FC2ブログ
   
08
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
   

トンデモ話は奥で繋がる(168) 24.8.5

トンデモ話は奥で繋がる 「第168夜」
-弟子のクッテネルがお送りします。

≪復活と再臨 ⑨≫
 
 ★ 我々の2つの悪癖

 それでは、前夜のシュタイナーの言葉を続けましょう。彼によれば、
我々は前述の『偽メシア』の出現にさらされると、2つの全く異なる
反応
で対応しがちであると述べています。

 「 こういう分野での偽者の影響力は、途方も無く大きい
  のです。何故なら、現代人は、両極端の間を揺れ動い
  ているからです。

   一方で現代人は、人々の中に働く霊的な力を認めよ
  うとしません
。独創的な霊力が示されると、現代人はそ
  の才能や能力を認めたがりません。

   いつでもどこでもそうです。新聞もまた繰り返しそうい
  う発言をしています。これは現代の悪癖の一つです。

   私達の時代に、地上最大の個性が生まれてくるはず
  なのに、私達の時代はそのことに全く鈍感で、それに注
  目しようとはせず
、ただなりゆきに任せています。

   そして、もう一つの悪癖も存在します。

   それは他の多くの現代的習慣と共通のものです。すな
  わち、霊的な個性を過小評価して、その存在を認めない
  のと同じ位に、

   その反面、誰かを神のように崇拝して、雲の上の存在
  にしてしまおうとする強い要求が存在しています。

   今日、到る所で、それぞれの救世主を戴く信者達の集
  会が見られます。もちろん現代に限ったことではなく、
  これまでも何世紀にも渡って、繰り返しそういう風潮
  現れてきました。」

  (『シュタイナーコレクション5(イエスを語る)』
  p259《筑摩書房(高橋巌 訳)》より抜粋転載)


 我々は、古代アトランティス人の見霊能力を失った時から、常に『偽
メシア』の出現に対し、感性だけで対応する必要
が生じています。
そして2つの両極端な姿勢をとろうとするのです。

 2つの悪癖は、全く対照的な反応なのですが、共通しているのは、ど
ちらも『未知なるもの』に対し、他人の意見やマスコミの批評に頼
らず、それをよく吟味し自らの判断を下そうとしない
点です。

 シュタイナーが何度も繰り返し言っているように、今必要なことは、我
々の中に眠っている、物質的ではないものに対する感性を目覚め
させること
です。

 しかし、『その感性が分ると称している人物』に対して、全く非科学的
だと跳ねつけたり、言われたままにそう信じる
ことは、自らの感性を
目覚めさせることを放棄してしまうことなのです。

 ★ サバタイ・ツヴィに学べ《/span>

 さて、シュタイナーは、この言葉に続けて、幾人かの『偽キリスト』
例を述べています。

 1097年、スペインのコルドバでキリストを名乗った者
 1012年、モロッコのフェズに出現した偽メシア
 1137年、フランスに現れ死刑に処された偽キリスト
 1147年、ペルシアでキリストを引き合いにした者
 
 そして、その極端な例として、1666年スミルナ(イズミル)に現れた
サバタイ・ツヴィの例をこう語っています。

 「 彼(サバタイ)はキリストの再来であると自称していまし
  た。彼の姿を見ると、偽メシアの本質と、周囲に及ぼす
  影響とを、最も詳細に研究できるのです。

   その当時、スミルナから、新しいキリストがサバタイ・ツ
  ヴィ
という人間になって現れた、というニュースが広まり
  ました。

   当時の精神運動が小規模なものだと思ってはなりませ
  ん。ヨーロッパのあらゆる地方―フランス、スペイン、
  イタリア、ポーランド、ハンガリー、南ロシア、北アフ
  リカ、アジア内陸部―から、新しいキリストであるサバ
  タイ・ツヴィを見ようと、人々がスミルナに集まって来
  ました。

   当時サバタイ・ツヴィに新しいキリストを見た人々に、
  彼自身が打ち明ける前に、人々が彼の戦略を見抜く前に、
  
   『彼が本当のキリストでは無い』と、もし誰かが言ったと
  したら、その人は憎まれ、途方も無い人々の宗教心を逆
  撫で
したことでしょう。

   これがもう一方の悪癖です。多分これはキリスト教世
  界の諸地方で無くとも、他でも日常見られる悪癖です。

   肉身の救世主に出会いたいという要求が潜在的にある
  のです。

   キリスト教国の中では、通常は比較的小さな範囲内で
  こういう個人崇拝が生じますが、しかしこういうキリストた
  ちが繰り返し現れて来る
るのです。」

  (『シュタイナーコレクション5(イエスを語る)』
  pp260-261《筑摩書房(高橋巌 訳)》より抜粋転載)


 どうでしょう。これと同じことが、今や宗教化しつつある一部のスピ
リチュアリズムにも起きている
とは思いませんか。あなたは眼で癒す
怪人が、戦略を用いているかどうか見抜く事ができますか

 或いは、それが『本当の怪人では無い』と感じた時に、ストレートに
口に出来るような精神状態に、周りの人達はあるでしょうか。
それも
戦略の一部では無い
と、確信を持って言えるでしょうか。

 ★ 

 そしてシュタイナーは、我々が本当に大切にすべきことを述べています。

 「 大切なのは、人々が神智学による事実の正確な洞察
  通して、前者の悪癖にも、後者の悪癖にも染まらないこと
  です。
  (…中略…)

   私達が古い菩薩の伝統精神においてでは無く、新しい
  菩薩の意味において生きようとするのであれば、いつか
  弥勒仏となるべき菩薩からの霊感を受けることが大切
  のです。

   そしてこの新しい菩薩は、私達に霊感を与えて、次の
  事に注意を向けさせます。

   『 キリストが新しい形式で、エーテル体の姿で、
    新しいエッセネ派の叡智を通して作用する時代
    が来た。

     キリストがエーテルの衣装をまとって人々に
    近寄り、人々に生命力を賦与する時代が来た。』
  (…中略…)

   私達は、何らかの宗教信条の意味で、キリストが
  再び物質界において知覚できるようになる、と言う
  つもりはありません。

   けれども、ひるむ事無く、語ろうと思います

   『 我々は真理であると認識する故に語るのだか
    ら、どんな結論になろうが構わない。
   
     我々は東洋の宗教教義を偏愛するつもりはな
    いが、未来においてキリストがどのように出現
    するのか
を、菩薩自身から霊感を受けて、我々
    はこう語るのだ。』」

  (『シュタイナーコレクション5(イエスを語る)』
 pp261-262《筑摩書房(高橋巌 訳)》より抜粋転載)
   

 我々に必要なことは、本当の菩薩からの霊感を感知することです。
それには、それがどんな結論になろうとも、自らの感性を信じる勇
が必要なのです。

 もちろん、自らの感性が判断を誤ることもあるでしょう
 しかし、それはそれで、自らの霊性が未熟だったと割り切って、再度
転生して改めた方がよい
と、小生は思います。

 無論、途中でその誤りに気がついた(いや、正確には誤っていた
と 判断したと言うべきでしょう)
時には、潔く誤りを正し、たとえ正反
対の方向であろうと、振り返って進んでゆく勇気
も必要です。

 さて、次回第169夜は、キリストも含めた宇宙の本性について
の話から入ってゆきます。

( 追伸 )

 
中曽根君、我々もひるむ事無く、
 君を『亡国主』と呼ぼう。

目次のペーシへはこちらから
 

関連記事
Secret

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
129位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
41位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧