FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

学祭に行ってきました

母校の学祭に家族を連れて行ってきました。

昔と比べてきれいでおしゃれになった大学。構内は学生やお客でいっぱいで、-◎◎大学見学ツアー-なんて札をもった案内人についていく団体さんもいたりして...ここってあの、ぼろっちい大学だったところか?と思うほどでした。建物もいろいろとたくさん新築、増築されており、新しいのはいいんだけど、昔みたいに通路や芝生のところがあまりなく、狭い。狭い。

こんなんだったら、模擬店はちょっと離れたグランドのところとかでやったらどうかと思ったほどです。でも活気はあり、みんな楽しそう...
縮学祭ステージDSCN0108



ちょっと狭すぎると、後から思いましたが、そんな狭いなか、いろんな店の食べ物を食べました。卒業生の特権で、同窓会から金券をもらったので、それで焼き鳥、たこやき、ロシア料理、タピオカジュースなどなど...
これが...お祭なんかで出ているプロのてきやの飲食店より、はるかにうまい。

たこ焼きは囲碁同好会の学生が一生懸命に焼いてくれたものですが、もくもくと無言でたこやきを焼き続ける学生に、拍手したくなりました。家庭用たこ焼き器で焼いていたのにかかわらず、外はかりっと、なかはじゅわっと、しかもあつあつで、ほんとうにおいしかったですよ。
焼き鳥もおいしく、二度買ってしまったし、タピオカジュースはタピオカが大きくカラフルで驚きました。へたなファミレスのジュースよりはるかにおいしかったです。

ステージがあり、ライブをやっていました。
縮学祭ステージDSCN0107



しかーし、家族の期待のジャズの生演奏が聞けず残念でした。

教室を使っての模擬店では、自作の映画とか、美容コーナーとか、昔はなかったようなものもありましたが、まず入ったのは、ここ
ロシア語研究会?の模擬店です。
学生時代、第二外国語はロシア語を学びました。初めてロシア文字を見たときの驚き...文字を覚えるだけでも大変だと思ったことを覚えています。しかし、驚きと大変さが、何年も経つと懐かしさに変わります。

入口のところのロシア語がなんとも懐かしく、郷愁が誘われます。早速ボルシチを食べてみることにしました。
中に入ると、机も椅子もきれい。天井にはクーラーが...あの味もそっけもクーラーもなかった昔と比べ、今はきれいで設備も整っています。新しいタイプの椅子になんとか腰かけ、前を見ると、マトリョーシカが...
縮学祭マトDSCN0106



昔先生が、持ってきて見せてくれたこともあったロシアのこけしのような人形です。そして、黒板には、ロシア語の読み方が、書いてあります。学生さんがボルシチと紅茶を持ってきてくれて、パンをボルシチに浸して食べていると、ロシア民謡が聞こえてきます。ロシア語の歌も歌ったなぁ...なんて思っていると、哀愁のあるロシア語の歌とメロディに、昔授業で、シベリア鉄道の話や、ソビエトの話を聞いたことが蘇ってきます。

ロシア語はきらいで、できればやらずに済ませたいぐらいだったけど、先生の語るソビエトの話、ロシア人の話などを聞くのは好きで、シベリア鉄道に乗ってみたいと、思うようになっていたなぁ。ひろい渺茫としたロシアの大地を見てみたいと、思っていたよ。
シベリア鉄道に乗ってみたいと思っていたのはいいけれど、ロシア語は全くだめで、ロシア文字も鳥みたいに飛んで行ってしまい、追試まで受けていた不真面目な学生でした。新聞を訳す宿題で、どこでもいいから訳してこいとの先生の言葉に、
天気予報、シベリア 腫れ。 ◎◎曇り。  私の頭は濃霧...以上と出してすましていては成績は悪くて当たり前だったと思いますが、追試でもよく通ったよ...と今悟っています。

と、感慨にふけっていたら、懐かしいロシア語の先生が教室に入ってきました。あっ、〇×先生だ。そして、紙とペンを出して始めたのが、
丸つけ...テストの採点か?紙にさっ、さっ、と〇をうっているのが横目で見えました。今の子は勉強熱心で、丸ばっかかぁ。

帰りの電車の中で、家族にロシア文字を聞かれ、Дは Dみたいに発音するんだ、なんて答えながら、ロシア語のへんてこな文字を説明するたび、いまだに乗っていないシベリア鉄道と、学生時代の光景がまぜこぜになり、なんだかとても懐かしい、哀しいような...どこかでロシア民謡が流れているような気がしました。
関連記事

theme : 日々のできごと
genre : ライフ

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧