FC2ブログ
   
08
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

ジューンさんのワーク⑤具体的なイメージから...

ジューンさんは具体的に説明します。
スピリット(ガイドなど)が送ってきた情報というものがあります。受け手はその情報が見えているわけではなく、例えばおばあさんのイメージ、像が見えたと思っても、それは、ガイドが-おばあさんのような-情報を送ってくるのだ、と言います。

すっと頭、心によぎるイメージ...そのもとは自分ではなく自分へのガイドからの情報である、といったことでしょうか。

またも、一例をあげます。
例えば足を引きずるおじいさん、のイメージ、像があるとします。
足をひいているというのは、ダイレクトにそのまま受け取れます。しかし、なぜ足を引いているのか、足のけがか、靴の中に石が入っているのか?なんなのかはそのイメージからはわかりません。

そこで、ジューンさんはイメージそのままをいうことを強調します。足をけがしたとかは真実でもなんでもないと言います。

イメージはガイドの送ってくれるままそのままに意味があるので、仲介者のミディアムなどは自分の解釈で真実を曲げてはいけないということでしょうか?
うーん。このことは半分納得で半分不可解でした。

ガイドなどのスピリットが情報を与えてくれるということはわかります。ガイドから情報を得、それを伝える...それはもっともです。自分のサイキックなレベルだけではミディアムシップはできないと教えられているし、ミディアムシップの練習でもガイドに協力を頼むのが定番です。

しかし、そのままり画像だけを伝えることも大事だが、その画像にこめられた送り手であるガイドと受け手のミディアムとの符牒のようなものがあるのでは?たとえば、足が悪い、引きずっている-像-があればあるミディアムにとっては困難の象徴であり、あるミディアムにとっては文字通り、足のけがに気をつけろとの印だったり...
シンボルとしての解釈はできないのだろうか?

また、足をけがした?などと疑問形で言ってもいけないということは、ちょっと難しい気がいたします。実際には、もっと解釈が挟み込まれたりするのでは?と思うのですが、このあたりはちょっと不可解でした。

つづく
関連記事

theme : スピリチュアル
genre : 心と身体

Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
141位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
40位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧