FC2ブログ
   
08
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

レイラインと、水のライン山の辺の道を行く-7つばいち観音から金谷の石仏へ

子供たちとあいさつを交わし、細い道を少しのぼって行くと、ありました。

つばいちの観音堂です。お堂の中に入っているので、石像の表情、凸凹は陰になり、よく見えませんでした。田舎の細い道の奥にある、素朴な仏さまでした。写真は撮れませんでした。

ここからさらに少し歩くと、金谷の石仏です。歩く脇の側溝をざっーと透き通った水が流れています。湧水でしょうか?水音に、自然の気持ちよさを感じます。

金谷の石仏です。
縮金屋石仏DSCN0317

石に仏が刻まれています。素朴ですが、細かいですね。昔は村のちょっとした辻に地蔵などがあり、その傍らで休む人、季節のあいさつをする人...いたんだろうなぁと思いますが、今はみんな忙しくなかなか地蔵などに目をとめる人もいなくなりました。

この金谷の石仏は、貞観時代の石棺の蓋とみられています。平等寺にあったともいわれていますが、そこを出て、外に置かれていたこともあるのでしょうか?今はお堂の中というのが少し残念ですが、この石仏、集落になじんで溶け込んでいるようにみえます。

ここからは平等寺を目指します。

関連記事

theme : 歴史&スピリチュアル・ミステリー
genre :

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
42位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧