FC2ブログ
   
08
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

職人さん

今、 外壁のリフォームで職人さんが補修をしたり、下塗りをしたり...

いきなり玄関を開けることもないし、昼以外は静かに作業をしている。
朝、挨拶をし、帰られるとき少し話をする。職人さんって、話をするの...楽だ。というより、いろいろと考えたりせずにそのまま話ができていることに気づいた。

これって...!

ひとと話をするとき、なんとかく気構えたり、気がひけたりしているうち頭でいろいろと考え出し、こう話してこうとか、こんなことを言っていいだろうか?とか。無意識のうちに頭にいろんなことを考えていることが多い。しかし、職人さんと話すとき、そんな頭の考えがなく、安心感があるのだ。

あれ?なぜ?

これって、大学の時のサークルでも同じ感覚だったし、海外に行った時もそう。前の男の人ばかりの職場もそう。どこも男ばかりだった。

安心できる。そう構えなくてもいい。

そういえば、昔、子供の頃、自営業である我が家にはいろんな職人さんがきていた。また、父の遊び仲間も職人さんが多かった。菓子職人、仕立て職人、傘つくり職人、竹細工職人...いろんな人が来て、楽しそうに話をし、そのそばでとっても小さい私が話をしたり、大人の中に割り込んだり...でも、がはははという笑い声があって、お酒のおつまみをいくつももらって、子供が何か言っても楽しそうに聞いてくれたと思う。

◎◎やさんはすごくかわいがってくれた。◎▽さんも優しかった。そんなことを亡き母は言っていた。

昔は乗用車も持ってない人が多かったが、病院の院長先生は大きい黒塗りの車に乗っていた。よく体をこわした私はなんとその院長先生に何度か黒塗りの高級車で送られたこともあるらしい。院長先生の運転の高級車から当然のように出てきた私を見て母がびっくりしてすっとんできたのをおぼろげながらに覚えている。あれはそうとう小さいときで幼稚園かその前ぐらいだと思う。院長先生、大人は怖がっていたみたいだけど、安心できる人だった。

昔の写真を思い出した。なにかの旅行の時、父の独身時代の勤め先の社長さんの膝の上にのっている姿だ。厳しいしっかりした人だったらしいが、あのひとの膝の上が懐かしく思える。

おやじ...おやじたちとがははは笑ったり、仲間に入って楽しんでいるのは、昔からだったかもしれないなぁ。

関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧