fc2ブログ
   
08
4
6
22
26
   

8/30の半額

昨日は、出かけても、帰りが夜になる前でした。そこで、駅のデパートの食品売り場でおかずになるものを買ってきました。もう夕方で、半額のものがありました。

こちらはエビです。皮付きのまま売っていましたが、皮をとってしまってから撮影したので、皮は横にあります。水分を布巾でよく取り、アヒージョにしましたIMG_20220830_181752_copy_460x345.jpg

鯛の刺身です。半額でしたが新鮮で美味しかったです。IMG_20220830_181739_copy_460x345.jpg

和歌山まで遠出しましたが、これらの食材で楽に夕食の支度ができました。海老はプリプリで歯ごたえがありました。
二つで約千円ぐらいが、約五百円でした。

今日も出かけました

朝早く出て、帰っったのは六時ごろです。雨にもそれほど降られずいけたのでよかったです。今回もまた、和歌山の漢方の眼科に行ったのですが、青春切符を使ったので疲れず、早く、楽にいけました。青春切符の旅として、動画を作ろうと思ったのですが、なかなか乗り換え時間などがタイトで、今回もほとんど写真は撮れませんでした。次の機会に撮ることとします。

びっくりしたのは、岐阜でも和歌山でもいっぱい小中高校生がもう登校していたことです。寒いところでなくても、夏休みが早く終わってしまうところがいっぱいあるのですね。帰りに各県の学生の秋の学期の始まりを見たら、24日なんていうところもありました。こんな早いと、宿題はどうなるのでしょうか。私はいつも28、29とかに始めていて、絶望のうちに9/1を迎えていたことを思い出します。
関連記事

洗脳についてー北村弁護士

洗脳についてのはなし

洗脳という言葉は強烈です。が、やっていること {人のゾンビ化}を考えるとそうだと思います。統一教会にしろ、何かの主義思想、共産主義など、ハマると、ピラミッドの上下関係の元、下のものは自分で考えることは全くなく、全て上の指示のいうとおり動き、生きるという人生となります。

公序良俗とか、一般的な善悪とか、そんなものは遥か超えているのです。私は、統一教会の日本信者たちが、韓国の幹部たちに今よりもっと酷なものを捧げよと言われるだろうと予測しています。もう、今までのような集金はできないからです。
それは、子供の人体、自分の臓器です。金もすべて捧げ尽くして何もない信者たちにはボロボロの体しかありません。それを売るために、彼らは中国などへ渡るのではないでしょうか。なん億という金など、それからしたらまだまだです。子供も差し出すと思います。統一教会はヨブの話が大好きで、信者にそのようになんでも教祖のために生きよというのです。

洗脳の結果とはそんなものです。
関連記事

講座に行くのはやめているが

今のご時世、物価は上がっても、なかなか給料は上がりません。時給九百円として、一日七時間働くとして6300円。今はもう定年後の年金は六十過ぎてもゼロです。六十五にならないと36年生まれ以降は一銭も年金はなしということです。なかなか厳しい世の中ということです。

こんなんで、スピの講座やワークに行くか❓と聞かれても、行かない一択しかないとしか言えません。一回のワークで五千円以上というと、ほぼ1日バイトをしないといけません。やる気がないのだろうとか、働けばいいのだとかいう声もありますが、丸一日労働、それも下っ端のきつい仕事をするというと、そんなことをしてまで何かを受けたいとかいう気にはなりません。

少々働いて出るとしたら、大学や、地元の外国語講座かな。スペイン語は地道に自分で自習するという形でいいし、他のヨーロッパ言語をやってもいいかなぁとは思っています。十回で2万円もかからないので、これだったら、少し臨時のバイトで賄えそうです。

来年はフランス語を受けてみようかなぁ。実は、フランスとスペインのバスク地方に一緒に旅行したいという人が現れたのです。フランスではフランス語で、スペインではスペイン語で会話できればいいなぁなんて思ってしまいました。

関連記事

統一教会 韓国の既婚信者たち

日本人妻たちに突きつけられた償い

恐ろしい、騙しですね。言葉がわからないからいいとは、本当に詐欺師というか、騙しのプロです。もともと、この宗教がフランスとか、イギリスなどのメジャーな国のものだったら、ここまで騙される人は少なかったと思います。

統一教会の教義のなかの朝鮮民族についてのこと、朝鮮半島史、などYouTubeなどで抜粋されている教会の原理講論の内容を吟味すると、出鱈目が多く散見されます。でも、それに結構騙されるのです。なぜかというと、朝鮮半島の歴史や民族のことなど、あまりにも小さいことで、そんなに世界史でも詳しくは習いません。つまり、私たち日本人はほとんど朝鮮人の民俗学的な知識や歴史のことは知らずに来ていたということです。

私は同級生に誘われて原理圏の人の話を聞きました。「朝鮮民族は一度も他国を侵略したことのない清い民族だ」とか、純血の民族だとか言っていたのを耳にしましたが、「そうなのか」と思いました。が、私は歴史は高校の時高得点をいつも取っていたので、なぜかその時、李氏朝鮮という言葉と、女真族の辮髪の写真が頭に浮かんだのです。何か引っ掛かりを感じたのですが、日本史、世界史ではそう深くは何も習わない朝鮮史について色々と言われても、そのまま「ふーん」と思うしかないという感じでした。世界史が非常に良くできた私でもそうなのだから、自信を持って言われると信じてしまうと思います。

ただ、所々変だなぁともいところも出てきて、それを言うと、サタンに支配されているとかなんとか、その疑問、怪しい箇所についての正誤でなく、本人の心境の低さにされるので、どうもなんともならないとも思いました。

あまりにもマイナーすぎる朝鮮史、その辺の本屋で立ち読みすると、中国から支配者が来たとか、李朝太祖李成桂は女真人だとか、そんなことは当たり前すぎることで、昔私が統一教会の講師の人に聞いた時、女真族の辮髪が瞬間的に頭に浮かんだのは、多分、世界史の資料を隅から隅まで眺めていて、それに関することが少し書いてあったからかもしれません。

しかし、原理研というのは結構高学歴の人が多く、そんな人が騙されるなんて、朝鮮半島、半島人に対して私達日本人はあまりにも無知だからということを表しています。言われたらそのままを信じるなんて、本当に馬鹿です。

ちなみに朝鮮人は、元寇で、モンゴル人に下っ端として派遣され、対馬の人を惨殺しているし、モンゴルには、侵略を何度もしているそうです。どこも侵略してない無垢の清い民族なんてどこのことかと思います。おまけに、中国その他からの異民族がたくさん流入を繰り返し、雑多な混血種族となっているのです。何が、純血の尊い民族だよ。嘘っぱちを信じて、その自称純血民族の農村の学校も行ってない男に嫁ぎ、それでも幸せと思い込み暮らしている日本人妻たち、気の毒だけど、ここまでくると、やっぱり自分でどこかで覚醒しない限り、普通の日本人には戻れないと思います。

関連記事

宅配便が消えた

ギフトの冷凍肉が指定日に来ません。おかしいなぁと思いました。業者に問合せようにも、土日で休みです。翌週の月曜日にお店に電話したら、すぐに調べるとのことです。お店はギフト店なので、そこの肉製品の業者に出荷したか問い合わせてくれました。すると、業者はちゃんと出荷したとのこと。それからあれこれやりとりをして、ようやく業者が出した荷物がそこの集荷所からずっと進んでいないということがわかりました。

ギフト店はクロネコヤマトに、「直接荷物の状況を私に伝えるように」と、言ったとのことです。それで猫の電話をずっと待っていたのですが、待てど暮らせど朝から夕方まで全然連絡が来ません。
ー一体どうしちゃったんだー
痺れを切らして直接猫の集荷所に電話をしました。すると係がいないので待ってくれと言います。結局連絡が取れたのは夜になってからで、「送り状剥がれかも」とか、なんだかんだ言い、「失くした」とは絶対言いませんでした。結局ないということには違いはなく、「新しく送ります」というので、解釈すると、私が頼んだ肉そのものは無くなったが、ヤマトが新しく同じものを業者に注文したやつを送る、ということのようでした。

たまたま、これがお盆の最中で、業者が休みに入っていて、お盆明け以降に発送になるということでした。結局、指定日より一週間も遅れて到着したのですが、多分、私の注文した肉は、猫の一匹が食ってしまったのではないかと思います。送り状が剥がれていても、荷物があれば絶対にわかるのに、どこかに消えてしまったのですから。

こんなことがヤマト便であるのかと思っていたら、子供が国際便を頼んで、日本に到着しても、それから先がちゃんとつかないと、それもヤマト運輸であったと言っていました。なんですかね。人手不足か、モラル不足か、両方かな。アマゾンも適当に置いていくし、梱包もひどいし、この頃は商品があればヨドバシで買うことにしています。ヨドバシは飛脚でくるので、梱包もいいし、送料無料だし、ちゃんと手渡しで着くでこの頃はよく使っています。

あんまり安さを追求するのもなんですが、荷物が消えるというのは、勘弁してほしいです。
関連記事

出かけました

今日は遠くまでJRで出かけました。名鉄を途中で何度か乗り換え、終点まで行くという方法もありましたが、名鉄はシートが下駄電で、端から端までの旅は疲れるのです。そこで途中からJRに変えました。jRはいいですね。人は少ないし、景色はいいし、シートは普通の椅子の形だし、おまけに早いし、他の列車を待つこともないし、いいです。

名鉄で、大きな駅から乗ると早く着けますが、こんな下駄電の混む電車、やめて正解でした。帰りも名鉄より遅くなりましたが、まあいいです。シートが広くて進行方向に向かって座れるのは、落ち着けます。今度もまたJRに乗ることにします。ちょっと遅くなりそうだという時は新幹線にしてもいいし、下駄電は利用は控えます。
関連記事

うまくいったー猫トイレの配置

旦那が「猫トイレはいつもと同じところでないと、猫がゆったりとトイレタイムを過ごせない」と言ったようなことを抜かしました。それで猫トイレを私が移動したところから、元の位置に戻してしまいました。ですが、猫は隅っこの狭いところを選んでおしっこしているのです。これを何度もしているところを見ると、猫は特定の所の隅っこがおしっこをするのにいいと思っていると思います。

それに、おしっこをしたところには拭いても猫のおしっこ臭がし、猫はそこにまたしたいと思うでしょう。それで、旦那の意見は聞かずに、猫トイレを狭い部屋の隅の何度かおしっこをした跡に再度置いてみました。
ーここに猫は引き寄せられて、スッとおしっこをするはずだーと猫カメラと共に、観察し続けたところ、なんと、猫が匂いを嗅ぎながら部屋のなかをトイレまで行きました。

ー入れ。してくれーと固唾を呑みつつ、見ていたら、全く普通にトイレに入り、おしっこをしました。

旦那の言うような、「広く猫が砂をかけれるようなとこでないと、」とか、「他の何にも接触してなくて猫がトイレの縁に足をかけてできるくらいの広さでないと、」なんて全く猫は意に介さず、狭いそこでうまくおしっこをしていました。
私は旦那に、その映像を見せてやりました。すると、「よく猫のことがわかるなぁ」と言います。私は旦那がこう言うと思っていました。旦那って、一度ひとつの経験、答えを見るとそれを周りの環境や条件が変わっても全然気にもせず、同じことをし、同じ道を突き進むのです。

猫のおしっこで分かった気がしました。猫がおしっこの粗相を同じところてしたら、そこでしたいかもと思うのはすぐ思いつくことです。でも、秀才タイプの人は、そんなことは考えないのです。驚きです。このようなタイプは一度出た答えから離れられず、愚かな間違いをずっとするのかもと思いました。えらい国の役人がずっと同じことをし続け、変えられないのがわかりました。

覚えることが得意の人は、簡単なことでも、その場で考えて答えを探すことはあまりなく、過去の正答を思い出すのです。でも、ワンパターンでことが続くときはいいけれど、それが外れたときは、対処できないかもしれないと思いました。猫のおしっこは今までの疑問も解いてくれました。
関連記事

猫カメラで監視中

猫のおしっこをされてはかないません。いつの間にかやっていて気づかず、後になって気づくというのは一番まずいです。古くなった猫尿の跡はすぐに拭き取らないと、非常に臭くなり、いつまでも取れません。猫の悪癖はなかなかどうともならないところがあります。

ならば、まずは猫にいつの間にかおしっこをされてないか、よく猫がおしっこをするあたりに物を置いてされないようにしつつ、そこを監視カメラで24時間見張ることとしました。

今のところ、猫は全くそこにはきません。たまに映る映像は、そこで着替えをする私の姿や、カーテンを閉める旦那の足だったり。なんとも情けない光景ばかりです。が、これで、この場にいない時、そちらを私が見ていない時の猫の行動を全てチェックします。

今日は普通にトイレにしていました。が、油断はできないです。しばらくは監視を続けます。
関連記事

猫の粗相

猫がまたもや、部屋の隅の床の上でおしっこをしていたのを発見しました。結構な量の尿で、旦那は何もしませんでしたが、私はたまたまその尿を踏んでしまって靴下と足裏がびしょびしょになってしまったので、旦那に濡れたタオルを持ってきてくれるよう頼みました。

その後、床の上に敷いてあったシートを拭いた後、畳も拭いて、スプレーをかけ、シートは取り去り、新しいシートを買い、敷きました。
もう、疲れてしまいました。こんな不良猫と一緒に暮らしていたら、家が猫の尿で一杯になってしまいます。猫トイレはよく砂を変えているし、数も二つあるし、もう対策も尽きています。

そこで猫がおしっこをしていたところに猫トイレを移したら良かろうと、猫トイレを移動させたところ、夕方見たら、猫トイレは元のところにあるではないですか。旦那が、「猫トイレはより真ん中のとこでないと猫がやりづらいだろう」というのですが、もう、こいつは何をぬかすんだ。「また猫がおしっこをしたら誰がその始末をするんだ❗️」と、旦那に半分怒りつつ言ってやったら、「俺がやるからいい」というのです。

絶対しないと思います。というより、旦那に「あんたが始末をしたとしても、猫おしっこを吸い込んだ畳のことはどうするんだ。完全に元に戻せるのか❓」と言ってやりました。返事は無言でした。私はもうずっと何年も前にやられた猫のおしっこを吸った床や畳の匂いとりに大変な思いをしているのです。多分、旦那は猫のおしっこの後始末の大変さを全く知らないから、あのような軽はずみでいい加減なことが言えると思うのです。

私は猫が多少窮屈でも、猫が今、おしっこをしてしょうがない部屋の隅に猫トイレを置くべきだと思っています。旦那の意見はもう聞きません。始末を全くやらない人の言うことは聞かないのです。ついでにうちの不良猫も何かしめあげてやろうと思っています。もう、許さんぞ。
関連記事

統一教会の信者のゾンビ病とは

統一教会の人に呼びかけるような口調でジャーナリストの篠原さんはものを言っていました。が、「あんたが何かをYouTubeで言ったくらいでは、誰も教会をやめない」と私は思いました。篠原さんは、統一教会についてはよく知っていると言う割には、不可解なことをします。視聴者を増やしたいのかなぁと思いますが、ちょっとカッコつけかなぁと思います。

統一教会に飲み込まれ、ゾンビ信者になった人たちはそんな少しの呼びかけで辞める訳ありません。例えていうなら、アル中や麻薬中毒の相当な重度の人と同じです。病院や世間から離れたそのための特別更生施設で何日もかけ、それを断つプログラムに従った生活をして、出た後も戻らないように相当強い決心と監視を受ける生活をしないと、普通に戻れないような、そんな重篤な宗教毒ゾンビとなっているのが、統一教会の信者なのです。

なかなか難しいと思います。北村弁護士の洗脳されかかった話
↑実際にそれを経験してないと本当のところ、感覚はわからないと思います。北村弁護士の話はリアルです。頭の半分は、本当か❓半分は洗脳だろう❗️というのは、よくわかります。
関連記事

もうバレているが。ソウルでのデモ

ソウルで統一教会員で韓国に渡った日本人たちが、デモをしているようです。こんなことをやっても、もう一般日本人などには通じないでしょう。この前の日本統一教会長❓の田中氏の会見もそうですが、こちらのデモも、これらの人たちは、ゾンビなので、トップの韓国人たちに「これこれこうせい、ああせい❗️」と言われるままに演技というか、ゾンビ行動をやっているだけだと、丸わかりです。

自分の意思で何かやるとか考えるなんて1%もないでしょう。韓国人の言うままになんでもやっているだけです。
トップ韓国人たちは、このように日本人の信者を操り、デモをさせれば、日本でのバッシングも収まると思っているかもしれませんが、日本人なら、こんなデモはしないし、ましてや日本でやらずソウルでやるなんて、訳のわからないことはしないでしょう。こんなデモは、日本にいる一般日本人が見ると、どう見てもおかしい人たちとしか映りません。これらの信者は真のゾンビに成り下がり、気が触れた人のように見えます。

搾取する魔王たちの韓国人にはわからないのでしょう。きっと田舎に嫁がせられた貧しい信者も急遽ソウルに呼び出されたのだろうと思います。私は韓国を含めアジアには行ったことはないのですが、貧しく、環境も良くないと聞く、韓国の田舎で暮らし、多分自費でソウルまで来てデモをして声を張り上げる人たち、洗脳が完璧に施されるというということはこういうことなのだと、深いため息が出ます。完全にゾンビ化すると、こんなものなのでしょうが、こうなると死んでも、治らないと思います。
関連記事

呆れられる単語集

だいぶ前に買った本です。単語集もスペイン語というと、あんまりありません。あるといえばありますが、入門編のものが多く、それ以降の特にスペインとかでよく使っている単語を掲載しているものはほとんどありません。しかも、レベル別とか、頻度別とかに分かれているものはあまりなかったような気がします。

そんな単語集の中で、いいなと思ったものがあります。一歩踏み込むスペイン語単語という本です。これは日常生活から.議論できる.政治談義ができるなどのレベルに分かれていて非常に有用だと思っているのですが、この単語帳の単語や例文、旦那が聞いていて「なんだそりゃあ」とびっくりするのです。

囚人、絞首台、とか犯罪系の言葉が多いし、打首なんて言葉を出したら、ますますそう思ったようで、例文も、ー妻が知らぬ男とベットの上にいた云々とか、結構生々しいものが多く、旦那からするとそんな単語や例文は考えられないという感じなのですが。でも、これがよく使われる言葉、例文なのです。

私からすると「これは本です」よりよっぽどいいと思うのですが。やはり旦那からするとー三又のフォークで武装した農民が、隣人との敵対関係から、隣人の家を襲ったーなんて例文、あり得ないと思うのでしょう。でも、旦那ほど優等生でない私にはこういった言葉の方がなぜか覚えやすくいいのです。
関連記事

集中❓拡散❓

何かマイブームになっている時は、そればかりしています。が、熱が冷めるとそんなことは忘れてしまいます。短期間の熱中、集中はしても、ずっと長い期間あることをし続けるのは私は苦手なのです。

勉強でもその他の趣味や習い事も一つに絞って集中して、力を注ぎ、それをずっと変わらずにやり続ける...なんて言います。私もそういうことに憧れました。が、やっぱりできません。何かの試験、例えば漢検でも短期にガッとやれる内容だから私でもできたと思います。

もう少し長く量も多くやらなくてはいけないものだと、また違うと思います。もっと一つのことに集中してしかも持続してやれないといけないと思っていましたが、この頃違うことを考えています。私はあること、例えばスペイン語の構文集を見ていても15分、長くて40分が限界でいやになってしまうのです。←自分がそれに熱中しているときは別です。

こんなでは、ろくに身につかないぞ。と思っていたのですが、この頃このあきっぽくて他のことにすぐ興味が移る気質もいいのかもと思い始めました。15分何かをしていて飽きたら、次の十五分は違うものをして、その次また違うものをするのです。飽きやすいので、スピードはあるし、やるものを変え続けているとまた前やっていたものに戻っても新鮮な感じでできるし、おまけにその内容は少しだけやっているので頭に残っています。

これはいいです。座り続けての勉強は体に悪いし、途中で染色の絵も描くし、チャリに乗って出かけもします。飽きっぽくて一つのことばかりやれない人には、複数のことを次々に変えてやるというのはおすすめです。これをやるにはとにかくスピードを上げて短い時間でも量をこなすということです。すると飽きずにしかもたくさんの種類のことができるのです。
関連記事

ごく象虫が沸いてしまった

ブーン、ブーンと虫がいやに飛ぶなぁと思っていました。蚊ではありません。小蝿でもないです。そのまま放っておいたら、ますます虫が多くなってきました。そして、ある時、猫の三つ目のトイレを見たら、その羽虫がその中から出たり、トイレの壁に止まったりしています。

ぐわっ‼️ これだわ。

猫がそのトイレだけはおしっこもうんこも全くしないので、ずっとそのままにしておいたのですが、そのままでいいと思っていたのがいけませんでした。第三のトイレの猫砂は、おからで作ってありました。大豆製品です。糞尿はしてなくても、食品で作られた砂なのです。何か虫が発生したり、カビが生えたりしていても不思議ではありません。
ぬかりました。

気づいて、猫砂はすぐに捨てました。が、まだごく象虫はたまに見かけます。二週間前に買ってきた米袋に張り付いているのも見ました。保存してある玄米の中にはいませんでしたが、周りを飛んでいるのがいました。
これはいけません。早速、玄米は、密封容器か冷蔵庫保存としました。小麦粉など粉類はすでに冷蔵庫に入っていますが、うどん、パスタなどはもう冷蔵庫に入れられません。しょうがないので、一度全てを消費尽くして、冬になってからまた備蓄をしようと思っています。

極象が湧くなんて、こんなことは滅多にないのに、やってしまいました。
関連記事

自転車と脚

今年の夏は、あんまり天気の良い日がなく、家にいることが多いです。七月はブドウの手入れと、鳥防御、監視でなかなか家を離れることもできなかったです。その後、やっとブドウも全収穫し、飲み物や、保存食品への加工も終えることができ、やっと少しはチャリで外出できるかと思っていたら、雨が多く、なかなか出れませんでした。

しかし、先週の平日、足りなくなったジャム作り用の保存瓶を、2キロほどあるホームセンターまで買いに行ってきました。乗り出すと、チャリでもスピードが出るのですぐにお店につき、帰りもあっという間でした。

実はこの頃、あまりにも動かないせいか、階段を上がっても足の筋肉が痛くなるし、股関節は痛むし...まずいなぁと思っていました。
少しは運動をしないといけないなぁ。そう思い、たまに晴れたりすると、またチャリに乗るようにつとめています。すると、結構足の感覚がよく、そう疲れないし、股関節も滑りがいいというか、あまり痛くありません。継続的にチャリに乗れば、もっと体も軽くなりそうです。だんだん秋になっていくし、せっかく買った自転車、放置していてはもったいないです。また、名古屋の町中までチャリで買い物に行こうかなぁと思っています。
関連記事

お盆です

今日、旦那が「天ぷらを作るだろう」と私に言いました。「えっ」天ぷらって...平日ならいざ知らず、旦那の買い物に出ることが多く、夕方まで車を運転してそれから天ぷらをしろ❓天ぷらって準備もいるし、後片付けも大変だし、余裕のある時でないとやりたくないのになぁ、と「なんで天ぷらかね」と聞いたら、

「親父が好きだったから」

あー そういうことか。お盆だったなぁ。うちは義父の葬式をお寺でやりましたが、「檀家にはならない方がお金がかからなくていいよ」と、おっさまに言われ、どこの檀家でもありません。なのでお盆でも適当にやっているのですが、旦那が適当でもできるだけちゃんとやりたいみたいで、お精霊様のお供えや、提灯などちゃんと飾っています。とは言っても旦那はお盆の飾りなど、全然やってないうちで育ったので、浄土宗の檀家でお盆の行事を見てきた私の適当な記憶に従ってやっています。

が、お盆って、考えてしまいます。私は自分の親、兄弟のお盆など行くことすら出来ないのに、「天ぷらを供えよ」は、なんかねぇ。こんな気持ちは自分が卑しいせいなのでしょうが、ちょっと思ってしまいました。仏壇のお盆支度も、全然私が手伝わないので、旦那も少しだけむっとした感じはしましたが、お精霊さまのご飯を作っていたら、元の機嫌に戻りました。

どうも、申し訳ないです。でも、毎年こんな気分が少しだけ湧いてくるのです。
関連記事

カルト認定

統一教会が叩かれています。とは言っても、自民党の中国に対抗し得る勢力の力を削ぎたいのが目的なので、根本的な対策はしないでしょう。信者をこれ以上獲得させない。すでにゾンビになってしまった献金、献身をやめさせる。宗教法人としてでなく、ただの極悪営利団体として扱う。もっと色々とありますが、宗教法人としての特別扱いをやめさせるだけでもだいぶ違うと思います。

ただ、こんな極悪カルトは統一教会だけではありません。日本でお馴染みの最大信者数を誇る極悪カルトはS会です。S会は政界にも進出して、政治まで公的に口を出し日本の国を操っています。ここも極悪で、知り合いの友人は命の危険を感じずっと逃げているとも聞きました。こんなのがカルトでなくてなんなんでしょう。今、統一教会をマスコミは非難していますが、同時に非難し、やっている悪行を晒し、叩かなくてはいけないのはS会です。

こんなのをそのまま放置して、何が統一教会の悪を暴く...でしょうか。S会もカルト認定して、宗教法人としての認可は不可としなくてはいけません。カルトはみんなが思う普通の宗教とは違うのです。人を廃人、ゾンビにするのです。

そして、それを糾弾する共産主義、チェチェ思想にいかれている有田芳生とか、その他の人権派という人たちもカルトのゾンビだと思います。こんなのも思想とは言えません。北朝鮮にさらわれた人を「そんな人はいない」なんて言っていて、人攫いを擁護するなんて、売国そのものだし、さらわれた人にそんな冷たい言葉を投げかけるなんて、やはり人ではないです。

今、統一協会叩きで、こちらの左巻きの人たちが正義感づらしていますが、これらも他人を食う、人喰いです。書いていると嫌になります。なんにしてもこれ以上被害者を出さないよう、自民党叩きばかりでなく、統一協会の巧妙な手口などをまだ若い中学生とかに教育するとか、統一協会への献金は多額の税金をかけるとか、やることはたくさんあると思いますが、それでも甘い汁を吸っているところはテレビ局などをはじめとして多いので、詰めは甘いだろうと思います。

ここまでくると各家庭で、個人がカルトの恐ろしさ、狡猾さをよく知り、家族でそのことを教え合うことが一番かと思いますが、なかなか難しいでしょう。
関連記事

コロナは流行っているが

コロナが流行っています。旦那の職場でも罹って休む人がいっぱいだとか。いつも行く喫茶店もコロナのため、しばらく休業としてありました。あっちもこっちもコロナ患者ばかりです。老人は危ないとか...なんてそこら中で言っていて、義母の施設にも、戸口でドア越しの訪問もNGだそうです。

が、不思議なことに老人が一番の勢力を誇っている、最大多数勢力である私の住んでいるところでは、全然誰も死んでいません。4月の終わりから今までずっと掲示板に訃報の案内がないか見ているのですが、一度も見たことがないです。老人は死ぬのが当たり前だし、今まではポツポツととぎれる事なく、思い出したように訃報の掲示があったのですが、今は全然です。

コロナって、流行るけど、あんまり強力な時期は過ぎたのでは❓と思います。強力なのは、この令和まで生き延びている八十以上の老人たちです。若い人は熱を出したりしていますが、老人は強いです。多分、コロナの方が負けているのだろうと思います。
関連記事

統一教会の南米進出

統一教会が南米に進出したのは1990年代半ばのようです。ネットの記事によると4000人もの女性信者を南米に来させて、各地で布教、ポランティアとして使ったようです。南米に四千人もの女性信者。それも赤ん坊とかを持っている既婚者です。赤ん坊も含めて家族は日本において、単身赴任だそうです。

よくやるなぁ。と、ため息が出ます。南米のジャングル地帯や、湿地帯などを開拓したり、布教したり。ものすごい熱意だと思いますが、ろくな事前訓練も語学の手ほどきもなく、どれほどのことができるのか。ましてや、統一教会で、壺や珍味うりなどをし続けてきて、農業のイロハ、土木技術の心得もなく、何がやれるのか。全て、神のためという心意気はあるんだろうけど、ずっと食べるものさえろくに食わずに、睡眠時間も削り、物売り、布教活動、自民党の選挙応援などに従事してきた人たちに、劣悪な環境で生きる体があるのだろうかと思いました。

統一教会の土地はレダというところだそうで、調べてみたら、ブラジルとボリビアの国境に近い、川ぞいの湿地及びジャングルのようなところです。あぁ。そういうわけか、とこの場所を地図で見てわかりました。コカインです。この国境を利用してコカイーナを取引、密売買するのに非常に都合がいい立地です。

普通の日系人の入植地とは全く違う、あまりにも苛烈極まる入植地です。ここでの一番の目的はコカイーナではないかと思います。しかし、ひどすぎますね。ここにきた信者たちは熱烈な信仰心で自然と環境、本部からの金の無心に頑張ったと思いますが、こんなところでどうやって、暮らしたんだろうと思います。スペイン語だって、何にも習わないにしても、街で暮らせばある程度できるようにはなったと思いますが、あんな森林のなかで、マラリアにかかったりして、どうかなってしまった人もいるのではないかと思います。

それに、広大な土地をいきなり買い占めて、神のおしえを広めようだなんて、それだけで現地の人は不信感を抱くでしょう。また、生粋のカトリックなので、日本人みたいに騙されないし、金で土地を買って有力者を買収できても、あとは続くだろうかと疑問に思います。

しかし、丸腰で南米のジャングルに行かせる統一教会、そのために使命と思い頑張る信者、世を救うのではなく、自分たちが救い難いとは気付かないのが、狂人の集団だと思います。

関連記事

リス村

岐阜の金華山に行きました。仕事で近くまで来たことはありますが、金華山に登るのは初めてです。ロープーウェイで登り、まずはリス村でりすと遊びました。
IMG_20220803_094700_copy_460x345.jpg


リスは非常に素早く走り回っており、朝早く行ったせいか、お腹も空いていた模様で、餌やりをするとすぐに寄ってきてケンカしながらピーナツの粉を食べていました。リスが可愛すぎて結構な時間を過ごしました。
IMG_20220803_094723_copy_460x345.jpg

関連記事

夢みていたことーフェリーで北海道へ行く

夢見ていたこと、やってみたいけどできないと思っていたことの一つはフェリーで北海道へ行くということです。これは自分が決心さえすればできることに思えます。が、フェリーで北海道なんて、時間がかかりすぎます。一人で最大四十時間も船の中にいるのは退屈すぎて無理だと思い、いっしよに行く人がいればいいなぁと思っていました。

でも、そんな物好きは何十年も私の前に現れませんでした。

しかし、今年、友人にその話をしたら「いいよ」と言います。「えっ...」
北海道と名古屋間のフェリー、乗っている時間が長いので、仕事がある人は難しいし、ない人でも船というだけでひきます。でも、世の中は広く、乗ってもいいという人が近くにいたのです。それからがトントン拍子で、実は北海道でバンガローとかに泊まって、自炊したいというのもあったのですが、そんなことに賛同してくれる人などはなかったので諦めていました。が、その船に乗ってもいいという友にその話をしたところ、「いいよ」でした。バーベキューや火おこしなど得意で、久しぶりにやれるということで結構乗り気でもありました。

なんか、こんなに色々と思っていたことが叶うとは、友人に感謝です。今度は飛行機で北海道に行き、前のよりグレードアップしたコテージに泊まって星空観察をしたいと思っています。もちろん、鹿肉とラムのバーベキューもします。
関連記事

ブドウで気づいたこと

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請
関連記事

夢見たことは叶っている

これは前にも書きました。ブドウを自分の家で育てて、それを収穫することが本当に実現しています。難しいとも思っていて、夢に終わるかと思っていたのですが、ブドウはいい感じで育ち、形も味も売れるぐらいに実ってくれました。これは本当にすごいことです。

人って、やりたいことやなどがあっても、最初から無理とか、諦めたりすることがよくあると思います。が、そんなことは考えない方がいいのではと思います。その時点では無謀とか、実現不可能に思えることでも、意外とやれるものです。失敗してやれなかったとしても、いいじゃあないですか。やらずに諦めるよりいいと思います。

私はブドウの苗木を五本買いました。一本は植える前に枯れ、他の三本は病気にかかりなかなか成長せず、捨てることとなりました。そして残った一本が、病気にかかりつつも、大きく枝を伸ばしてくれ、今年は二百房は実をつけてくれたのです。残った一本の品種はそんなに有名でなく、強いとも聞かなかったものですが、うまく育ってくれました。五本も買って、一本だけというと失敗と言ってもいいでしょう。でも、ーブドウを自宅の庭でならせて、食べるーという当初の夢は果たしました。夢は叶ったということです。

年月もかかったし、失敗も多くしました。でも、この世って結構単純で自分の思いが形になるところではないかと思います。やりたいこと、夢見ることがあったら、諦めず、それに向けて努力すると、他の人が無理だということでも叶うのでは❓と思います。

私ももう老人予備軍です。あんまり諦めずまだ残っている夢を実現させたいと思っています。
関連記事

青春18きっぷを使ってみました

青春18きっぷ、レンタルで一回だけ使えるということは知ってはいても、電車が混んでいるのでは❓とか、レンタルってちゃんとすぐ返せるか不安だ❗️とかで利用してませんでした。しかし、近鉄の株主券を使って、普通電車などで名古屋から鶴橋まで行った時、暖房がなく寒すぎました。ネットで調べると夏は暑いとか❗️いくらなんでももうこんなのは嫌だと思い、今回は和歌山まで青春切符で行くこととしました。

青春切符だと、名古屋までわざわざ名鉄で行かなくていいし、鶴橋から和歌山まで別に乗車券を買うこともありません。レンタルでは2650円で一日分の乗車ができます。名古屋から和歌山まで往復し、かつ京都などで途中下車し用事を済ますこともできます。

近鉄だと、名鉄で名古屋駅まで行き、乗り換えですが、JRだと最寄り駅まで行って、そこから直接JRに乗れます。ですので、自宅を出る時間が30分は遅くてよくなりました。その上、近鉄は、下駄電にのる時間が全体の約2/3で多いのですが、JRは全て普通の座席かつ、座り心地も良いです。そして冷房も適温でした。

今までは帰りは高速バスなどを使いましたが、それだと時間がかかる上に、名古屋駅から名鉄に乗り換え、帰らねばなりません。それで帰るのが八時くらいになっていたところ、今回は途中で京都にて一時間ほど用事を済ませ、また電車に乗ったのですが、家に帰ったのは六時半でした。さすが東海道線、新快速です。早いです。

五条で用事があったので、地下鉄に乗りました。
IMG_20220802_153702_copy_460x345.jpg


青春切符、我が家から和歌山まではとても使いやすく、安いということがわかりました。

途中の駅を撮ってみました。
IMG_20220802_125615_copy_460x345.jpg

この頃は節約ということで、和歌山まで行くのは年に二回程度に控えていましたが、これからは青春切符のある時は行こうと思っています。ただ、これをみて皆さんも青春切符で行ってみようかなと思われると思いますが、東海道線を土日祝日に青春切符で行くのは、非常に混むということと、席の争奪戦になり、座れないことが多いということを予想していかれた方が良いと思います。私は平日に行ったのでよかったのです。土日は、大垣、米原などで席をゲットしないと長時間立っていることになります。

JRは下駄電ではなく、座り心地の良いシートです。
IMG_20220802_165754_copy_460x345.jpg

関連記事

出かけていました

今日は遠方へ出掛けていました。京都、大阪、和歌山に降りましたが、和歌山、涼しすぎて地元の人が「暑い」と言っているのが笑えました。風が正午でも涼しくて、気持ちがよかったです。少し歩いてもそれほど汗も出ず、楽だったのですが、大阪でむわんと暑さで蒸され、京都で、これまたゆるいサウナみたいで、愛知西部に帰ってきたら、一番ひどく、蒸し器の中のようでした。

京都では暑さの中、コートを着た着物姿の人がいて、すごいなぁと思いました。明日も暑いそうです。雨のあとは暑さ責めです。これだけ暑いと、猫なんか触ってられません。もう8月になってしまって、お盆もじきに来てしまいます。
関連記事

実家の夢

また、実家の夢を見たような気がします。というのは、起きてすぐに庭作業をしたため、全てを忘れてしまい、何も覚えていないのです。何か見たような気がするのですが、もう思い出せません。

実家ももう10年以上行ってません。実家はないようなものだし、学校は無くなったし、結構さっぱりとしていて何もないというのはいいものだと思います。
関連記事

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
79位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
29位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

07 | 2022/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト