fc2ブログ
   
12
25
28
   

今日起きた、「不思議のアリス」の不思議なこと

今日は、雪が積もっていると思いきや、朝は晴れており、道にも雪はありませんでした。実は、昨日から旦那が古墳のある守山区に行きたいと言っており、そこに行くことにしました。

でも、本当はそこまで行くのに道が行きにくいし、めんどくさかったので私は最初「明日にしよう」と言いました。しかし気が変わり、行くことにしました。しだみの古墳まで、途中、庄内川を渡ります。春日井から名古屋市の間にある川で川幅もあります。その庄内川をわたっている間、ふと、不思議の国のアリスのうさぎの絵のことを思い出したのです。
私はアリスは何冊も持っています。アリスのシリーズはイギリス人のルイス.キャロルが書いたものですが、そのスペイン語版を持っていて、それと日本語訳を対照するため二人の訳者のものを持っています。絵も違う挿絵画家で、一つは気に入っているのですが、もう一つはあまりよくないなぁと思っています。

車を運転中、私はアリスのうさぎ、もう少し違う絵のうさぎってあるかなぁ❓なんて思いました。うさぎの絵、お茶会のカップの絵なんて、着物の図案にもいいかもなんて思ったり、それから分福茶釜のことを思い出したり。旦那にアリスのうさぎの話を言おうと思ったのですが、やめとこうと思ったのは、川を渡り終える前だったので、こんな思いつきはほんの数秒だったと思います。

しだみの古墳群を見た後、旦那がその近くの本屋にぜひ行きたいと言ったので、そこに寄りました。そこで吸い込まれるように、私たちは古本、20%引きという札に引き寄せられました。そこには色々な本があり、なんとヘミシンクの坂本さんの本なども二百円で売っていました。
「うわぁ、坂本さんのピラミッドの本まで二百円とは、」とびっくりしていたところ、旦那がある本を持ってきてくれました。「不思議のアリス」です。

えっ...
私はびっくりしました。アリスのうさぎのことはここに来る途中に頭に浮かんでいたのです。びっくりしつつも中をみると、なんと今まで探していても見つけられなかった、私の知らない絵のついたアリスで、しかもその絵はなかなか味がある絵だったのです。そして、訳もなかなか良い文でした。

これって...
「新刊でもあまりない見たことのないアリスじゃん」不思議の国のアリスの日本語訳はこれで三冊目になりますが、買うことにしました。

しかし、ここに来る途中で、アリスの今まで見たことのない絵のことをふと考えたのはなんだったのでしょうか❓また、ここにいやに旦那が来たがったのもこの「アリス」が呼んだからなのでしょうか。不思議です。本集めばかりしていてもしょうがないので、日本語訳三冊と、スペイン語版をまたよく読み込むこととします。
関連記事

プロフィール

握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。猫、鳥、虫等、とやり合いながら暮らしています。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
194位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
48位
アクセスランキングを見る>>

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

月別アーカイブ

カテゴリ別記事一覧

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

RSS登録er

最新トラックバック

イラスト