FC2ブログ
   
08
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

勘-感-にしたがうことの難しさ

世の中には、-良いこと-として受け止められていることがあります。

例えば、人をうわべで見てはいけない。少々疲れていても休まずに勤勉に働くことはいいことだ。なんてことは当然と考えられています。

また、医療や福祉の仕事をしているから人のことを思いやれる人だろう。放射能の危険性を叫んでいる人だから、それを防ぐ生活をしているだろう、そんな風にいろんな良き人について自動的に推し測って暮らしているということはあると思います。

しかし、人、世の中というものはそう紋切型通りに行かないものです。
スピリチュアルな分野で活躍している人で、-人のために生きる-と言っているヒーラーなどがいます。本人もそう言っているし、ひーりーんぐでみんなを癒したい、との言葉に茶々をいれることはできません。
本人もそのつもりだし、言っていることはよいことだ。

しかし...

なーんかね。そんなに人のためと言っているのに、いざ、身近な誰かが調子悪くなっても、その人のために時間をさくことはしない。自分の都合を優先してしまう。みんなのためといううたい文句を言っているのに、学校の役員なんかは絶対にしない...
放射能防御と言っているのに、危険性のあるものに無頓着な活動家...

なんか、おかしいです。癒し、放射能防御、ということをしている自分に酔っている。そういうことをしている自分を見せてほめてもらいたい。人に みんなのために...とすばらしいことをしているとの強烈な錯覚に陥っているだけで実は自己陶酔につつまれた自分向けのベクトルがあることにすら気づかない。

もともとそういう問題意識のある人は優しい人が多いし、いい人が多いと思います。でも、行為の美名のもとに-自分向けのベクトル-が見えず、行動している人も多いと思います。

心底、自分を滅することがなければ、―人のため-なんてなかなかできないと思います。が、そんな人はいません。なのでそんなひとのみ、-人のため-になにかができるとか、行動できるとかはいえませんが。
 でも、そのことを自覚しないと、いざという時、人のことを考えないエゴイスティックな行動をとり、結果的に誰かを痛めつけることになることもあるのではないでしょうか。

この世の人びとは私を含めて、またどんな素晴らしいチャネラーといえども、心のどこか、頭の一隅にでも、
良いことをする自分に酔ってないか?
素晴らしいことを言う自分に慢心してないか?

高みに立つ爽快感を味わうならば、低く身をかがめ、自分の影の姿をチェックすることも必要でしょう。

また、一般人からすれば、
人のため、とか 原発禁止運動とか、世のためのことをされている人をみるとみると、それだけですばらしいと判断してしまいがちです。
でも、それだけで判断するのは危険です。

私はある人にお会いしたとき、その人は立派なことを言って、している人でした。しかし、口を開いたかどうかの瞬間に...
なんか、好きじゃあない。嫌いだ と思いました。
でもその時に
自分の好き嫌いで人を判断してはいけない、と普段の道徳観念が出たと思います。
そこでその気持ちをおしのけ、その人と接していたのですが、いろいろと接してその人の言葉などはすばらしいけど、凡そ、人のことは考えない自分のために-美しいこと-をしている人だと悟りました。結果的にひどいダメージを受けました。

人をうわべで判断してはいけない、との美しい言葉で、私はふらつき、躓いたのだと、またも思いました。

私は思うのです。
好き嫌い、いやだ、怠けたい、あんなことはしたくない、なんて一見自己中でエゴに満ちた感覚があります。外見がとてもいやだ。人を外見で判断するだなんて、なんてやつかと思います。
でも、それって、意外と真実の源泉から出ているのでは?と思うことがあります。桐ひと葉落ちて天下の秋を知るということもあるのです。

道徳だと、自分の好き嫌いをやめよとかいいますが、
意外と、-こんなことやってられない。怠けたい-などと思うことが真実だったりして...私はもともと既成概念にとらわれないとじぶんについて思っていたのですが、-もっともな既成概念-に目がくらみ、本質が掴めてなかったのだと、自分のぼんくらさを思い知らされました。

ともすれば、マイナスの黒い考え、思いととられがちな
 いやだ、好かん、やーめた...という感覚、行動...真実へとさししめす光などかもしれません。
関連記事

theme : 日々出来事
genre : ライフ

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧