fc2ブログ
   
07
1
2
8
11
14
19
20
22
24
26
27
29
30
31
   

鉄道に乗って出かけました

青春切符二回目です。青春きっぷは、一日乗り放題です。今まで乗ったことのない普通列車停車駅の駐車場に車を置き、名古屋行きなのに、岐阜行きに乗り、快速の泊まる駅まで行きそこから快速で上り列車に乗るということをやってみました。

これはいいです。駐車料金が安い上に、名古屋でみんなが降りるのを車内で待って、すぐに空席に座れるのです。結構いいなぁと思いつつ、飯田線を降りて豊橋の東海道線の帰りの電車に乗ろうとしたら、なんと、電車が一時間近くありません‼️
何か鉄道のトラブルが発生したようです。

駅では、ろくに現在状況を「車が陸橋にぶつかった云々」ぐらいしか言ってくれないので、スマホで調べたら、十分間隔くらいでくる東海道線の次の列車もその次もいくつも取りやめになっているようです。一時間弱待ってようやく快速に乗れましたが、こんなに列車が間引かれてもそう待っている人もおらず、時間だけが淡々と流れていきました。

なぜだ。と思っていましたが、よく考えると、同じルートを私鉄の名鉄がずっと走っているので、名古屋へ行く人はこんな時は名鉄で帰るのだろうと合点がいきました。青春切符の私はそういうわけにもいかず、予定を大幅に遅れ、帰った時はもう旦那は風呂に入った後でした。

私は名鉄は椅子が好きでないのでJRがいいのです。でも、こんなに電車の本数がなくなるのはやめてほしいです。
関連記事

デビ夫人とは

子供の頃、母から「デビ夫人は献上品、国と国の間の交渉での物や金のやり取りの中の物の一つ」なんて話を聞いたことがあります。こんな話、どこにも書いてません。が、ネットを検索していたら出てきました。
デビ夫人云々

夫人のジャニー喜多川の被害者に対する物言いがあまりにもおかしいので、この人は、自分の心身を、お尻はもちろんどんなことでも権力と金を得る為には使ってきた人だろうと思ったのですが、筋金入りの成り上がりものだったのですね。
いやしすぎます。品性下劣極まりないです。インドネシアの人が、ゲイシャと言って蔑んだのも合点が行きます。
関連記事

忙しい七月

今月は忙しいです。ちょこっとだけ仕事を始めたことと、あちこち出かける必要があることで、西へ東へと朝早くから出かけることが多いです。

座ってパソコンや本ばかり見ているのをやめて、外に出たり、植物の世話で忙しくしていたら、関節の痛みがいつの間にか少なくなっていました。プールもなかなか行けないし、暑くて散歩も控えているにもかかわらず、骨やお尻の痛みがあまりありません。仕事も座ってばかりや立ち仕事でもない上に、重いものを持つわけでもありません。でもしゃがんだり、手を伸ばしたりはします。適度な軽い運動をいつの間にかしている感じかもしれません。

今日はサンダルを履いて歩いてみましたが、あと足がひどく痛むこともなく、いい感じです。今月末までには、あと二回、鉄道で出かけるし、車でも出かけます。バス旅行もあります。仕事もひと段落ついているので、その間にあちこち出かけたり、用事を済ませたりする予定です。

掃除もろくにしてないので、少しずつやろうかなと思っています。

関連記事

役に立たない人とみんなのために生きる人 2

犠牲の精神でみんなのために生きるとか、世のためになる人間になるなど、みんなに褒められる生き方です。また、素晴らしい才能や、知性、精神を持っている人が、スポーツ選手、芸術家、政治家、学者などになり世に貢献する。なんていうのも多くの人の最大の人生の目標というか、なりたいけどなれない憧れの世界だと思います。

私は、そんな人たちに及ばなくても、せめてコツコツと何かを続けて、「これをわしはやったぞ」というようなものを持ち、生きれたらどんなにいいことかと最近まで思っていました。
とにかく、何も続け慣れないし、これといった道も何も極めるどころか、何もかもそうばっとしてません。それなりにこの世で何かを成し遂げないと、いけないだろうと、思ってはいても、一つのところに一つの職業で勤め続けけることすらできず、あれこれダボハゼの如く食らいつくも、どれも消化できず、そのまま終わるということの虚しさ。立派に一つの道を続けている人を見ると、どうも引け目を感じて仕方なかったのです。

何かをこの人生、この世で成して終える。何かを成すためにこの世に生きる。と思って生きてきましたが、最近はっと気づきました。
<何かをする>ではない。<ある。おる。>なのでは❓と思ったのです。

するというなら、体験するとか、味わうということなのではないかと思うのです。

究極、この世で何をするとか、何かを極めるとか、ただポヨーンと生きるとか、人の為に生きるとか、それに優劣も、価値の大小もなく、ただ、そのそれぞれの経験でこの世を味わう感覚、それを抱いてこの世におるということ。それだけがこの世に出てきた大きな目的ではないか。しかし、一度生まれてくると物質世界の感覚に囚われ、この世の煌びやかであったり、惨めであったりする生にどっぶりとはまり込んで、それになりきり、欲望を燃えさかえさせるというのは、よくあることです。

本当はこれが、まずいのではないかと思っています。この世の感覚に浸かりすぎ、娑婆の損得や上下、支配関係の社会に馴染みすぎると、ここは仮の世だということを忘れ、自らが物質そのものに取り込まれるようになってしまうのでは❓と思っています。

この世であんまり役に立たない人、反対に、出世して政府の偉い役人になり、とても有能だと周りに褒められる人、そんなのの違いは、この世の中でしかないのでは、と思います。意外と、役に立たない、何事もうまくいかない人が、この世の欲望レースから外れたところにいるので、この世の基準でないもっと軽い次元の世界では近い人なのかもしれないと思うのです。

私は自分があんまり物事を極めたりはしてなく、大きな欲望を持てるような位置にいません。中途半端な人間が、そのおかげで欲望にはまりきっていない、微妙な位置にいるような気がするのです。そう思うと、今回の私の人生は、微妙な位置に立ち、この世を味わい存在するということにあったのでは❓と思います。

役に立たない、庶民ですが、この人生も我なりに考え尽くして事前に選んだのかもしれないと思っています。


関連記事

役に立たない人とみんなのために生きる人1

昔、子供の頃から青年時代まで、みんなのために生きる人とか、為に生きるとか、素晴らしいことだと思っていました。素晴らしい人で能力もあり、その力をみんなのために尽くす人、そうでなくても、他人のために我が身を捨てて生きることができる人など、素晴らしいと言います。そんな人たちを讃え、そのように生きるべきと、正しい道を指し示す物語も多くあります。

子供の頃はそんな人に憧れ、何か世に役に立つ人になりたいものだと思っていました。が、歳を取るにつれ、だんだん疑いを抱くようになったのです。最初の疑いは、原理研で「為に生きよ」と自分を捨てて、その道のために、今日そのために生きることが素晴らしいとみんなが言っているのを聞いた時です。為に生きるという言葉に酔っているかのように見えたその道に邁進している人は、自分の欲望は捨てて、その道に邁進していました。が、普通の悩みにつまずいている人や、原研の中でも生きづらい人に対して、情というものを持っていないように感じました。
「この人たちの為に生きるって、世の片隅で呻吟している弱い人のことは眼中に入っていない。なんか変だ。為って、正義でもみんなの幸福でもなく、教祖のためだけに生きよということのようだ」と密かに思ったのです。

そんなふうに思ってしまう私は自ら原研をドロップアウトし、破滅の道から免れました。が、それでも自分を捨てて、他人や、国のために生きることは良いことだと思っていました。

しかし、歳を取るにつれて、そういった美しい道は、「違う」のでは❓と思うようになり、還暦を過ぎた今でははっきりと「違う」と思うようになったのです。

続く
関連記事

ダルグナーピルスナービール

ダルグナービルスナービールを飲んでみました。軽く爽やかな味で意外といけます。
IMG_20230717_173051_copy_380x506.jpg
グラスは恵比寿ですが、中身はダルグナーです。
関連記事

夢 ー灰

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事

とうとう違うビールを買いました

ジャニーズスポンサーの企業の製品を不買推進を進めているサイトがあります。ジャニーズのタレントさんたちには罪はありませんが、彼らが出ることにより、ジャニーズ事務所が潤うということはいかがなものか❓また、凄まじいせいかがいをしてきた創業者の罪を曖昧にしている会社をこのまま不問に付していいのか❓疑問を感じます。

ということで、ビールはアサヒ、キリン、サッポロなどのジャニタレを使っているものは買わないことにしました。すると、今まで飲んでいた恵比寿も飲めません。オリオンも飲めません。

これは去年買った残っている恵比寿ビールです。ジャニタレを使っているメーカーである以上、さようならです。
IMG_0001 5


なんて不自由なんだろう。と思わずにこれは今まで見向きもしなかった地ビールや、外国のビールを試すチャンスだと思うことにしました。

外国のビール、全く恵比寿とちがいます。が、これはこれで良いです。
IMG_0000 7

関連記事

便の夢

大便の夢です。たくさん大便が出る夢でした。

こんな夢はあんまり見たことがありません。トイレに行きたいとかの夢はあります。が、大便の夢は初めてのような気がします。便器が二つあって、一つは小さくなかなか流れません。そこで別の場所に布を敷いてそこにいっぱい溜めて、それを大きい便器で流そうか、とか考えている夢でした。

あまり綺麗でもない夢なので、人に話すような話ではありません。たくさん出てよかったという感じかな。
関連記事

通訳などはなくなるだろう

ちゃっとGPTの外国語への変換の見事さを見ていると、もう現場でも、通訳なんてそんなにいらなくなるのでは❓と思います。その場でそのままダイレクトに異国の言葉がわかり、言えて、どの国の人とも意志が通じるなんて、まだまだ先と、思っていました。Google翻訳の訳もちよっと違和感があるし、ドラえもんの翻訳こんにゃくみたいにスラスラとは行きません。

でも、チャットGPTは結構スラスラと違和感のない訳文を作ってくれます。これが、しゃべったのを聞いてそのまま訳してくれて、こちらのいうこともそのまま訳してしゃべってくれたら、翻訳こんにゃくそのものになります。

まだ、こんにゃくとまでは行きませんが、このまま行くと、もっと使い勝手が良くなった翻訳ロボットが出てきて、通訳なんかはそんなに必要ではなくなるのでは❓と思います。人間よりAIの方が上にいく時代になりつつあります。こんな世で、通訳として、外国語能力とかでAIと競うのはつまらないと思い始めています。外国語ももっと上達したいのは山々ですが、現場に出ると、ベトナム語とかポルトガル語とか必要で、しゃべったり聞いた上、法律的な用語まで駆使しても、あんまり賃金は良くないのです。かなりレアな言語ができるなんて、相当給料がいいだろうと思いますが、違うのです。

習得するのには能力や努力やそれにかける時間も相当必要なのに、派遣の仕事が多い今だと、普通の荷出しとか、清掃の仕事に毛が生えた程度の時給でしかないなんて、悲しすぎます。外国語での給料は払った努力に見合うものではないと気づきました。これでバイトをするのは合わないのでやる気はないです。頑張ったから報われるものではないなぁと思っています。
関連記事

もし、この子たちが❗️

この頃急に、子供関係の仕事を少しだけやっています。子供たちは小さい子も大きい子もそれなりに可愛く、悪態をつかれたりもしますが、大人ばかりの事務仕事より楽しいです。

何十年ぶりかの子供たち相手の仕事をして、今日ふと思ったのは「この子たちの周りに、優しい大人を装ってジャニー喜多川みたいな大人が現れ、子供をおもちゃにしたら❓」と思ってしまいました。

もう、考えられません。もしか、この子たちの一人でも襲われたとして、それを受け入れるか❓社会的な強い立場の人がしたとしたら、従うか❓誰か、それを訴えても、「子供の被害妄想とか、憶測だ」とか言う人がいたら、それに頷けるか❓

山下達郎が、ジャニー喜多川について擁護していますが、この人は襲われた子供のことはどう思っているのでしょう。小さい庶民の子供についてはなんの憐れみも感じないのでしょうか。やはり、ジャニー喜多川のしたことは犯罪であり、糾弾されるべきです。死んでしまっているとかは関係ありません。子供を襲うだなんて、鬼の所業です。それを見過ごしてきた周りのものも、業が深いと思います。何も言わない罪というものも大きいと思います。
関連記事

初夏の公園

公園の植物はすっかり梅雨の装いとなっています。
IMG_0001 4

紫の花はなんだろう。梅雨の曇り空の下、夏の爽やかさを感じます。
この日も、少し雨がパラパラして、はっきりしない天気でした。洗濯物が気になって早めに帰ったら、我が家の周辺は雨もなく無事でしたが。あと、ざっと降ったり、天気になったり。なんとも定まらない空模様です。
関連記事

あさましく、悍ましさに満ちたこの世ー山下達郎とジャニー喜多川

ジャニー喜多川氏擁護の発言というより、讃美までするとは❗️ネット民で失望している人も多いです。山下達郎氏、名誉も才能も金も有り余っている人ですが、正義や法などまるで眼中になく、良心もないのだとよくわかりました。自分の所属するムラの掟、利益が最優先で、その中での義理人情が第一なのだ。ということが透けて見えました。いくら恩義があっても、子供たちのお尻のことを思ったら、あそこまでのジャニー喜多川万歳はできないと思います。

今日、日曜日のFMで誰に向かってしゃべっているかといえば、視聴者でなく、ジャニーズ事務所の関係者に向かって話しているのだと思いました。

こんなことを平気で言う神経、後生が悪いと思います。ジャニー喜多川氏を褒め称えるというのは、どこか人間としての道を踏み外し、大きな罪を作っていると思います。それと彼の音楽、作品は別ですが。まともな人はもう、彼に尊敬の念は抱くことはおろか、気持ち悪ささえ感じるでしょう。

参考 一月万冊
関連記事

ブドウの木くい虫

今日はベランダのブドウに13羽もの椋鳥が襲撃してきて、網越しにぶどうの実を食べていきました。6月末から毎日です。ベランダのブドウは、雨で、黒トウ病にやられているものが多いので、鳥にやられてもどうでもいいと思っていても、鳥の去った後に、ブドウの実や、フンがいっぱい落ちていて、床は汚れるし、掃除で手間がかかるわで、嫌になってしまいます。

おまけに今日は、ブドウの木のあちこちにキクイ虫の木屑や穴などをいっぱい見つけ、それを対処しなければならないと思うと憂鬱になりました。が、放っておくわけにはいきません。

明日、薬剤のロビンフッドを買いに行き、晴れたら、幹、枝をよく観察して、虫の食害の穴があったら一つづつ、薬剤を注入しようと思っています。ブドウの自宅栽培、薬剤散布、刈り込み、棚づくり、虫の対策、鳥よけ網の設置などなど、やることが多くて疲れます。

七月になると鳥の監視で何度もベランダなどを見に行かないといけないし、薬剤は、違う種類のものを何度も撒かなければならないし、二、三百、房を収穫するとなると、セミひゃく姓みたいで大変です。
関連記事

ジャニー喜多川、70年前からやっていた

なんと、78歳になる方がジャニー喜多川から性的な犯罪行為をされたということを告白しています。八歳の時だそうです。服部さんという偉大な音楽家のお子さんだそうです。

この方のお父さんは服部良一と言う偉大な音楽家で、NHKの今度の朝の連ドラでの主人公らしいです。演じるのは、草彅剛だとか。元ジャニーズに所属した元SMAPの草彅剛です。次男さんがジャニー喜多川に性的な犯罪行為を受けたという恐るべきことがあるのに、朝ドラ。みんなの衝撃と、爽やかな朝ドラはどう折り合いをつけていくのでしょうか。

被害者の服部吉次さんは自分の性被害を今みんなに言わねばならないと思われたのでしょう。カウアン岡本さんらの勇気ある告発に触発して、思い口を開いたのです。
知らないふりをする人たちと、辛いけど、本当のことを話し出す人たち、世の中は、くっきりと水と油のように分かれてきています。

いまだにジャニー時事務所に忖度する山下達郎。↓曲はいいですけど、人としてはもう付き合いたくない人でしょう。
子供より、自分の親しい間柄での利益を優先する山下夫妻
関連記事

桃の季節

先月末から早稲の桃が出てきました。私は白鳳の種類の桃が好きですが、そのうちの日川白鳳など甘みがあり好きです。
今年も雨が多く桃の出来はいいか、悪いか、まだそう食べてないのでわかりませんが、その辺の農園で売っている桃はそれぞれです。

同じ畑の同じ木の桃でも光のあたり具合によって全く違うというのは、桃を食べ慣れてくるとよくわかります。小さくても大きくてもいいので、美味しい甘い桃が食べたいのですが、この頃は日持ちはするけど、あまり甘くないものが多く、美味しさに感激することも減りました。7月中ずっと桃を買い続ければ、どこかで甘い品種の桃に出くわすと思います。

が、その頃には我が家のブドウが最盛期です。桃なんか買っておれません。というわけで近年はずっと極甘の桃には出会っていません。
関連記事

もう七月

去年、北海道に行った時、我が家付近ではもうすぐ川が氾濫しそうになり、旦那が切迫した感じで連絡をしてくれました。なんとか無事に治まったのですが、帰りの船では、海が荒れ、軽い船酔いになりました。

七月の第一週、二週は天気が悪くなることが多いですね。静岡では竜巻、九州では大雨。毎年どこかで雨風、台風で大変なことになっています。日本は本当に災害が多いです。火山もあるし、地震も当たり前にある。そんな日本に円安も重なって外人が大挙して押し寄せせてきています。観光客ばかりでなく、単純労働に従事する外国人もよく目にします。

こんなに外国人が増えて、どうなるのか❓元々の原住民の日本人はそのうちいなくなってしまうのでは❓と思います。あと、外国人ばかりになったら、多分、今のような住みやすい、日本は無くなるだろうと思います。日本は日本人が住んでいるから今に形を保っているのであって、外国人ばかりになったら、そう住みやすくも安全でもない、別の国へと変貌するのではないかと思います。

淘汰です。在来種はなくなり、外来種ばかりになります。でも外来種だけでは台風、火山噴火、地震に耐えるような暮らしはできないでしょう。日本の原住民である私たちも、碌でもない事なかれ主義の人も多いし、この国は沈みつつあると思えてなりません。
関連記事

水災害除け祈願祭に参加しました

木曽川ベリに水災害からみんなを守る神様を祀っている神社があります。そこで災害を除ける祭りがあり、先月行ってきました。

期待していったところ、ここのお祭りは元々の顔見知り、地域の人、地元議員など、そこの人ばかりで、よそ者の私達は完全アウェイで、「ちょっと、くるところ間違ったかも。」なんて思いましたが、祈願祭は恙無く終わりました。本殿で入れ替わり立ち替わり、ネギ様たちが祝詞を唱えたり、儀式をしていました。その時に、なんと不敬な私なのですが、「ここ、アウエイの人、いないみたいな扱いだなぁ」と文句めいたことを心の中で呟きちょっと神様と交信してみようと、神様に問いかけたら

男の声、というか、夏目友人帳のニャンコ先生がまだらの声で、「おぅ。そんなもんさ」と言うのです。
「ここは、○❌▲ホニャララ」
結構、面白いというか、普段ねぎ様を奉っている人からすると、ちょっと憚られる感じの言葉など。これは自分が思っているのか、それがまだらの声に聞こえるように思えるのか、わかりません。
しかし...ちょっと待て、ここの神様、女の人だったような❓そうです。ここの神様は女の○○ひめなのです。なのに、男の声で言いたい放題。でも、当たってそう。なんて感じです。これは私の意識の低さと妄想が生み出した私の頭の中の声かと思いました。

が、ふと、思い出しました。「そういえばここにお稲荷さんがいて、そこも信仰対象として流行っているようだ。」お狐さんが神社に祀られているのを思い出しました。その後、ちょっとだけ、女の人がスッと出てきて何かを言ってくれましたが、忘れました。

水災害除け祭、これは地元の儀式で、よその人が出るものではないのだろうと思いました。来年からは、普通に参ってお札だけもらって帰ろうと思っています。お狐さんの言っていたことは本当だろうと思います。なんにしろ、お狐さんも神様も、ここの神社には本当にいらっしゃるようで、水災害よけを祈願するにはとても頼りになるので、来年も参る予定です。

お狐さん、面白かったです。
関連記事

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
48位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

06 | 2023/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト