FC2ブログ
   
01
21
   

猫が足にぶつかり去っていった感触ー不思議体験

先週、地下鉄であるところに向かっていました。その時、心理学的なことについて検索をしていました。人の心理と行動です。怒りについてです。喜怒哀楽のー怒ーはどうして湧き起こるのだろう❓そんなことを考えながらいろんなサイトを見ていると、怒りというのは、防衛本能から来ているのだという文が目に飛び込んできました。

怒りは攻撃とすぐに結びつけてしまっていた私からするとこれは「やや」と思わせるものでした。

ー人は何か危機にある時、生き延びるため、怒りの感情を出す。それで戦ったり、有害なるものから身を遠ざけたり。不快で危険なものから身を守るのだ。ー
怒る人というとマイナスなイメージが浮かび、=悪い人なんて思いがちですが、そればかりではないのかもしれません。怒ることで身を守っているのです。
怒るということが自身を守ることとしたら、反対に怒らせる人、ものごとについてよく考えてみた方がいいのでは❓よくあるスピリチュアルの教えではー心はまぁるく。怒らずーなんて怒りを慎めよと言っていますが、そればかりではないのでは❓なんて思ってしまったのです。

ー怒る時、怒ってはいけないと反省ばかりするより、もしかしてその怒りの原因は相手方にあり、それはこちらに非常に有害で、避けるか打ちのめすしかない危険な奴なのでは❓だから、人や物によりこちらが反省するよりも、有害な人、物からは距離を置き近づかないことがまずは第一なのでは❗️ー
私は地下鉄の椅子に座りながらそう思いました。その時です。足元に猫のようなものがどんとぶつかり去っていく確かな感触があったのです。

えっ‼️慌ててその辺の床や足元を覗いてみたのですが、何もいませんし、誰も車内を物珍しくみている人もいません。近くを人が通ったわけでもないのです。
ー今、猫みたいなものが体当たりし、去っていったのだがー

なんだったのでしょう。これは人やものに甘い私に対する目に見えない存在の警告だったように思います。怒りが湧くような物事、人物を引き寄せるのがいけないのですが、それでも近づけてしまった場合、身を守る自動装置が怒りなのです。あぁ、わし、怒っていると思っている時、これは防衛本能ではないかと疑問を持ってみるのもいいことかと思います。
私はあの、猫みたいなものの感触がない限り、何かあっても怒る自分をなだめるだけで、ぼかすかとやられ続け、怒りを発し、それを反省しという不毛のサイクルに陥っていただろうと思います。

不思議なあのドーンはあまりにもはっきりとした感触だったので、絶対に夢とかボケていたとかではありません。
目には見えなくても、何かがぶつかり駆け抜けていったのです。
関連記事

プロフィール

工芸美術をやっています。2017年からスペイン語の試験を受けています。が、ドンキホーテはいまだに完読できていません。握力は小学生よりない力なし。ひっそりとこのシャバの片隅でモーニングを食べている凡人です。

るんるうん

Author:るんるうん
またの名はクマネルです。ふしぎなことが好きです。着物も好きです。

たまに、魚を捌きます。猫におしっこをかけられたこともありますし、珍しい体験もあります。

たまに-クッテネル-が記事を書きます。そちらもよろしく。

いつのまにか歳をとりました。

☆★☆管理画面★☆★


☆★☆

十二か月の着物

手持ちの着物を月ごとに替えて表示してみました。2015年1月
縮縮きものあわせIMG_1116  蕪柄の小紋と、金の傘の柄の帯 冬の野菜-かぶら-は、ほっこりとした暖かさを感じます。帯の地色は新春の華やぎを...

カテゴリ

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
心と身体
183位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
スピリチュアル
56位
アクセスランキングを見る>>

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

リンク

RSS登録er

月別アーカイブ

ブログ翻訳

powered by 3ET
powered by 電脳PC生活

メールフォーム

メールはこちらまで

名前:
メール:
件名:
本文:

検索BOX・タグ一覧

サイト内検索

全記事一覧,全タグ一覧へ

クマネルおすすめコーナー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示

QRコード

以下のHPもありますが、休止中です。

星読の譜

QR

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

最新トラックバック

カテゴリ別タカラキッチンを使ってみて記事一覧