トンデモ話は奥で繋がる(34) 22.6.18

トンデモ話は奥で繋がる 「第三十四夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ロスチャイルドに風穴を開けた男≫

 ★ 第二次大戦の火付け役=ヴェルサイユ条約

 第一次大戦の後始末は、1919年パリのヴェルサイユ宮殿で始めら
れました。中心となったのは、議長であるフランス首相クレマンソー
イギリス首相ロイド=ジョージ、アメリカのウィルソン大統領の三巨
頭でした。

 クレマンソーは、南アフリカのボーア戦争の重要人物アルフレッド・
ミルナー
と親しく交わり、フランスのロスチャイルド家の力で首相の座
を射止めた男で、その息子ミシェルは南米におけるザハロフの代理人
を務めていました。

 ロイド=ジョージサロモン・ロスチャイルド家とのつながりをもつ
財閥の代表者であり、ウィルソンは1914年にJ・P・モルガンの特権
マッカドゥーの花嫁となったエレノアの父親でした。

 こうして、ロスチャイルドの利権代表者の手によるヴェルサイユ条約
で、ドイツは全ての植民地の利権を放棄については当然のこととして、
ドイツ自身の領土の一部を取り上げられ、支払いの目処もたたぬ賠償金
200億マルク
を2年以内に完済することを課せられます。

 この会議に先立つこと2週間前には、ミュンヘンにドイツ労働者党
いう奇妙な政党が結成され、その7番目の党員としてアドルフ・ヒット
ラー
が登録されます。

 また、戦勝国として会議に参加しながら、日本とともに無視された
タリア
ではその2ヶ月後、ベニト・ムッソリーニファシスト党を結成
します。全体主義の芽は、いずれもロスチャイルド家の家名が絶えた2
つの大国に出現
したのです。

 ドイツでは、賠償金支払いのための大増税案が発表され、著しいイン
フレのもとマルクが崩壊します。「カネより物」の経済状況で、商人や大
資本家に富が集中
する中、利益者の代表としてのユダヤ人が憎悪の
対象
となり、こうした大衆の心を利用する形で、全体主義は反ユダヤ主
へと結びついてゆきます。

 ★ イギリス・ファシスト連合の誕生

 当初は、反ユダヤ主義がドイツ全体に浸透する中にあっても、ロスチャ
イルド財閥の当主達は、「貧しいユダヤ人の難民問題」程度にしか考
えていなかったようです。

 しかし1896年、彼等を真に追い詰める男が生まれます。ロンドンの準
男爵の子息オズワルド・モズレーは、やがて政界へと進出しますが、
軍需産業ヴィッカースや、外国侵略に大金を投じ、貧しい国民に目を向
けない政府に幻滅します。この意味では彼の感覚は正常でした。

 彼は、ムッソリーニの活動に感銘を受け、イギリス・ファシスト連合
結成します。本来「ファシズム」とは、ローマ時代の司法官の権威の象徴
である"ファッショ(木の束)"を示す言葉で、「横暴な支配者や資本家を倒
す正義
」を意味するものでした。

 失業者のあふれる世界的な恐慌の時代でもあり、当初は大衆の支持
を得て、ロスチャイルドを始めとする上流階級を追い詰める勢力へと成
長してゆきました。

 しかし、ファシズムの意義を取り違えたイタリア・ドイツの暴力が伝わっ
て来るにつれ、人々はモズレーの活動に疑問を持ち始め、多くの党員に
離反の動が出てきました。

 ここで彼は、批判の矛先を上流社会一般からユダヤ財閥一点に絞り込
む戦略に切り替えます。もともと彼自身も上流社会の一員であり、その中に
ユダヤ財閥の権威を疎ましく思う者がいたため、上流社会を二分する
ような抗争へと変化します。

 しかし、それでも政治的な権力を握るところまではたどり着けず、彼は最後
の手段へと走ります。1936年本家ドイツと手を組み、イギリス・ファシスト
・ナチス連合
となったのです。

 ★ 財閥の弱点を突く男モズレー  
 縮モズレー
 
 彼の前妻であるシンシアは、イギリス外相カー
ソン卿
の娘であり、ロスチャイルド家と結びついた
イギリスの3大利権(南アフリカの貴金属、インド
=香港のアヘン交易、アメリカの小麦)のひとつ、
インドを牛耳る一族でした。


 《クリック、虫眼鏡+で拡大表示されます。》
 (集英社文庫『赤い楯』第Ⅱ巻 P576-577より転載)

 
そのシンシアが1833年にこの世を去り、彼はヒットラー立会の元で2
番目の妻ダイアナを迎えます。彼女の姉妹はソールズベリー首相の曾孫
と姻戚関係にありました。そして、ソールズベリー首相こそ、南アフリカの鉱
を牛耳っていたのです。

 つまりモズレーは、ロスチャイルド家が各地で稼ぎ出した財産を一手に
握る姻戚関係を経由し、「ユダヤ人絶滅」を叫ぶファシズムの扇動資金
して利用し、貧しい大衆の世論を味方につけたわけです。

 さらに、妻ダイアナの叔父が、フランクフルトの赤い楯の直系を継いだ
ドルフ・ゴールドシュミット・ロスチャイルド
の前妻と結婚しています。つま
り、ロスチャイルド一族の内部から、彼等一族を消し去ろうという勢力
生まれたとも言えます。

 ロスチャイルド家が、非ユダヤ人の上流社会、貴族、王室との関係
築き上げてきた巨大な"集金ダム"は、この男モズレーの出現により、その
壁に内部から穴を開けられこととなったのです。

 
さて、次回第三十五夜では、この一穴がロスチェイルド財閥に与えた
ダメージの大きさについてお話しする予定です。



目次のペーシへはこちらから
関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
289位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
54位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line