうか?順番に彼の前に立つのか?
いや、そうではありません。説明によると、彼の目を見るだけでヒーリングが...また、遠くてもヒーリング効果があると言ったようなことを言っていたような?

私もいいかげんなので、よくわかりませんが、けげんなまま、壇上に立つ彼を見ました。
彼がこちらを見て、ヒーリングするのか、こちらが彼の目を見てヒーリングとなるのかよくわからなかったので、とりあえず、壇上の彼を見ます。

ブラッツオさんは、上は白いシャツ下は薄い水色に近いジーンズのようなズボンでした。

しかし、いかんせん、こちらとの距離が離れすぎています。
目を見つめるどころか、鼻と目、口の区別もつきません。私は目が悪く、おまけに席が離れすぎていたのです。

ううっ...こっこれでは、前か後ろかだけぐらいしかわからんぞ。
どうやら前を向いて立っているらしいが、それ以上はわっ...わからん。

向こうは目を開けているのか?しばらくたってようやく、彼が超低速で顔を右左に振っているというのがわかっただけです。

みっ見えん。あそこに、おるというのしかわからん...

うっううう。
ここで、まったく別のことを考えたりして(もしかして、あの西洋おやじが、替え玉だったら、バカみたいだなぁ)なんて、この会場の清らかなみんなと違う暗黒なことを考えたりして...

6分経過...
ブラッツオ退場。

見えん。わからん。ぶぉ...と言っているうちに終わってしまいました。

その後、また、外人さんが登場して、みんなにヒーリングの感想を聞いたりしていましたが、帰りの時間が迫っていたため、会場を後にしました。

ヒーリング...ヒーリングというのは、何度かやってもらったことがあり、実際に耳鳴りがとまったり、傷がけろりと直ったりするのは体験しました。
しかし、目で見るというのは初めてです。今までのヒーリングは、世界的に有名な人ではありません。ブラッツオさんは説明によるとすごく有名な人だということです。

さて、なにか、感じたものがあったでしょうか?

このヒーリングを受けた人は結構効果があったようで、いろいろと感じている人もいたようです。しかし、私の場合は、よくわからない...というのが実感です。目そのものも見えなかったので、どうなんでしょうか?感じる人は感じ感じない人は感じないのか?効果があるのかないのかわかりません。

ただ、私のように目が悪い人には、難しいかも...なんて思いました。会場にいるだけでもいいとも言っていたような気がしますが、このヒーリングは-目をみつめる-ヒーリングです。

おお。あれは頭か?顔か?なんて必死で見ている状態では、つらいものがあります。

ブラッツオさん、6分舞台上の姿を見ただけで、声もださず、退場されました。
どんな人かいまだにわかりません。

ちょっとあいさつ...例えば「わしはぶらっつおです」だけでも聞きたかったなぁ。
目でのヒーリング、なにやらわからず終わりましたが、友人と行ったので楽しく過ごせました。友人は、なにやら涙が出たとか何とか...
私は少し、不満が出たとか何とか...

なーんて、ヒーリング効果、知らないうちにあるのかもしれません。こんどブラッツオさんがこられるときは、説明はもう少し短くしてほしいと、思いました。
 
しかし、多分二度と行かないでしょう。6分のために一日中待機するのはよっぽど清らかな人でないと待ちきれないでしょうね。





関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。

theme : スピリチュアルライフ
genre : 心と身体

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
248位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
52位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line