あなたの頭は?

頭は?冴えてますか....ではなく、頭の形はどんなですか?
小学校の頃、斜め上方から写真を撮ってもらったことがあります。写真は、頭の前から後ろ、ほぼ全体を俯瞰したように撮れていました。

そのときに、びっくりしたのです。
頭が...長い。かつ大きいのです。頭というとお坊さんの丸い頭を連想します。しかし、世の中、そんな人ばかりではありません。絶壁というの後頭部が崖のようにまっすぐになっているということですが、それ以外にも頭っていろいろあるのです。私の頭は、まるでボートをひっくりかえしたように、前後に長い。丸くない頭なのでした。
写真を見た私は、丸くなく、前後に長い頭の写真を見て笑いましたが、十年ほど前に姪の頭を見たらやはり、船をひっくり返したような前後に長い頭でした。
頭の形は人により違うのでしょうか?

そんなことを思っていたところ、何年か前、日本人のルーツを探るという本に頭型についてのっていました。

頭型というのは、頭を左右と、前後の長さの比率で分けているそうです。最大長-前後の長さ-に対する最大幅-左右の幅-の割合で示すそうです。
左右と前後とほぼ同じを短頭、中間を中頭、頭が長いのを長頭といいます。

昭和一桁の時代に朝鮮半島の人たちを対象に、頭の幅の調査が行われたことがあります。それによると、朝鮮半島の人は過短頭(上から見てほぼ円形の頭)が非常に多かったようです。日本人はばらつきが結構ありますが、日本人ほどではないにしても朝鮮の人でも少しは違いがあったそうです。
その違いは、百済地方の人は過短頭で新羅の人は中頭だそうです。

日本では、近畿の人に短頭が多く、逆に島根の人などは中頭が多いそうです。

骨というものは硬く変化しないと、考えがちですが、たとえば幕末の家茂の骨が華奢-きゃしゃ-だったことなどは、遺伝だけでなく、環境で人の骨は変るということもあらわしています。武士との家系でも、将軍家の何代目は、戦いにでることもなく、貴族的な生活を送っていたでしょう。骨は遺伝のみならず、意外に生活環境に左右されるという点もあります。鎌倉時代には中頭の人が多かったとも、聞いております。

環境の差か、それとも遺伝か?わたしたちの頭には、いろいろな要因があり、今の形となっているのでしよう。

昔、朝鮮半島を経由し、たくさんの渡来人がわが国に渡ってきたといいます。
どこから来たか...頭の形だけでは全く確かなものと言えませんが、前後に長い私の頭...新羅の人の頭と似通っているのでは?なんて思ったりしています。

昔の渡来人もいろいろなところからいろんな時代に来ていたと思います。朝鮮から渡ってきた人たちも同一の人ではなく、いろんな人がいたのだと、頭の形は物語っているような気がします。私は出雲(島根)の人ではありません。しかし、頭は丸くなく、長いです。古い昔の祖先があちら(新羅)の人と同じなのか、それとも環境で変ったのか?

謎であります。

みなさんも上から頭の写真をとってみるとおもしろいですよ。

関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。

theme : どーでもいいこと
genre : その他

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
240位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
48位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line