FC2ブログ
   
09
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
   

お葬式の靴、草履...

お葬式と言えば、喪服と決まっています。地域やそれぞれの家の習慣によりますが、お葬式の時は身内は女の人は和服、となっているところも多いです。

お葬式は前もって予想している人はいないので、いざその時になってあわてて喪服をたんすから引っ張り出す。数珠を探す...などお葬式に必要なものをあわててそろえることになります。

私も喪服を探したはいいが、ぞうりがない。など、足りないものにせっぱつまってから気づき、お店に買いにいったことがあります。黒い自分用のぞうりがもともとなかったのです。その時に、母のものか、だれかのものか?黒い古いぞうりがあったのですが、それはあまりにも古そうな30年以上は経っている感じのものでした。葬式用の草履なので、そうそう履いてはいません。裏をみてもすり減ってもないし、鼻緒も傷んでいません。ちょっと古そうだなぁ、というだけですが、
-なんとなく、ふるそうな草履では不安だ-との思いがわき出てきて、忙しい葬式前ですが、なんとかお店まで行って黒い草履と小物のセットを買うことができました。

葬式が終わり、家にあった古びた草履と、新しい草履を比べてみると、やはり、古いものは、あまり使われてはいないけど大分年季がはいった感がありました。黒い草履なので、なにも新しいものを買わなくてもよかったかなぁと思いましたが、草履にも寿命があるようで、たまに、古い草履をはいて葬式に出かけたら、底が取れてしまった、と聞くことがあります。底の接着剤が古びてはがれてくるのです。

葬式はそれほどでないので、草履はそう使うこともないのですが、下駄箱の中で経年劣化し、ちょっと履いたときに一気にそこがはがれたりするのでしょうか?長年履いてない草履、礼服用靴を使用するときは底をよく確認して着用した方がいいかもしれません。また、喪服は若いうちに準備しておく習慣があっても、靴、草履はいざという時が来た時にお店走って買った方が、いいかもしれませんね。私の場合は草履だけは新しいのでこわれることもなく安心してお葬式に出席できました。
関連記事

theme : 日々の中で・・
genre : ライフ

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
50位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧