FC2ブログ
   
08
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(172) 24.9.2

トンデモ話は奥で繋がる 「第172夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪霊的本性たち ④≫
 
 ★ 惑星紀~③月紀

 さて『月紀』には、人類の進化にとって最も大きな出来事である、
『太陽』の分離が起こります。それでは、再びシュタイナーの話か
ら入ってゆきましょう。

 「 第1『月』周期では、土星存在がやや異なった形で、
  繰り返されるだけである。第2『月』周期も、まだ何
  も新しいものをもたらさない。

   …第3『月』周期に到って、初めて新しいものが加
  わる。人間は物質体とエーテル体に加えて、アストラ
  ル体
を得たのである。

   この段階の人間は、外的な形態としては、物質体、
  エーテル体、アストラル体を持っている今日の動物
  比べることができる。

   『月』において、人間は動物界の段階に到ったので
  ある。…今や、植物界を分離することによって、動物
  界に高まったのである。

   こうして、人間の傍らに、2つの領域が存在するこ
  とになる。人間は再び小さな部分を自分から分離し、
  上昇する。

   第3『月』周期に、重要な宇宙的プロセスが生じる。
  太陽と月が分離するのである。月が太陽を分離し、
      2 つの天体が出来た。

   …太陽は高貴な部分を保持し、外から月に光を注
  ぎ、月の存在全てに必要なものを与える。太陽は今
  や恒星に昇進
したのである。

   …太陽は、低次の部分を分離した後で、高次の存
  在に宿を貸す


    第4周期に全ては完成し、第5周期において、
  つの天体は再び1つに合体
する。そうして、1つの天
  体として、プラヤナの中に消えてゆく。」

  (ルドルフ・シュタイナー『神智学の門前にて』pp116-117
  《イザラ書房(西川隆範訳)》より抜粋転載)


 何と、いったん月から分離した太陽も、消え入る前には再び合
体してしまいます
。実はこうした展開は、次の『地球紀』にも見ら
れるのですが、折角できた天体も、また元に戻っています。

 こうした『創っては壊し』の繰り返しの歴史を見ていると、小生に
は、まるで何者かが地球を含む天体使って『粘土遊び』でもし
ているように見えてきます。

 ★ 月紀の生命体 

 「『月』は当時、まだ固い鉱物界を有していなかった。
  『月』は、固い地殻の代わりに、生命的な、内的に
  成長する泥炭沼のような天体だった。

   この生きた基質には、木のような構成体がが混
  ざっていた。その上に、当時の植物界が生長した。

   当時の植物は、本来、植物動物だった。植物動
  物は感覚を有し、圧力を苦痛に感じたことだろう。

   また、当時の動物界は今日の動物のようでは無
  く、人間と動物の中間にあった。

   当時の動物は、今日の動物より高次のもので、
  今日よりずっと計画的に衝動を遂行できたのであ
  る。

   しかし、その動物は、今日の人間よりは低次の
  ものだった。自分のことを『私』と言うことが出来な
  かった
からである。

   『月』の動物は、また自我を持っていなかった

   この3つの界が、生命的な『月体』の上に生きて
  いた。『月人間』は、今日の人間のように呼吸して
  はいなかった。

   『月人間』は空気を呼吸するのでは無く、火を呼
  吸
していた。火を吸うことによって、熱が人間の中
  に入り込んだ。

   火を吐き出すと、熱も出ていき、冷たくなった。
  今日の内的な血温を、人間は『月』では呼吸熱と
  して有していた。」

  (ルドルフ・シュタイナー『神智学の門前にて』p117
  《イザラ書房(西川隆範訳)》より抜粋転載)
   

 粘土質の『月』、感覚を持った『動物植物』、計画性な行
動をとれる『動物』、火を呼吸する『月人間』
…矢継ぎ早に
オカルト・パンチが繰り出されてきます。

 これらの講義が、初めて『神智学』を扉を開こうとする者達の
『門前』で繰り広げられたとすれば、大多数の聴衆は扉を開く
前に去ってしまったことでしょう。

 この部分は、小生から見ても、にわかに全てを受け入れる
ことは難しい
ところです。今は否定も肯定もせず、将来、自分
に語りかける菩薩の声を待つばかりです。

 ★ 惑星紀~④地球紀の始まり 
   
 さて、いよいよ『地球紀』に入っていきます。ここでも『月紀』
でお話ししたように、まるで陶芸師が、同じ焼物に何度も挑戦し
ているかのよう、同じ過程が繰り返されます。

 「 プラナヤの中に消え去った後、『月』は『地球』
  として、再び現れた。

   第1地球周期において、『土星』全体が繰り返さ
  れる。第2周期には『太陽』が繰り返され、第3周
  期
には『月』が繰り返された。

   第3周期には、太陽と月の分離も繰り返された。
  しかし、この周期の終わりには、太陽と月は再び
  一つの天体
になった。」

  (ルドルフ・シュタイナー『神智学の門前にて』pp117-118
  《イザラ書房(西川隆範訳)》より抜粋転載)


 何度も何度も、実にじれったい感じです。しかし、こうした展開
は何かに似ていると思いませんか。そうです、何度も失敗して
輪廻転生を繰り返す、私達人間の姿そのものです。

 惑星ですから、我々とは比べものにならない位、長い期間を
かけての成長です。しかし、ひとたびプラナヤの中に消え去れ
ば、次にはまた、前回と同じ過程を経なければなりません。

 しかし、前回の『生(マンヴァンタラ)』が全く無駄になるのでは
ありません。必ず、次の進化への手がかりを得て、惑星の生
涯を、もう一度初めからやり直すのです。

 そして私達人間は、その中で生きています。惑星と共に生き
ている
以上、惑星が進化すればその分だけ、我々人類も成長
してゆくことになるのです。

 つまり、当時の我々が『火を呼吸』できたかどうかは、現時点
で問題にしても意味が無い
のです。

 それは惑星の当時の進化の段階に合わせた、我々の成長の
過程
であったと言う他ないのです。 

 そして今『地球紀』にあって、我々は地球の進化とともに、全く
別の形で『熱』を得ています。まさに、『地球』がそのように進化
したために、我々も成長したわけです。

 これが、第169夜の西平氏の、まさに的を射た告白である、 

『そんな私にも重要だと思われるのは、人類が地球と一緒
に進化するという点である』

という言葉になっているのです。

 さて、次回第173夜は『月紀』には無い、新しい展開が始
まる『地球紀』の第4周期へと続きます。

( 追伸 )

 中曽根君、君は進化して、今後は放射能
でも呼吸してくれたまえ。

目次のペーシへはこちらから
 
関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
138位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
42位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧