FC2ブログ
   
09
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

トンデモ話は奥で繋がる(29) 22.5.24

トンデモ話は奥で繋がる 「第二十九夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪ユダヤに架せられた運命≫

 ★ 選民思想の極み「タルムード」

 さて、第六夜でお話ししたとおり、135年のローマとの2度目の戦争に
破れ、エルサレムへの入市を禁じられたユダヤの民は、「ディアスポラ
(祖国なき民)
」として流浪の生活を強いられます。

 一方、民族的危機に立たされたユダヤの民は、当時のイスラエルにお
けるユダヤ人共同体の長であったユダ・ハナシーの下、複数のラビたち
を召集し、「律法」には記されていなかった口伝的生活規範を、民族内
規の書物として体系的に記述する作業に着手します。

 これが、ユダヤ民族のもうひとつの聖典とされるタルムードと呼
ばれる書物です。その内容は、現実的な利益を求める生活指向を示
すものでしたが、同時に、非ユダヤ人のことを「ゴイム(家畜」と表現し
罵るなどの、故意に歪められた民族的排他性独善的選民思想が付
随し、これが、他民族に反ユダヤ感情を植え付ける一因となりました。

 一例をあげてみると、

 ● イスラエル人は、他のすべての民に対し優越する者である。
  他の諸族の中には、賢い者は唯一人としていないが、イスラ
  エル人は全部が特別に賢い人間である。
 ● 他の宗教に改宗した者は、盗賊になったのに等しい。
 ● イスラエル人は人類であるが、世界の他の国民は人類では
  なく
、獣類である。
 ● 十戒の「汝殺すなかれ」とは「イスラエル人を殺すなかれ」の
  意であり、ゴイム、ノアの子等、異教徒は除かれる
 ● 聖書に「隣人」と書かれた箇所は、全てゴイムを含まない
 ● ゴイムが証人となっている証書すべて無効である。
 ● 偽善はこの世では許される。すなわち、背神者に対し慇懃に
  振る舞い、彼らを敬い、彼らに向いて「我汝を愛す]と言うのも
  よい。 すなわち、必要上止むを得ざる場合や恐怖に駆られた
  る場合である。
 ● ユダヤ人はゴイムから奪ってよい。ユダヤ人はゴイムから金
  を騙しとってよい。ゴイムは金を持つべきではなく、持てば神の
  名において不名誉となるだろう。
 ● ユダヤ人はユダヤ同族より利子を取ってはならない。ただ
  イムからのみこれを取るべき
である。
 ● ゴイムが、われらの書物には何かゴイムを害するこが書い
  てあるのではないかと聞いたら、「そのようなことは誓って書い
  てない
」と偽りの誓を立てなければならない。
 ● 自由思想家及びトーラと預言者を否定する者を殺のは掟
  である。公然と刀剣を以て為し得る時はそのようにし、もし為し
  得なければ策計をめぐらして死に至らしむべし

 ディアスポラの時代、ユダヤ社会はかっての神殿祭祀ではなく、「シ
ナゴーグ(ユダヤ教会堂)」のラビ(ユダヤ教指導者)による旧約聖書
やタルムードの研究解釈
に切り替わりました。

 このシステムは、現在のユダヤ教にそのまま受け継がれていますが、
タルムードを中核とする「新ユダヤ教」にあっては、もはやかつてのよ
うな預言者も神の声もなく、「原始ユダヤ教」からは遠い存在となっ
ています。

 もっとも、聖典として認められるのは、あくまでヘブライ語で記述され
たもののみで、他の言語に翻訳されたものについては、意味を正確に
伝えていない可能性があるため、聖典とみなされていません

 小生自身、原文を読みこなすことは不可能なので、こうした「邦訳」 が
タルムードの真意を伝えているのかどうかはわからないのですが、残
念ながら、近年の歴史に関わってきた、一部のユダヤ富裕層の行動
を見てゆくと、この邦訳に沿った思想を持っているとしか思えない部分
があります。

 しかし、ユダヤ人全てがこうした思想を持っているわけではありません。
『ウィキペギィア』は「ユダヤ教徒にとってのタルムード」について、こう述
べています。

 『 タルムードの権威とは、すなわちラビ(教師)の権威のこと
  でもあり、こうした権威を認めないユダヤ教の宗派は決して
  少なくはない

   カライ派は、ラビ文書の権威を認めない代表的な宗派であ
  り、モーセのトーラーのみを聖典としているのは有名である。
   また、シャブタイ派(サバタイ派)の流れを汲むユダヤ教に
  おいては、むしろタルムードを否定するという立場をとる。』

 ★ ディアスポラとしての処世術

 ディアスポラとなった彼等は、祖国は追われたものの、ローマ帝国の
市民権
が与えられており、その初期においては、身分的な差別はあった
ものの、さまざまな職業に就くことも可能でした。

 しかし、379年熱心なキリスト教保護者のテオドシウス帝がユダヤ
人を公職から追放したのを始め、589年には、西ゴート王国(今日の
スペイン)でも、第3回トレド会議で公職につけないこととされ、多くの
地域で、ユダヤ人はキリスト教徒が蔑んだ仕事に就ほかなくなりま
す。

 そのひとつが「商人」で、ローマ・カトリックが「多かれ少なかれイカ
サマを含んだ職業
」とみなしていたことから、キリスト教徒には敬遠
され、その多くをユダヤの民が握ることとなります。

 その後、ローマ帝国は395年に東西分裂476年にはゲルマン民
族の大移動に伴い西ローマ帝国は滅亡します。
 その後の混乱期を経て、7世紀カール大帝がヨーロッパの秩序を
回復すると、彼及びその後のカロリング諸王の保護を受けたユダヤ
の民は、軍事物資の調達や、その「分散」を逆手にとった東西貿易に手
腕を発揮します。

 東西貿易の主流は、インドからの香料、胡椒、宝石、真珠、象牙、
絹、綿、皮革、チーク材
などの商品と、西洋のぶどう酒、金属、手工
製品、金
との交換でした。

 特に封建領主達は、東洋の奢侈品を貪欲に求めたため、商業を厭
わないユダヤ人には寛容
で、10世紀には東西貿易の担い手はほぼ
ユダヤ人が独占することとなります。

 ★ 十字軍とヴェネチア商人の台頭

 ところが12世紀に入ると、二つの要因が彼等の繁栄に終止符を打つ
ことになります。

 一つ目は、1096年から1270年にかけて8回に渡って計画され
た、キリスト教徒の十字軍の遠征です。キリストの聖地を取り戻そうと
いうこの運動は、異教徒に対する戦いに姿を変え、特に「改宗しようと
しないユダヤ人の根絶
」と言う思想が現れます。

 これ以後、西欧ユダヤ人の迫害史が正式に開始され、東西貿易
の拠点
に生活していたユダヤ人は次々とその犠牲者となり、彼等の作
り上げた東西貿易のルートが断たれてしまいます。

 二つ目は、東西貿易の形が、単に自給自足経済の中での余剰品の
仲介から、最初から「交換」を目的とした商品を大量に「生産」する形
に変化したことです。

 一方、1078年には、ローマ教皇グレゴリウス7世が、ユダヤ人に
対し、全てのキリスト教国での「公職追放令」を発令します。これによ
りユダヤ人は「生産に関わる手工業者のギルド(職人組合)」に参加で
きなくなります
。そのため、東西貿易の担い手は、主としてヴェネチア
のキリスト教商人
たちにとって変られてしまいます。

 こうして、「商人」としての選択も閉ざされた彼等は、キリスト教徒
が蔑んだもうひとつの職業、「貸金業」へと追いやられます。もともと
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の三教とも、借り手から「利子」を
取ることは禁じられていたのですが、ユダヤ教のみは、先のタルムード
にあったとおり、異教徒から「利子」を取ことは禁じていなかったた
めです。

 ★ ユダヤ人の相次ぐ迫害と追放

 その後、12世紀末からキリスト教権力による、ユダヤ人の迫害と国
外追放
が相次ぎます。

 1290年には、イギリスでイングランドのエドワード1世が、ユダ
ヤ人を国内から追放します。次いで1306年には、フランスのフィリ
ップ王が、ユダヤ人を国内から追放します。

 1348年からヨーロッパを死の恐怖に陥れたペストの大流行では、
ユダヤ人がペストをばらまく犯人だとされ、ヨーロッパ各地でユダヤ人
の虐殺が起こっています。

 1391年にはスペインで、改宗をしないユダヤ人の大虐殺が起こり、
3万人ものユダヤ人が命を落としています。この際、ユダヤ教の宗教指
導者は、殺戮を免れるための「見せ掛けの改宗」を許し、こうした者達
マラ-ノ(隠れユダヤ人)と呼ばれるようになります。

 その他、1421年にはオーストリアがユダヤ人の国外追放を、14
49年
にはポルトガルのリスボンでユダヤ人の大虐殺と、彼等にとって
まさに「第二のディアスポラ」の時代となってしまいます。

 ★ 「ゲットー」とアムステルダム、ドイツ

 1554年には、ローマ教皇パウルス4世が、「ユダヤ人集団隔離居
住区(ゲットー)
」を設置し、ユダヤ人に当該地域への居住を強制させ
ます。以後、ヨーロッパに散ったユダヤ人は「ゲットー」と呼ばれるユ
ダヤ人集落を各地に作って居住するようになります。

 しかし、全てのユダヤ人がゲットー生活を強いられていたわけではな
く、他とは違う扱いを受けた2つの地域がありました。

 そのひとつがアムステルダム(オランダ)です。ここでは宗教の自由
が保障され、異教徒に対して比較的寛大だったばかりでなく、一歩進ん
宗教弾圧や宗教による差別をも禁じていたためです。このため迫害
を恐れた多くのユダヤ人がこの地を目指こととなります。
 
 もうひとつがドイツで、13世紀のドイツ国王は、「キリスト殺し」 のレッ
テルを貼られたユダヤ人を特別に保護し、その代償として種々の納税
務を架す政策をとりました。

 逆に国王の意に反してドイツを去ることは許されず、ユダヤ人はその
国際通商能力、経済力を持って国王一人に属する「下僕」としての扱
いをうけていました。

 そうしたユダヤ人は「ホフ・ユーデン(宮廷ユダヤ人) 」と呼ばれ、
諸侯の高級官僚や宮廷出入りの御用商人となり、完全に自由な特権
享受していました。彼らは天性の商才によって、莫大な富を蓄積してゆき
ます。

 そして、その中のひとつとして台頭していったのが、世界最大最強の財
として地上に君臨しているロスチャイルド財閥なのです。
 次回第三十夜では、その歴史に触れてみようと思います。

目次のペーシへはこちらから

関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
50位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧