FC2ブログ
   
06
   

銀河鉄道、コロナからどこへ続くのか[大黒さま]

コロナ禍が始まり、しばらくしてから、黒い服の男が銀河鉄道に乗っていたというまさとさんの記事を見ました。黒服の男とはスピの人にはお馴染みの次元を跨ぎやってくる謎の男たちです。結構この男達はスピ本の中では多く書かれておりますが、銀河鉄道の中でというのはまさとさんのピンポンパン以外には見たことはありません。

この男達は何者か❓という前にこの男と宇宙から来たコロナをばら撒いたあるものたちが関係あるということ、またその後に、李真実さんの黒い神様がコロナを撒き散らしに来たという話を聞いてから私はあるものを思い出しました。
というのは、私のガイドです。私はすびのクラスに通っていたことがあり、その時にガイドからのメッセージを他の人や先生に伝えてもらったことが何度もあります。また自分でもその手のメッセージを受けたことがあります。これは結構な数になります。そのガイドが、小さい人でよく大黒さんとか言われていたのです。私が瞑想で見たのは大人の膝ぐらいの丈の小さい人でいつも帽子をかぶっているのです。黒い帽子です。この人は少しふざけていて、途中で変身したりするので人間ではないこともあったのですが、みんなにはあの小さい大黒様みたいな人だとすぐに見破られていました。

大黒、黒いぞ。私のガイドは白い服だけど、でも大黒ってなんだ❗️とっても気になるぞ。

そこで私はネットで黒い神様を検索したのです。すると、摩多利神が出てきたのです。

続く
関連記事

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
111位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
34位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧