FC2ブログ
   
07
   

ー勝つーよりも欲望優先がいい。

大分昔のことです。ある危険カルトに誘われました。誘った人はとても真面目な同級生です。私はこの団体の悪い噂は知っていたのですが、行きました。

馬鹿です。知っていたのにあんなところにのこのこと行った人は私ぐらいのものでしょう。でも、私はその頃ー本当ーを探していて、世の中に本当に素晴らしいものがあるなら、見つけねばならない。人が色々という怪しいところはあろうとも、自分の目でそれを見て体験してみないとわからないのではないのか❓本当、真実を知るためには人生も自分も命もそう惜しくない。そんなことを思い、知りつつも誘いに乗ったのです。本当にアホの極みというか、底抜けのノータリンというか、自分の馬鹿さ加減はやはり底無しだつたと思います。

私はその教義が神の愛とか真実を語っているという講義を受けました。そしてもっと知りたいと思い誘われるままにそのサークルに加わりました。その教義は休みなく何時間もぶっ通しで、うまく人を一つの思想に追い込んでいくものでした。私はそれを聞き、しばらくやってみることとしたのです。その経験についてはこの記事だけでは書ききれないのでパスですが、私を誘ったTさんは非常にその団体の責任者に評判がよくそこに入るまでは頑固なところもあり、他人のいうことを簡単に聞く人ではなかったのですが、そこでは完璧に上の人のことを聞く従順で素直な信者となっていました。

その人はどこでも素晴らしいとか、その人を見習えとか絶賛されていました。
よく、祈っていたのを目にしました。「勝つ。勝利する」何て言葉をよく口にして涙をこぼし祈っていました。その人は真面目でしたが、非常に勝気な人でした。私がギターを爪弾くともっと早く複雑に指を動かし自分はもっと上手いんだということを見せたこともあります。負けたくない人なのだとその時思いました。私はギターが弾ける人なら一緒に合わせたいと思っただけなのですが。弾き比べ大会なんて思ってもなかったのです。

そのサークルでは勝つとか、一番とか、上とかが重要なようで、教義では「愛」とか「平和」とか「平等」とかいうのに、誰々は◎◎で勝利したとか、競争を煽るのです。

そこで勝利の道に邁進するため、みんな基本的な欲望、睡眠をとるとか、普通にご飯を食べるとか、自分の勉強をするとか、そんなことも全て道のために捧げることが美徳とされていました。Tさんはもちろんその道で優等生でした。

が、私は思うのです。何かにストイックに身を投じると言うのはいいことのような気もしますが、一歩道を誤れば地獄が待っています。あのような洗脳状態のところでは意外と欲望が人を救ってくれるような気がします。
もっと寝たい、寿司を一切れ食べたい。いいじゃないか‼️そんなことを言うだけでそこの劣等生になりますが、最低なやつでいいのだと腹を括れば、いいのです。愛とか、神とかそんな高邁な言葉に酔う時には、わざとでも肉体的な欲望に沈むといいような気がします。肉体は正直です。肉体の欲望も正直です。それを無理にねじ曲げて我慢させる教えなんて、どこか変です。

我慢する姿が崇高だ、素晴らしい。自分たちは他の下級な人がやってない修行をしているんだ。なんかそんな考えが私はとっても嫌で、最低で最悪なことをわざとではないが、いや、やはりわざわざあえてでもしたいと思ってしまう自分がいました。しかし馬鹿ですね。何でわざわざこういうことをしたのか❓入るにも出るにも馬鹿だったということです。経緯はここだけでは語れない哲学的な問題とその答えと現実がどうしても折り合わないこともありその団体とは別れを告げたのですが、貴重な自分の時間とその他を浪費し散々苦労するという結果となりました。

こんな歳をとった今でも、私は今でもあのTさんのことをたまに思い出します。
あの人が、もっと勝ちたいとか、抜きんでたいとかでなかったらどうなっただろう。他人の人生ながらその後のTさんを想像もしたくないのですぐに違うことを考えてしまいます。勝ち負けって意外と「勝つ」方が怖いかもしれません。
関連記事

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
50位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧