春の花-椿-

あれは山茶花?それとも椿?たまたまとまった角で道路向こうに白い花をつけた木を見つけました。

明るい日向に白い花びらが折り重なるように落ちているのを見て言ったのは私でした。椿の花は花ごと落ちるので武家に嫌われたと、そんな話は知っていましたが、なら山茶花はとうだと言われると?でした。

我が家の赤い花は花びらが一枚ずつ散ります。

山茶花だったんですね。ちょっと調べて山茶花は花びらが一枚ずつ散っていくのだとわかりました。

椿は春1月から4月に咲きます。幼稚園の頃、ツバキの咲く寺の林をクレヨンで書きました。赤い椿、寺の常緑樹、その隣には大きな桜の木があり、ピンクの花が咲き誇っていました。写生ですから、桜を大きく描いてその隣に赤い椿も添えました。ピンクの桜に赤い椿を加えるとまずいかな?と幼稚園児ながらその組み合わせに危ういものを感じながらも描いてしまったのですが、気がかりは、本当になりました。

先生に
-るんるうんちゃん、桜はピンクだけど赤い花はおかしいよ-と言われてしまいました。
-先生、これは見たままを描いたんだよ。椿がまだ咲いていたよ-といったら、先生は-そうなの-と納得してくれましたが...これから桜と椿は一緒に描いてはいけないなぁと思ってしまいました。

それ以来、春の写生にもまた、桜と椿は一緒には描いてません
関連記事


 にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ

名古屋市内にてイベント、ワークを開催中 くわしくは-こもれびやま-↓にて 

ブログランキング参加してます。クリックおねがいします

こもれびやま-NEW-  ★ こもれびやま
スピリチュアルな記事は↓のブログに移りました

オリオン出航

こもれびやま-NEW-私のスピリチュアルエクササイズ、お茶会イベントのホームページです。-こもれびやま-はホームページのイベント詳細などを随時掲載しております。よろしかったら、ご覧ください。
着物、キッチンリフォームなどの記事は引き続きこちらで書いております。

theme : 日々の暮らし
genre : ライフ

line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

図画は嫌いでした

私は幼稚園時代に椿を春かいても やばいってきっと おもえるほど
賢くなかっただろうからやっぱり さくらと椿描いたと思います。 
先生に何か言われたら きっときょとんとして
そして ソンなものか・・と 刷り込まれていたでしょうね。
本当は絵なんて 感性だから 考えて描くものでもないし
常識に囚われる必要もないし 見たまま 感じたままに書くものなのにね。
だから 私は 図画工作の授業が本当にだいっきらいで いつも
成績は 悪かったです。
絵なんて 描こうとも思わない年月でしたから・・
椿とさくら・・ 綺麗だなあ・・と 個人的に 思っちゃいます
描いてほしいなあ 私も書こうかな 笑

感性の違い

“先生の美意識”と”常識”のなかではノーだったのでしょうけど
例えば梅と椿にみられるような“侘び寂び”を子供に理解しなさいというのは…苦笑。

子供は、あっ赤い花も咲いていて綺麗と思ったら、感動をそのまま描きたいもの。

最近は外国で開発された華やかな椿が出回っていますし
桜と共演させたら素敵だろうなぁと思います。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: 感性の違い


> 例えば梅と椿にみられるような“侘び寂び”を子供に理解しなさいというのは…苦笑。
>
> 子供は、あっ赤い花も咲いていて綺麗と思ったら、感動をそのまま描きたいもの。
そうそう、今考えると椿は日本画みたいに一本、それだけで描くもので、桜と椿と一緒だと寿司とラーメンを一緒に食べるみたいで変だと思われたのだと思います。> 最近は外国で開発された華やかな椿が出回っていますし
> 桜と共演させたら素敵だろうなぁと思います。

桜と椿、合わないような気もしますが、華やかなツバキと桜...うまく合わせたら意外といいデザインができそうです。

Re: タイトルなし

> 図画工作の授業が嫌いだったのは、常識的な絵
こどもながらまずいとおもいつつも、描いたけど、先生にも子供にも言われたような気がするよ
-どうして-
どうしてって、-そのまま-だからだけど、説明しにくいからいやになっちゃったよ。まわりの風景をみればそのままじゃん。て...みんなそのままを見ないのかなぁ。

めんどうだから、桜には椿を合わせなくなったのだ。ツバキに桜は常識から外れていたのだと思う。だんだん桜の時期に椿が咲くのはないのかも?自分の妄想だったかもと思ったりして...でも植物ガイドには4月に咲くと書いてあるね。
line
line

FC2Ad

line
プロフィール
名古屋でスピリチュアルなイベントを行っている-こもれびやま- を主宰してます。瞑想会、ミディアムシップワークなどスピワークをやっています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★

スピリチュアルなイベントをやっています
興味のある方は↓クリック

こもれびやま

オリオン出航

☆★☆

line
十二か月の着物
手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...
line
カテゴリ
line
最新コメント
line
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
心と身体
230位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
47位
アクセスランキングを見る>>
line
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
line
リンク
line
RSS登録er
line
月別アーカイブ
line
ブログ翻訳
powered by 3ET
powered by 電脳PC生活
line
メールフォーム
メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

line
検索BOX・タグ一覧
サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

line
クマネルおすすめコーナー
line
検索フォーム
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
RSSリンクの表示
line
QRコード
以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR
line
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

line
最新トラックバック
line
カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧
line
sub_line